アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

NASA、向こう5日の小惑星アポカリプス警告へ

2016年12月07日 12時10分22秒 | シナ問題
NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。
同サイトが指摘するところ、5日は非常に短い期間に思われるかもしれないが、以前は地球に落下する数時間前にしか小惑星を発見できなかった。このように、新たなシステムにより落下による結果を前もって評価し、小惑星が落下する地域にいる人々を救う策を講じることができる。
NASAはチェリャビンスク隕石のような小惑星を研究するため、地球近傍小惑星探査機「ニア・スカウト」を2018年に打ち上げる。そのような物体が地球に接近すると、探査機の1つが物体に近づき、物体表面の詳細な写真を取る。 先に伝えられたところ、最新データによると、地球を脅かす小惑星の数がすでに1万5000個となり、このような小惑星の捜索などが続いている。

@映画のような世界ですけど、現実の場合、回避できないなら知らなければ知らない世界でいいような気もします。


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シベリアに隕石落下 【動画】  | トップ | 88歳男性、高速道武雄-嬉野... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シナ問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL