くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

花火

2017-07-29 15:55:19 | 塾生へ
 市の花火大会の日で、今日は塾も早じまいです。いつもより早くはじめて、いつもよりずっと早く終わります。講義のない小学生は、早い時間に学校の宿題をしにやってきました。Kさんが取り組んだのは「歴史新聞」、教科書や資料集のほかに、教室においてある中学生用の参考書や読み物も開いて、内容を充実させていました。SくんやYさんは、読書感想文を書くための読書。捗っているようです。
 歩道を、浴衣姿の人が通り始めています。そろそろ生徒もそわそわし始めます。
 することをしっかりして、遊ぶ時間をきちんと作る。すべきことはしなくてはならないけれど、遊んだり、ぼおっとしたり、頭の中や心の中をゆっくり休ませる時間はとてもだいじです。大忙しの子どもたちのなかに、ちょっとひと休みしたほうがいいなという顔つきに出会うこともあります。押すばかりではだめで、ときには引いてみる。張りつめることを要求しても、緩むことに罪悪感を持たせない。息は、吸うばかりはできなくて、はかなくてはいけない。「ひと休み」をはっきりさせることで、上手に自分を保つことを意識させる練習です。
 夕立がなければいいなと、ちょっと心配する夕方です。

 くにみ塾 電話0774-71-3774
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はしる | トップ | なつやすみ »