暇だから なんかかく

お絵かきしたりゲームしたり時々妙なことをつぶやくかもしれません。

見た目変更システムだと……!?

2017-03-15 19:35:30 | モンスターハンター

 こんにちは私は元気です。



 なんというか動揺を隠せません。


 
 まじで?悪質なコラじゃないの?ていうか本当?


 
 これが本当だったら冗談抜きで一つの時代が終わるね。間違いない。


 
 ……はい。

 では、とりあえず書いていきますね。



 どうやら同じ性能で見た目の異なる防具を作れるようになるらしいです。


 
 スキルを発動したい防具を作り、そして見た目を反映したい防具を作り、そこから特殊な合成素材を組み合わせることによって、見た目の異なるスキルを発動出来る装備を作成出来る、ということになるとのことです。


 ……まじで?本当?懐疑的。余りにも最強コンテンツで、動揺が隠せません……。


 モンハンの装備って全体的にめっちゃもったいないなとは長らく思っていたんですよ。

 
 キメラ装備にしたら見た目が壊滅的になるというのもありますし、それ以前にデザインは秀逸でも発動スキルが弱いため全く日の目を当たらない装備などが大量にあって。

 
 ガンキン装備もあんなに超独特なモビルスーツやエルガイムみたいな見た目しておきながら戦闘能力は極めて低く、お守り堀りくらいにしか使いみちがないというもったいなさだったので、せっかくの秀逸なデザインを使えないという悲しみがあったじゃないですか。

 コラボ装備とかがその辺すごく割を食っている感じが強くて、折角いい版権とコラボしてかっこいい見た目装備が配信されても、配信されたイベント装備が見た目を度外視して戦闘能力に特化させたキメラ装備にかなうことはまず無く、結局誰も装備しなかったってことがすごく多かったのです。


 ああ、本音言うと俺だってリンクになりたかったさ。ノムリッシュデザインの悪魔にもなりたかったさ。けどこれによっていよいよそれが出来るという訳ですよ。

 キメラ装備職人は性能を度外視してとにかく見た目のカッコイイ組み合わせを考える遊びの楽しみが出来ましたし、着せ替えライトユーザーはイベントコラボ装備にスキルを発動してなりきりが出来る。


 この仕様だったら一部の嗜好家だけが楽しめたようなイベント防具を作る楽しみが出てきて遊びの幅が相当広がることになると思うのですよ。
 
  


 多くの人々が『見た目と強さの両立』のために試行錯誤しまくって血を吐く思いでディアブロ装備やウカム装備を如何にして外すかを検討しまくっていた時代。

 皆と同じ見た目じゃいやだという特殊な自己顕示欲のためにテンプレ装備クラスの発動スキルを頑張って違う見た目にしようと切磋琢磨したパイオニアがいた時代。


 どれだけこの装備が強いと言われても角が生えているから避け、ダサいマントを着ているから避け、戦闘能力を落としてでもおしゃれに勤しんだ人たちがいた時代。あるいは戦闘能力を極限まで維持しつつおしゃれを楽しむ人たちの積み重ねてきた時代。

 
 性能をそのままで見た目の変更。


 これが本当なら一つの時代が終わりますね。


 
 とりあえず皆、モンハンクロスの最後の仕事だ。ぼくらに残された最後の仕事だ。


 性能が低かったから作成を避けていたカッコイイコラボ装備を、発売日までに作るのだ。


 イベントクエストは引き継ぎの際一旦リセットされる可能性があるため、新しく即座に作れるとは限らない。


 今こそ報われなかったポリゴン作成おじさんに報いるときだ。手当たり次第作ろうぜ!!!



 ……と、ウッキウキでこれを書いていたのですが……。


※カプコン社外コラボは対象外らしいです……。まじかよ。

 
 とりあえず自分で着せ替えしてカッコイイ組み合わせ考えるのはいいですね。



 では、今日はこのへんで。
 

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダブルクロスの新要素につい... | トップ | とりあえずソロでランク開放。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。