くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

太陽の力

2016-10-17 21:03:05 | 塾生へ
中間テスト目前の中学生は、今日もせっせとお勉強です。塾ですから勉強するのが当たり前ですが、濃度というか密度というか、そんなのがいつも以上です。授業がある生徒も、授業がなくて自習室に来る生徒も、「おおむね」がんばっています。ここが微妙な表現で、物足りないところもあるのが中学生…。
中学生ががんばるようすを見て、小学生は「中間テストって難しいの?」「大変なん?」と心配そうに言います。中学生に兄弟がいる小学生が、「お姉ちゃん大変そうやで。」「こんな勉強してたよ」とちょっと得意げです。ちょっと年上は、ちょっとあこがれの存在のようです。
そんなことはまだ意に介さない小学3年生は、ミニ実験と観察をしました。水と油とアルコールを使って、混ざるか混ざらないか、比重はどうかなど。きれいに見えるほうが嬉しいので、食紅を使って色づけもしました。Yくんは、用意するもの、実験の段取り、結果をプリントに書き込んで、さらに実験から解ったことを自分のことばでサラサラと書き始めました。よく理解しているなあとわたしは嬉しくなりましたが、Yくんの関心は、食紅はどこで売っているのか?これまでの実験でもよく登場するこのきれいな色のもとに興味津々です。このへんがおもしろい。

先週一週間、日が照りながらも気温が低く、乾燥させたいものにはぴったりなお天気でした。実家で収穫してきたナツメを、自宅で乾燥ネットに入れていましたが、しわしわになってきましたので、いったん蒸しました。もう一度乾燥ネットに入れて、カラカラになるまで干します。はじめての試み。出来上がったものをどう使えばいいのかはこれから調べますが、とりあえず、クウちゃんもお手伝いしてくれるようです。

くにみ塾 電話0774-71-3774
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学生の日曜日 | トップ | つくる »