アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

フィリピン、南シナ海で巡視再開 領有権巡り中国と対立

2016年11月08日 10時32分47秒 | フィリピン アジア関係
フィリピン沿岸警備隊は7日、南シナ海のスカボロー礁で5日から海洋パトロールを再開したことを明らかにした。現地放送局GMAネットワークが報じた。同礁では2012年、領有権を主張するフィリピンの巡視船と中国の監視船がにらみ合う事態が起き、その後は実効支配した中国側によるフィリピン船への妨害が続いていた。
ドゥテルテ大統領は10月の訪中時に中国側とこの問題を協議し、同月下旬にはフィリピン漁船への妨害が止まったことが明らかになっている。
GMAネットワークによると、5日のパトロールでは日本が供与した巡視船(40メートル級)1隻を含む2隻が出動し、スカボロー礁があるフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内を航行したという。沿岸警備隊は、中国側の監視船がいたかどうかについては明らかにしなかった。

@散々世話になってきた米国には悪態をつきまくっていますが、チャンコロには100%媚びているので、対立していません。





ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国、重度の大気汚染 高齢... | トップ | 太陽光発電の元経営者の男 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フィリピン アジア関係」カテゴリの最新記事