アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討

2017年11月20日 09時20分11秒 | 社会

トマホーク。
参考:巡航ミサイルの飛行の初期段階は、目標地点と発進地点の緯度経度情報が与えられ、慣性誘導と電波高度計による誘導だけで自律飛行が可能である。
対地攻撃任務でも敵陣深く侵入する場合には、敵レーダーの探知圏内に入ってから低空を飛行してレーダーで捕捉されないようにする必要があり、地上の障害物を避けながら高速度で低空飛行するためには、自然の起伏や送電線、鉄塔などの詳細な地表地図情報を搭載の航法コンピュータ内の地形等高線照合(TERCOM: Terrain Contour Matching)システムのような航法システムに入力しておく必要がある。海岸線沿いの敵基地を攻撃するのが、一番簡単。

政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入った。
防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなる。敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しだ。
巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行する。米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けている。

@やっとですか・・・・とても素晴らしい事です。我が国は、独自でGPS衛星を4基持ちますから、ジョンウンや習近平の頭の上に数ミリの誤差で命中させられます。
ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴ノ岩も殴っていた!夏巡業... | トップ | 日馬富士問題 モンゴルでは... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レイセオン (田舎者)
2017-11-21 00:18:27
先の大戦で、旧帝国軍はこのレイセオンの
レーダーによって、コテンパンにやっつけられました。
 戦後では4D32という真空管に席巻され、日本にとってはあまり良い印象がない
メーカーですが、3度目の正直でこれを上回る性能の
ミサイルを作ってもらいたいものです。

越後のOMさん、おはようございます! (ja2kow)
2017-11-24 09:57:50
はい、まったくおっしゃられる通りです。

アホには、抑止力という言葉が理解できないようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事