アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

水道水を足していた愛知・稲武の温泉施設 「どんぐりの湯」

2017年06月09日 14時09分28秒 | 社会
愛知県豊田市の道の駅にある温泉施設「どんぐりの湯」で、事前の届け出や利用者への表示をせずに、温泉に水道水を足していたことが分かりました。
豊田市武節町の道の駅にある「稲武温泉どんぐりの湯」は、市の委託会社が運営し、年間16万人以上が利用する温泉施設です。
施設を監督する豊田市によりますと、源泉のくみ上げ水量が不足したことから、委託会社の判断で水道水が足され、これを知った市が調べたところ去年8月から今年5月までの107日間、最大で2割以上、およそ20トンの水道水を加えていたということです。
温泉法では加水の際には事前の届け出が必要ですが、していませんでした。
法の主旨を明確に理解していなかった。責任は免れない。誠に申し訳ありません。」(豊田市稲武支所・林行宏支所長)
施設では、8日から「加水」を伝える表示をしていて、豊田市では今後、施設への定期的な立ち入り調査を行う方針です。

@昔、西浦や三谷温泉でも温泉が出なくなり水を沸かしてたしていたよね。


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 退位特例法成立! 「平成」... | トップ | 米子空港 自衛隊C2輸送機... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL