アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

欧州、CO2の大気汚染で年間50万人以上が早死に EU報告書 原発で死んだ奴はゼロ!!!

2017年10月13日 05時41分56秒 | 社会

CO2に汚染されたパリ。原発大国だったフランスでも原発の稼働率は70%から50%にまで引き下げている。

欧州では、大気環境が「緩やかに」改善しているにもかかわらず、大気汚染が原因で早死にする死者の数が地域全体で毎年50万人以上に上っていることが、欧州連合(EU)の環境専門機関が11日に発表した報告書で明らかになった。
デンマーク・コペンハーゲン(Copenhagen)に本部を置く欧州環境庁(EEA)が発表したデータでは、主に新しい技術の成果によるものと考えられる明るい兆しが一部示されたものの、欧州では依然として、大気汚染が早死にの主要な環境的要因となっている。
EEAが最新の報告書で明らかにしたところによると、化石燃料の燃焼によって発生する大気汚染が欧州の41か国で引き起こした早死にの全死者数は、2013年は55万人、2014年は52万400人だったという。このうち、全死者の5人中4人(42万8000人)は、人体の肺や血管にまで入り込める直径2.5ミクロン未満の微粒子物質(PM2.5)と直接的に関連していた。
各監視測定局で収集されたデータによると、EUの都市部でPM2.5にさらされている人口の割合は、2013年は85%だったが、2015年には82%に減少していた。早死にと関連する大気汚染の発生源としては、PM2.5の他に自動車の排気ガスに起因する大気中の二酸化窒素と地表付近のオゾンが挙げられている。
EUの28加盟国に限ると、2014年に早死にした死者48万7600人の4人中3人以上に当たる39万9000人に微粒子が関与していた。
EUのカルメヌ・ベッラ(Karmenu Vella)環境・海洋・漁業担当委員は「欧州委員会(European Commission)はこの問題への対処に尽力するとともに、自国の国民がさらされる大気の質を最高水準にするための加盟諸国の取り組みを全力を挙げて支援する」と話している。

@だから何度も言っているだろ。地球が壊れるから火力発電を止めて原発にしろって。ドイツなんてどうしようもないミーイズムに汚染された、クソ国家だ。難民を受け入れる前に原発を全基稼働しろ。
ていうか、地球的規模で化石燃料を燃焼する火力を止めて(特にシナ)、ばんばん原発に切り替えて行くべきだ。方向性が真逆なんだよ! 無知なアホに付き合わされて、こっちの寿命が影響を受けるなんてまっぴら御免のすけだ。
原発に反対して、よく放射線治療やレントゲン・カテーテルで手術ができるものだ。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発所長「しっかり取り組む... | トップ | 米がユネスコ脱退を表明 「... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL