カンフー・パンダのトレーニング日記

ウェイトトレーニングのログ。新しく発売されたサプリメントを使っての人体実験、中国武術などの格闘技関係の話。

(今月の人体実験)ロイシン

2014-10-09 20:21:03 | 人体実験
(余談)
 ロイシンなんですが、化学や医学の用語はドイツ語から来ている場合が多いので、英語での発音はルーシンになります。このあたりは、鬱陶しいところで、英語で発音されたキシレンを、キシレンとして聞き取れる学生はいないのではないかと思ったりします。ジメチルケトンでも、聞き取れないと思います。



 
(解説)
 アミノ酸の中で、分岐鎖を持っているものが三つあって、バリン、ロイシン、イソロイシンです。必須アミノ酸で、筋肉中の蛋白質に含まれる必須アミノ酸の35%を占めるとされています。肝臓での代謝を必要とせず、吸収されると直接エネルギ源として使用できたりします。BCAA(Branched Chain Amino Acid)と呼ばれています。
 
 この中で、ロイシンには、蛋白質合成を活性化する働きがあるとされていて、ロイシンの血中濃度が上がることによって筋合成のスイッチが入ると言われています。
 
 以前も、ロイシン単体とか、ロイシンとアルギニン&シトルリンのスタックを使ったことがあって、その時はあまり効果を体感できなかったんですが、プロテイン&ロイシンのスタックだったらどうだろうかと思い立ったので、久々に人体実験をしてみることにしました。
 
 結果発表は一ヶ月後くらいに…。(^_^)/。
ジャンル:
サプリメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のウェイト(背中&上腕二... | トップ | 昨日のウェイト(胸&上腕二頭筋) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。