アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

蓮舫暴走に野田もお手上げ。民進党崩壊へのカウントダウン

2017年03月13日 08時06分17秒 | 売国奴と売国メディア


民進党の蓮舫代表(49)の暴走で、民進党の“メルトダウン”が進んでいる。きっかけは原発政策だった。
「安倍政権も日露交渉の失敗や国有地払い下げ問題などで決して順風満帆ではないのに、民進党の支持率は低迷したまま。そこで蓮舫代表は、鹿児島県や新潟県の知事選で自民党推薦候補を破る原動力となった脱原発に目をつけたのです」(民進党幹部)
蓮舫は2月上旬、これまでの「2030年代」原発ゼロ方針を前倒しし、13年後の「2030年」に達成する考えをブチ上げた。しかも、3月12日の党大会での表明を前提としていたため、党内が大騒ぎとなった。
「根回しがなかったため、連合や原発推進派議員が激しく反発した」(民進党中堅議員)
本来なら党内調整を担う幹事長の野田佳彦元首相はもともと原発再稼働に理解のある立場で、蓮舫氏の性急な方針転換に批判的だった。
2月21日夜。東京・銀座の秋田料理店で行われた野田グループの会合では、蓮舫と野田が「対決」した。
「日本酒を飲みながら、野田が『党大会での2030年ゼロ表明は無理だ』と懸命に蓮舫を説得した。だが、蓮舫は聞き置いただけで、店の名物である、なまはげと一緒に笑顔で記念撮影していた」(野田グループの関係者)
原発政策を扱う党エネルギー環境調査会の玄葉光一郎会長も、蓮舫のムチャぶりに手を焼いた1人だ。
2月17日、蓮舫と共に電力総連を訪問するも、話し合いは平行線に終わった。だが、蓮舫が退出した後も、玄葉氏はその場に残って協議を続けた。
「電力総連幹部の前で『昨日も説得したがダメだった』『代表は記者会見ですぐに言ってしまう』などと愚痴をこぼしていた。玄葉もお手上げの様子だった」(連合関係者)
結局、孤立無援の蓮舫は2月末に「30年ゼロ」表明の断念に追い込まれた。しかし、負けを認めたくない蓮舫は、次は「原発ゼロ基本法案の国会提出」を打ち出した。
懲りない蓮舫への批判は高まるばかりで、3月3日のエネルギー環境調査会の会合では怒号が飛んだ。
「もはや誰も蓮舫の言うことを聞かない。7月の都議選では蓮舫氏との関係が悪い連合は小池新党に乗る構えで、民進党は、1桁に落ち込むことが確実視される」(党幹部)
民進党崩壊のカウントダウンが始まっている。

@売国奴のアホ女が続きますが、こいつの一番の問題は二重国籍を未だに明らかにしない事。ここでも取り上げましたが、フィリピンのヤサイ外相は、二重国籍問題がばれて1日で辞任しました。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18歳から「準中型」新設=ト... | トップ | 新潟関山演習場 日米共同訓... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴と売国メディア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL