カンフー・パンダのトレーニング日記

ウェイトトレーニングのログ。新しく発売されたサプリメントを使っての人体実験、中国武術などの格闘技関係の話。

(今月の人体実験)TRIGGER/HALEO USA

2016-03-05 13:26:49 | 人体実験
 久しぶりの人体実験ですが、人体実験が久しぶりだと言うことは、それだけ新製品が出なかったと言うことかもしれません。もちろん、新製品の発売を知らなかっただけなのかもしれませんが…。




さて、TRIGGERの成分は、ただ一種類、PEAK ATP(商標登録名)なんですが、物質名で言うとアデノシン-5'-三リン酸二ナトリウムとなります。これはIUPAC名で、一般的にはアデノシン三酸リン酸と呼ばれています。
 
 体を動かすエネルギ源となるのは、糖分だとか遊離脂肪酸だとか言われていますが、結局のところはATP(アデノシン三リン酸)が燐を離してADP(アデノシン二リン酸)となる際にエネルギがでます。クレアチンリン酸は、燐を離したADPに、直ちに燐を供給してATPに戻す働きがあり、再びエネルギを発することができるようになるので、パワー系のアスリートは、クレアチンリン酸などのサプリメントを好んで摂取します。で、尿中にクレアチンが検出されるので、腎臓障害を疑われたりしますが、健康診断などではしっかりと説明しましょう。
 
 今回、TRIGGERのコンセプトは、ATPを直接的に摂取したらどうなるかと言うことだと思います。実際には、すでに数々のエビデンスが得られているようで、プラシーボに対して、挙上重量が増大し、セットのレップ数が増大するだけではなく、血流増加により疲労回復が早まるとのことです。
 
 現在、パワー系トレーニングを行う前のサプリメント、いわゆる、プレ・ワークアウト・サプリメントは、クレアチン、グルタミン、ベタイン、HMB(ロイシンの前駆体)、チロシン、カフェインですので、この中からクレアチンを外してTRIGGER(ATP)を入れてみようと思っています。
 
 結果発表は一ヶ月後の予定です。
ジャンル:
サプリメント
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のウェイト(脚編)、病み... | トップ | 今日のトレーニングはお休みです »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です。 (ゴマフ)
2016-03-05 20:37:37
1ヶ月後楽しみにしております。余談ですが、ピークパフォーマンスニュートリション?と言う会社の製品も気になる所です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。