アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

救急車に薬剤なく…その後、患者は死亡

2017年05月20日 14時39分28秒 | 社会
秋田県湯沢市で急病人を救急搬送する際、積んであるはずの薬剤が救急車内になく、処置できなかったことがわかった。患者は病院で死亡が確認されている。
湯沢雄勝広域消防本部によると19日午前0時過ぎ、消防に通報があり、湯沢市の40代の男性を救急車で搬送した。男性は心肺機能がほぼ停止した状態で、救急搬送中、車内の救急救命士は受け入れ先の病院の医師から薬剤のアドレナリンの投与を指示された。しかし、本来、積んであるはずのアドレナリンが車内になく、投与できなかったもの。
患者の男性はその後、病院で死亡が確認された。医師は「投与できなかったことと死亡との関連はないと考える」と家族に説明したという。この救急車にはほかにも2種類の薬剤が積まれておらず、消防本部では「今後、管理体制を徹底し、再発防止に努めていく」と述べている。

@呼ぶ方は、絶対的信頼を持って119番している訳で、どんな田舎であろうと都会であろうと常備すべきものは常備して管理しておくべきです。この場合、因果関係は分かりませんが、いずれにしても救急隊の役目を果たしていませんね。
点検と言うか使ったら当然即補充して、次に備えている筈。いい訳の効かないのが救急車。怠慢だな。
とってもいい人たちが多い事もよく知っています。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方領土 航空機利用の初の... | トップ | 英マクドナルドCM打ち切り、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL