アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

NHK子会社 内部留保、13社948億円…15年度末

2017年03月30日 06時42分58秒 | 売国奴と売国メディア
NHKの子会社13社が内部に留保している利益剰余金が2015年度末で948億円に上ることが会計検査院の調べで分かった。検査院は07年に利益剰余金の配当をNHKに求めたが、内部留保は増え続けていた。関連会社や公益法人などを加えた関連26団体のNHKとの契約額の9割以上を随意契約が占めていたことも判明。検査院は29日、NHKに対し配当や契約方法の適正化を求めた。
05年度末に約759億円だった子会社の利益剰余金はいったん微減したが、10年度末以降は増加傾向にある。15年度決算で最も多いのはNHKアイテックの約154億円で、NHKエンタープライズ(約153億円)▽NHK出版(約143億円)--が続く。
各子会社はNHKの指導に基づき決算時に翌年度の配当額を決める。検査院が問題を指摘した07年以降、子会社の配当は08年度の73億円が最多。以降は半額以下の21億~34億円で推移し、16年度は72億円が配当された。NHKは経営が比較的安定している子会社に特例配当も求めることができるが、12年度に対象子会社の選定や金額の算定方法のルールがなくなり、同年度以降の3年間は特例配当を要請しなかった。NHKは17年度も特例分を含む配当額を72億円と計算しているが、検査院は算定方法を工夫すれば269億円へ増やすことが可能とした。
子会社側は全体の売り上げの6割超をNHK本体との取引に依存している。一方で、本体と関連団体との契約額に随意契約が占める割合は15年度で92・7%に上り、07年度比で減っていなかった。

@で、左傾化していいとこなし。廃局でいい。東横に19億受信料を支払えとかやっていたけど、それは不公平なので当然支払え。
大体NHKのアナウンサーが自分の政治色を出して(特に小野文惠のアホ。お前の、クソのような反原発の意見なんて誰も聞いてないんだよ=退職して選挙に出りゃみな民進党からでるじゃないか)公共の電波を無知をひけらかして私物化するな。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林死刑囚の再審認めず 和歌... | トップ | 行方不明のインドネシア人、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL