縁側でお茶をご一緒に

食べ歩き、旅行、小さい畑、買い物など、普段の生活を綴ってます。
ありきたりな日常の日記です。

ダイソー レースのれん ウェーブ 85cm×100cm 

2017年01月30日 16時09分11秒 | 100均

ウチの東の窓には、レースカーテンがありません。
薄手のカーテンを1枚、厚手の遮光カーテンを1枚かけてる状態です。
(合計2枚かけてるので、それでカーテンレールはいっぱいです。)

去年までは、カーテンレールにS字フックをかけてシェードをしていたので、外から見えることはありませんでした。
しかし…年末の大掃除にプチプチを新調した時、シェードを外してしまいました。
前記事2016年11月23日
窓の開閉時、ちょっと邪魔だったせいもあります。

プチプチがある為に、外からは中はハッキリとは見えません。
まるですりガラス状態です。
だからいいんですが…でも、ちょっと気になる。
レースカーテン買った方がいいのかなぁと考えてました。

ふと気づく、その窓枠に突っ張り棒がありました。
コレにレースののれんでもかけたら、見た目、レースカーテンになるのではないか?と。

ウチの窓には、いろいろと暗くするコトをやってます。
夫の仕事の都合上昼間に寝ている時もあるので、できるだけ遮光したいと努力した結果の状態です。
黒色のプラスティックボードをカーテンレールにS字フック等で吊り下げ、上からの光をシャットアウトして。
下は、突っ張り棒を補助に同じプラスティックボードを立ててます。
(突っ張り棒はプラスティックボードが倒れるのを防止してるだけです。)
(光を取り入れる時は、下のプラスティックボードは外してます。窓の約3分の2から採光できてます。)
(上のプラスティックボードは、簡単には外せないので常設状態です。)
この状態ですごく光を遮断出来てます。
(ここまで暗く出来る状態にするまでの試行錯誤して、いろいろと試しもしてきました。)

その突っ張り棒、窓下から約60Cmぐらいにしてました。
この突っ張り棒をもう少し上にして、上からぶら下げているプラスティックボードに少し重なる状態にすると…下から約75cmの位置になります。
そうすると、このレースのれんを通して…ちょうどレースカーテン状態が出来上がりました。

ただ100cmの長さだと、見た目が悪いです。
25cmぐらいの所で折り曲げ、糸で縫い止めました。
まぁ、だいたい、なんとなくOK。

後はそのうちに外からの見た目を確認しておかないとなぁ。
今日はもう寒いし風も強いし。
100均でどうにかなって、良かった。

そもそもレースカーテンを付けなかったのは、購入時に在庫がなかったからです。
他の部屋はすべてレースと遮光カーテンを揃えてたんですが。
ニトリで買ったんですが…この場所の分のレースカーテンだけが足りませんでした。
いつの間にか、実家から薄手のカーテンを持ってきてしまって(余ってました。)。
それを取り付けたら、さほど不便なく生活出来てしまってました。

日本製 洋風のれん 洗える のれん 縦 横 自由にカットできる 間仕切り レース カーテン Cアイボリー

Baibu(バイブ) カフェカーテン 遮光 北欧 刺繍入り 花柄 カーテン 目隠し 小窓用 カフェカーテン レース コーヒー 30*110cm



『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アピタ 防水ブーツ 23.... | トップ | (映16)ザ・コンサルタント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

100均」カテゴリの最新記事