アマチュア無線局  JA2KOWの苦(好)戦的奮戦記

    CW大好き人間です! 言いたいこと言わせていただきます。

アルゼンチンの通常動力潜水艦San Juanが行方不明 救難信号の形跡も

2017年11月20日 20時45分33秒 | 海外の話題
乗組員44人が乗る潜水艦が行方不明になっています。
行方不明になっているのは、アルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン」です。サンフアンは南部にある海軍基地を出発し、北部の港に戻る途中で、15日を最後に連絡が取れなくなっています。サンフアンにはアルゼンチンで初となる潜水艦の女性士官を含む44人が乗り込んでいました。アルゼンチンの国防省は18日、7回にわたって救難信号が送られた形跡があると発表しましたが、サンフアンの位置は特定できていません。アメリカ海軍なども協力し、捜索が続いています。

@女を載せるとダメなんだよねって、今時は、言わないのか。 悪天候だそうですが、潜っていれば大丈夫の様な気がしますが・・・・
無事発見される事を、皆さんも祈りましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オウム真理教の処分6度目の更新請求 新団体も対象

2017年11月20日 14時27分05秒 | 社会
団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分について、公安調査庁は6度目の期間の更新を請求しました。
公安調査庁・中川清明長官:「引き続き、同教団の活動状況を継続して明らかにする必要があることから、期間更新の請求を行ったものです」
公安調査庁は今回の期間更新の請求で、オウムの後継団体「アレフ」や上祐史浩氏が代表を務める「ひかりの輪」のほか、アレフから分派した新しい団体も観察処分の対象に加えました。ひかりの輪については東京地裁が9月、観察処分の取り消しを認める判決を言い渡していて、国側が控訴しています。

@観察処分延長は当然だが、今でも新しい信者が増え続けていると聞くから恐ろしい。若いお兄ちゃんが、9人の尊い命を何のためらいもなく平然と奪いさる時代ならばこそ、こうした宗教?が氾濫する社会の土壌にもうなずける。
玉木、獣医師会から献金を受けながら、よく加計問題で安倍さんを追及できるものだ。厚かましいにも程がある。(国会ライブ)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日馬富士問題 モンゴルでは貴乃花親方の対応を問題視する報道

2017年11月20日 12時54分14秒 | 日本で犯罪を繰り返すシナ・朝鮮人 その他
大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が10月の秋巡業中に鳥取県内で幕内貴ノ岩(27=貴乃花)に暴行を加えた問題で、当事者2人の出身国モンゴルでは、今回の騒動を連日大きく伝えている。
大手ニュースサイト「メデー」は暴行問題が大騒動に発展したのは、貴ノ岩と貴乃花親方(45=元横綱)の責任が大きいと指摘し、日馬富士が貴乃花部屋へ謝罪に訪れたにもかかわらず、貴乃花親方が応じなかったことなどを問題視した。また、貴乃花親方が相撲協会の次期理事長選で勝つために、暴行問題を利用している可能性があるとの見方を示した。

@貴乃花のファンには悪いけど、モンゴルの新聞が一番まともな事を書いている。日本のアホ共が朝から晩までくだらない事を話題にして飯を食っているけど、そっちの方がよほど問題だ。
昔は、一億総白痴化とか総岡っ引きとか言ったけど、やっぱり馬鹿に付ける薬はないんだね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討

2017年11月20日 09時20分11秒 | 社会

トマホーク。
参考:巡航ミサイルの飛行の初期段階は、目標地点と発進地点の緯度経度情報が与えられ、慣性誘導と電波高度計による誘導だけで自律飛行が可能である。
対地攻撃任務でも敵陣深く侵入する場合には、敵レーダーの探知圏内に入ってから低空を飛行してレーダーで捕捉されないようにする必要があり、地上の障害物を避けながら高速度で低空飛行するためには、自然の起伏や送電線、鉄塔などの詳細な地表地図情報を搭載の航法コンピュータ内の地形等高線照合(TERCOM: Terrain Contour Matching)システムのような航法システムに入力しておく必要がある。海岸線沿いの敵基地を攻撃するのが、一番簡単。

政府は、地上の目標を攻撃できる巡航ミサイルを開発する方向で検討に入った。
防衛省が2018年度から研究を始める予定の対艦ミサイルに対地攻撃能力の付加を計画しているもので、日本が対地巡航ミサイルを本格的に開発するのは初めてとなる。敵に占領された離島の奪還が主目的だが、敵基地攻撃も性能上は可能で、北朝鮮への抑止力向上にもつながる見通しだ。
巡航ミサイルは搭載したレーダーなどによって攻撃目標に向かう精密誘導兵器で、弾道ミサイルが放物線を描いて上空から飛来するのに対し、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行する。米国の「トマホーク」と共通点が多いことから、防衛省内では開発するミサイルを「日本版トマホーク」と位置付けている。

@やっとですか・・・・とても素晴らしい事です。我が国は、独自でGPS衛星を4基持ちますから、ジョンウンや習近平の頭の上に数ミリの誤差で命中させられます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加