アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

名古屋栄 ぼったくり防止条例でフィリピン女初摘発

2017年07月01日 09時15分40秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他
愛知県のいわゆる「ぼったくり防止条例」が1日から施行され、客引きによる客を受け入れたとして名古屋市中区のフィリピンパブ従業員の女が現行犯逮捕されました。条例施行後、初の摘発となりました。
愛知県のいわゆる「ぼったくり防止条例」違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、中区栄のフィリピンパブ従業員、スーテント・リリベス・セリス容疑者(57)です。スーテント容疑者は、1日午前0時過ぎ、客引きで連れてこられた警戒中の警察官3人を客として店で受け入れた疑いがもたれています。スーテント容疑者は容疑を認めているということです。1日から施行された「ぼったくり防止条例」は、飲食店に対し不当な高額代金の請求や客引き行為を禁止しています。違法な客引きで連れてこられた客を店側が受け入れることも禁止していて、今回が条例施行後初めての摘発となりました。

@細く長くつきあわなきゃー 


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米カリフォルニア ジョンウ... | トップ | 熱田神宮刀剣展 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL