小谷久美子 ピアノ音楽教室

千葉県松戸市新松戸にある 小谷久美子ピアノ音楽教室 講師 小谷久美子のブログです。

6/13(火)のレッスン♪

2017年06月13日 | レッスンブログ





 なおこさん
  バラード…フレージングがよく表現できています
       ペダルは1拍目で踏んで3拍目で放すのを基本にしましょう
       左手とペダルでよくさらって下さい
       3段目だけ長調なので少し明るく、広がりを持って弾きましょう
  タンゴ…安定感出てきましたね
      こちらも左手とペダルの練習を続けて下さい
      フレーズの変わり目でペダリングが乱れないよう、バスの音に付けるのが基本です







 ようこさん
  トンプソン…惜しい、最後の段のリズムだけですよ
        1小節目の2拍目のタイから2小節目のリズムが鬼門ですね
        後半のテンポが変わったところから、ゆっくり練習して、徐々にテンポを上げていきましょう
  弾き歌い…どちらも108位のテンポで、メトロノームに合わせて弾くようにしましょう







 たじまさん
  曲全体としてはよくまとまって、きれいに仕上がっています
  片手ずつの練習は、やってやり過ぎることはありません
  意外と左手だけだと弾けないものですが、是非左手だけの練習も取り入れて下さい
  2ページ目の2段目だけがイレギュラーな伴奏ですから、特に注意が必要です
  他が仕上がって軽快なテンポに上がった分、余計に目立ちますので、この部分だけ遅くならないよう、
  よくさらって下さい







 K子さん
  前奏リズム病の症状がまた…
  3小節目に合わせて下さい
  ペダルは、同じコードの中でも踏み替えた方がいい箇所か多いので、楽譜に記載したペダリングを
  参考にして下さい
  今週は前奏の4小節を暗譜するつもりでさらってみましょう
  まず左手の動きをよく練習すると、右手は覚えやすいですから両手での暗譜、イケると思います







 れんくん
  元気になってよかったね
  ちゅういするところをおもいだして、まず2ページ目の3だん目の1小せつ目、左手の3ぱく目だよね
  それと、このぶぶんはきょうじゃくもだいじだから、フォルテやピアノのきごうにきをつけて
  ひくようにしてね
  きょうはぜんそうのテンポがちょっとおそめだったから、2ページ目のこうはんのテンポとあわせるように
  きをつけましょう
  






 ゆうとくん
  ます…ひだりてが8ぶおんぷのいそがしいところ、よくれんしゅうしたね~
  あんまりはやくひかなくていいから、ひだりてがなめらかに、よわいおとでひけるように
  ていねいにひきましょう
  3だんめの3しょうせつめと、4だんめと5だんめの1しょうせつめのひだりてのおとにきをつけてね
  ドイツ…きってひくところ、じょうずになっていました
      てのひっこしがおおいけど、すわるばしょはかえないで、おててだけパッとひっこし
      できるようにきをつけてれんしゅうしてみてね








 しーちゃん
  レッスンでも言ったけど、第1ピアノの左手のパートの音も確認した方がいいよ
  重なったり近い音を弾く場合は双方指使いに配慮が必要だからね
  あと、弾き直したり間が空いてしまったところはそのままにしないで、スムーズに弾けるように
  集中的にさらってね







 さとこさん
  グローバー…次はニ長調の曲です
        基本となる3種類の和音を右手も左手も確かめてから弾きましょう
        メロディと伴奏のバランスに注意して下さい
  練習曲…次の曲は、2音の小さいフレージングがポイントです
      右手と左手が会話をしているように弾いてみて下さい




ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/10(土)のレッスン♪ | トップ | 人生フルーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レッスンブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。