歩きながら考える

最近ちょっとお疲れ気味

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リオデジャネイロ最大のファベーラ(スラム)を見てきました

2010-10-30 13:35:26 | Weblog
 しばらく更新できませんでしたが、ブラジル出張中での出来事について続きを書こうと思います。

 リオデジャネイロはサンパウロと並ぶブラジル有数の経済都市であり、風光明媚な海岸など優れた景観に恵まれた世界的な観光地でもあります。また、ブラジル社会のあまりにも大きな貧富の格差の現実を、強烈なコントラストを以って突きつけられる町でもあります。


 美しい海岸沿いには一流ホテルと富裕層たちが住む高級マンションが立ち並んでいます。右の高級マンションには元大統領などブラジルのセレブたちが住んでいるのだそうです。
 リオデジャネイロは海岸線の近くにまで山が迫っているのですが、ボサノヴァの旋律が似合う光景が広がる海岸線からほんのちょっとだけ山側に入ると雰囲気は一変します。海岸線を見下ろす山の斜面にはファベーラと呼ばれる巨大なスラムがあちこちに形成されているのです。

 ファベーラはブラジル全土の都市部の周辺に形成されています。住民は主に経済的に貧しいブラジル北東部から仕事を求めて流入してきた貧困層で、大半は善良な人達なのですが、麻薬や銃器の密売を営むギャング組織の根城になっていることが多く、犯罪の発生率も高いことから一般のブラジル人も立ち入るのを嫌がる地域です。
 とはいえ、ファベーラは都市に対して多くの労働力を供給しているだけでなく、最近では消費者としての存在感も増しています。特にリオデジャネイロのファベーラは規模が大きく、ファベーラの人口はリオデジャネイロ市民の3分の1近くを占めると言われます。また、有名なリオのカーニバルの踊り手の多くはファベーラの住民たちです。つまりファベーラはリオデジャネイロの経済にとって重要な位置づけにあるのです。

 現地を訪れた際、嫌がるタクシー運転手に頼み込んでリオデジャネイロ最大のファベーラであるホシーニャ(Rocinha)地区を訪れました。ただし「絶対に車から外に出るな」という条件だったので、地区内を車で通り過ぎただけです。それでもブラジル社会の現実というものを知る上で貴重な体験だったと思います。


 ホシーニャ地区の入り口です。バイクタクシーが客待ちをしています。市内ではあまりバイクは見ないのですが、この地区内ではひっきりなしにたくさんのバイクが走り回っていました。


 いきなりものすごい急坂を上っていきます。市バスと行き交いました。行き先のガーベア(Gavea)はリオデジャネイロの高級住宅地です。おそらく女中などとして働きに出る住民が多いのでしょう。


 道路沿いは汚れが目立ち、経済的に貧しい地区であることは一目瞭然なのですが、それでもレンガ積みで作られた立派な建物が立ち並んでおり、ステレオタイプな「スラム」のイメージとはやや異なります。住民たちが山の斜面に勝手にベニヤ板などで粗末な小屋を建てて住みついていたのが、レンガ積みの建物を建てるようになり現在の姿に進化していったのです。また、水道や電気もかつては勝手に水道管や電線から盗水、盗電していたのですが、現在では当局も盗水、盗電を黙認せずに料金を徴収するようになっているそうです。


 普通に店が開いていて商売を営んでおり、危険な雰囲気はそれほど感じませんでした。ちなみに銀行の支店も地区内に置かれているそうです。また、黒人系の住民が多いのではと思っていたのですが、白人系の顔立ちの人達も多く見かけました。やたらと目立ったのが選挙ポスターです。政治家たちにとってファベーラは大票田になっているようです。


 坂を上りきって峠を下りていくとそこは高級住宅地になっていました。振り返ると私たちが通り過ぎたホシーニャ地区の家々が見えます。目が眩むような貧富の格差を実にわかりやい構図で見ることができる都市というのは世界でもリオデジャネイロ以外にはあまりないと思います。
 なお、私たちが通り過ぎたのは人口15万人ともいわれるホシーニャ地区のメインストリートであり、たまたま地区でも比較的治安が良いところを眺めたに過ぎません。メインストリートから脇道に入っていくには危険な事態に遭遇することを覚悟しなければならないと警告を受けました。ブラジル社会について理解を深める上でファベーラを知ることは重要ですが、立ち入るには慎重な姿勢が必要であり、軽率な行動は慎むべきです。
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マカスカッシュ | TOP | ブラジルの露天市場「フェイラ」 »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (和田 好司)
2010-10-31 19:36:53
大内さん
御自宅でもPCが使える環境に戻ったようですね。またブラジル出張時の話題をBLOGで報告して貰えるようで楽しみにしています。
リオのファベーラを訪問出来たのはリオに出かけた最大?の収穫でしたね。
コメントありがとうございます (kunihiko_ouchi)
2010-11-01 07:00:45
和田さん、ブラジルでは大変お世話になりました。
仕事の合間を見て現地のことを文章にしてブログに書きたいと思います。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。