アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

フィリピン ミンダナオ 囚人158人が脱走 

2017年01月04日 20時06分56秒 | フィリピン アジア関係
フィリピン南部ミンダナオ島で4日、武装集団が刑務所を襲撃し看守1人が死亡、受刑者158人が脱走した。国内の刑務所を管轄する当局者が明らかにした。
現場はミンダナオ島のキダパワン市にある刑務所。4日午前1時15分ごろ、100人を超える武装グループによる襲撃を受け、2時間に及ぶ銃撃戦で刑務所の看守1人が死亡、看守1人が負傷したという。
銃撃戦の間、受刑者158人が脱走した。当局者がCNNに語ったところによれば、これまでこのうちの14人を逮捕、6人を殺害。このほか自首してきた受刑者が2人いた。直近の記録では、同刑務所には1511人の受刑者が収容されていた。
州の刑務所管理責任者はCNN系列局の取材に対し、モロ・イスラム解放戦線(MILF)の分派が襲撃に関わった可能性があるとの見方を示唆。脱走者の大半はイスラム教徒でMILFとつながりのある人間だとした上で、それ以外に襲撃に便乗して逃げ出した受刑者もいると述べた。MILFはミンダナオ島におけるイスラム教徒の自治の確立を目指している。
フィリピン当局によると、地元警察は12月30日の時点で元日の夜に刑務所の襲撃が計画されているとの情報をつかんでいたという。現在、フィリピン警察の特殊部隊や軍が刑務所周辺の捜索活動に従事している。

@今度はフィリピンですが、やっぱり正月は手薄になるんでしょうね。但し、MILFは、イスラム自治区(バンサモロ)の和平合意と独立をアキノ前政権と確約しており、その地区における地下資源の莫大な利権を手中に収める寸前であり、こんな余分な事をする意味が理解できません。(内部で利権がらみの分裂が起きているとは聞いていますが、それにしてもです)
バンサモロの蚊帳の外に置かれたMNLF(モロ民族解放戦線)や、アブ・サヤフなら十分理解できます。


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾との交流協会「日本台湾... | トップ | 米 西太平洋に空母打撃群派... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フィリピン アジア関係」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL