アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

鉄パイプ直撃の77歳男性死亡 “解体工事中”に落下

2016年10月14日 18時11分32秒 | 社会
東京・六本木で、マンションの工事現場から落下した鉄パイプが通行人の77歳の男性に直撃しました。男性は搬送先の病院で死亡しました。
現場の近くにいた人:「女の人の悲鳴、気が動転している悲鳴、ヒヤーという」  14日午前10時前、港区六本木のマンションの工事現場で、「足場の解体工事中に材料が落ちて頭に刺さった」と通行人から119番通報がありました。救急隊などが駆け付けたところ、工事現場の下を妻と一緒に歩いていた東京・新宿区に住む飯村一彦さんの頭に鉄パイプが刺さり、倒れていました。飯村さんは病院に搬送されましたが、約2時間後に死亡が確認されました。妻にけがはありませんでした。警視庁によりますと、鉄パイプは長さ約180センチ、直径3センチとみられ、10階部分から落下したということです。警視庁は業務上過失致死の疑いも視野に落下原因について詳しく調べています。

@どれだけ、運の悪い人なんでしょう。頭突き抜けたって、即死だったでしょうが、信じられませんね。冥福を祈ります。


ジャンル:
我が家
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国軍の新型小銃に「100発撃... | トップ | 元慰安婦に現金支給へ=29... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
合掌 (田舎者)
2016-10-14 21:19:17
仰るように相当確立の低い事故ですね、
工事監督元請け業者は相当叩かれるでしょう。


 先日の大学関係者との会議の雑談で、
今や大学の建屋も日本企業が請け負っているのに
工事業者の顔ぶれを見ると、何処の国籍なのか
解らないように人が働いているとのこと。
 日本人のように誠実なら良い物の、安全SOPを
守らなかったりする奴もいるため注意
しなければイケナイと言うことを聞いた
矢先の事故でした。


ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL