アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

蒲郡市議会 地元の小学生らに傍聴規則にのっとり傍聴を拒否 したらメディアが来た!

2017年06月14日 11時26分58秒 | 社会
愛知県の蒲郡市議会で12日、本会議を傍聴しようとした地元の小学生10人が、議長の判断で、傍聴を拒否されていたことがわかりました。
蒲郡市などによりますと12日、傍聴を断られたのは、地元の小学校に通う1年生から6年生までの児童10人です。
児童らは、振り替え休日を使い保護者とともに蒲郡市議会の本会議を傍聴しようとしましたが、大場康議(やすのり)議長に、「進行の妨げになりうる」として拒否されたということです。
蒲郡市議会の傍聴規則には、「児童及び乳幼児は、傍聴席に入ることが出来ない」と規定されている一方で、「議長の許可を得た場合は、傍聴が可能」とも明記されています。
「今回の判断は正しいと思っています。(子どもたちの)興味の芽を摘むことは、いっさい考えていない」(蒲郡市議会 大場康議 議長)
大場議長はこう話した上で、規則の見直しも検討したいとしています。

@騒いでいるのは共産党支持者だろうけど、議会の傍聴規則は直した方がいいかも。右の小学生で埋め尽くせばいい。


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童ポルノ法違反で名古屋守... | トップ | 北朝鮮ミサイル受け「PAC3」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL