縁側でお茶をご一緒に

食べ歩き、旅行、小さい畑、買い物など、普段の生活を綴ってます。
ありきたりな日常の日記です。

逃した昭和西川「ムアツまくら」はデカかった?

2017年04月20日 13時12分50秒 | 家具・寝具系

それは月曜日のコト。
大好きなホームセンターの中をフラフラ。
あれがいいなぁとか単純にお値段をチェックするとか、時間が経つのが早いお店で。
最近、夫が気になった「ムアツ布団」があるのかなぁ~と見てみると…ある。

「ムアツプラスボリュームマットレス」という名の、突起がポコポコ出てるタイプのマット。
お値段…39,800円がなんと!?「19,900円+税」

安い!!きっと安い、最後の1枚っぽいけど安い。
夫が買うかどうかは分からないけれど、とりあえずチェック。
そしてフト傍の棚を見ると…枕が売ってる。

「ムアツまくらベーシック」4980円→「2980円+税」!!
デカデカとマツコデラックスの写真が掲載されてる箱が2つある。
昭和西川ってなってるけど、京都西川、東京西川と何が違うんだ?とちょっと考える。
でも3000円なら買ってもいいかなぁと思いながらも…一応夫の判断を確認することにしました。
昭和西川 ムアツまくら 35×50cm muatsu[ベーシックタイプ]

家に帰って、説明をすると…「枕は欲しい。マットレスはいらない。」という結論に。
まぁ、枕は2個あったし、そんなにすぐなくならないよね~と次に買い物へ出かける日まで買いに行きませんでした。

そして、その買い物の日の今日、3日後の木曜日。
いそいそと楽しみに買いに行ったら…棚には空白地帯が…。
キョロキョロ回りを捜すも、枕がない。
マットレスは前と同じ場所に同じ値段であるのに、枕がない。

売れちゃったんだ…。

トボトボ、何も買わずに帰路へ着きました。
私が使うんじゃないけれど、欲しかったなぁ。
残念、残念。


--------------------------- --------------------------- --------------------------- 
西川という会社、大きく2つに分かれるそうで。
寝具メーカーの東京・大阪・京都・昭和と寝具販売店の日本橋・心斎橋です。
(後者は私は聞いたことがない名前です。)
寝具メーカーでも、東京・大阪・京都は連携関係があり、昭和とは分かれるようです。

西川の発祥は近江商人の名門で、それが江戸へ出て発展していった歴史があるそう。
老舗という肩書が付くのも納得です。

東京・大阪・京都3社でも得意分野が違って、羽毛ふとんは東京西川、オーダーマットレスなどは大阪西川、その二社が力を入れるウレタンマットを真っ向から否定しているのが京都西川、だそうで。
なかなか複雑な、ライバルでもある関係なんですね。


西川 ムアツ 2フォーム 2FORM フラット 90ニュートン ムアツ布団 ムアツふとん のべ板



ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身近に柴犬がやってきた。 | トップ | セリア レジャーシート ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。