クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

中岡慎太郎記念館に行ってきました。

2017-07-30 18:01:06 | Weblog

坂本龍馬さんといっしょに

奔走した男。

30歳の若さで彼といっしょに亡くなりました。

朝9時、妻を誘って太平洋を見ながらのドライブ、

まさにパシフィックコーストドライブです。

「けっこう波あるな!」「台風のせいケ?」

で、家から3時間ぐらいかかりましたかな、

高知県北川村の記念館に到着、

かなり山深いところではあります。

が、ここまでちゃんとした「自動車道」が

伸びてたのにはビックリ!

館内をグルリと一巡、薄暗かったので

展示物がよく分からなんだので

ありますが、

お日さま降り注ぐ、彼の生家跡でもパチリ!

始めこのドライブを嫌がってた妻も、

帰りにはご機嫌、

ほん100kmほどしか

離れてないお隣県の片田舎で、あの維新の

中心となった人物が居ったことに

感動したのでしょう。

彼、脱藩時には

うちの近くの山道を駆け抜けた

かも知れんです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まあアナゴはアナゴやな! | トップ | 蒸し暑いほど「ゴーヤ」は元気! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北川村 (和三郎)
2017-07-31 14:37:20
3月に来ると、お雛様を飾っています
そして、ここに来ると、いごっそらーめんを食べなければ
徳島ラーメンなんかよりも、ずっと美味しいです
さらに足を延ばして
安芸の岩崎弥太郎の生家もセットですね
途中の安田町の南酒造で酒を買うのもいい
同じ安田町の土佐鶴の100倍は美味いです

北川村の高規格道路は、野根山を越えて野根まで延びてくるはずなのですが
野根側は、まったく、工事をしている気配がありません
Unknown (クニ舛田)
2017-07-31 17:47:06
和三郎さん
何せ急ごしらえの日程でしたので
そこまでは考えませんでした。
ありがとうございます。
話は変わりますが、国道55に出ると
フェラーリが私の車の後ろに・・・
室戸までいっしょでした。
高知は (てっちゃん)
2017-07-31 17:47:27
偉人が多いですね。
そして20代や30代のお若い方々が日本を動かしていたのですから凄いですね。

慎太郎さんの実姉の夫の川島総次さんの末裔に、タレントの劇団ひとりさんがいるみたいですね。
Unknown (クニ舛田)
2017-07-31 18:01:07
てっちゃん
「若い方々が日本を動かす」
そのとおり!
凄い時代だったのですね。
車も汽車も電話もテレビも無い
時代だったんですよね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事