冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

全員集合

2017-12-31 20:30:00 | 暮らし
この年末年始は、29日夜から3日お昼頃まで、親子5人全員集合です。
近年はずっと、元旦とか2日に、夫が緊急対応の当番に当たっていたり、
誰かが欠けたりだったので、久しぶりのことです。

30日は、恒例の 『 アメトー--ク 』 で泣くほど笑い、
そして31日は、これも我が家では恒例の 『 絶対笑ってはいけない 』 で盛り上がっています。

長男も、日ごろ両親には通じない話題で会話が弾み、3兄妹で楽しそうです。

特に何をするでもなくても、ただ一緒に居て、
子どもたちの話し声や笑い声を聴いているだけで、幸せな気持ちになります。



お正月らしい 花( 木!? ) を活けました。


ところで、長男はこれから、羽黒山山頂で大晦日に催される
松例祭 』 の 「 大松明引き 」 を観に出かけるようです。

鶴岡市内から羽黒山山頂まで、臨時のバスが運行されます。

今年は比較的お天気も穏やかだし、私も行ければ、ブログネタとしては最高なのですが、
体力的に自信がなくて、見送ることにしました。

他のみんなも以下同じで、結局長男一人で行くことに…。
三山合祭殿へのお参りも、代表で彼に託すことにしました。


松例祭保存会 のホームページのリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。


今年も、あと4時間を切ってしまいましたが、
1年間たくさんのアクセスとコメントを、ありがとうございました。
また来年も、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年を…  


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017をふりかえる その5 ブログ開設365日

2017-12-28 22:00:00 | 本ブログについて
今日で、ブログ開設365日目を迎えました。

帰省中だった娘に初期設定をしてもらい、
心の趣くままに、『 網膜静脈分岐閉塞症 』 という記事、
私にとっては、その頃も今も最も深刻な、いわゆる眼底出血の病気について書いたのが、
1年前の今日でした。


それから5月上旬までは、ほぼ毎日投稿しました。

最近になって初期の頃の記事にアクセスしてくださった方には、
「 えっ、あちこち抜けているけど…!? 」
と指摘されると思いますけど…。

それは、あとでそっと削除した記事もあるからです。

その後は2日に1回になり、3~4日に1回だったり、1週間に1回になったり…。
気の向くままになりました。

最初の頃は、アウトプットを渇望していたのだと思います。
何回か書いてきましたが、そのことによって、
長年苦しんできた問題があぶりだされ、客観視され、解決に向かったという、
思いがけない恩恵にあずかることができました。

改めて、ブログってすごい!!


  
クリスマスは終わってしまいましたが、しばらく同居させています。




その後はできるだけ小さな幸せのおすそ分け情報のシェア、などのスタンスで
発信しているつもりです。

出すだけ出してしまったので、逆にインプットしないと書けない、
…と感じることもあります。


ネット環境の切り替えに伴い、7月1日からの2週間はガッツリお休みにした
なんてこともありました。


時には、ブログに向かうことを辛く感じることもありました。

松居和代さん騒動や、
身近なところでも、ストーカー的なコメントや、心無い記事やコメントを目撃したりで、
辛くなり、考えさせられることもありました。

リアルだけでなくウェブ上でも、やはり人付き合いの難しさはあるんですね。


でも、上記のような例外を除けば、年齢や住む場所などを考えると、
普通なら知り合うこともできない方たちと交流できる嬉しさはあります。
自分が投稿するようになったことで、他の方の記事の見方も変わったと思います。
良い意味でですが、刺激され、影響されていることも、きっとたくさんあると思います。
つまり、自分が開設する以前より、ずっとブログを楽しめていると思います。


現在、本記事を含んで、222個 の記事を投稿しています。
( どうにかこうにか今日中に間に合いました。 )
この1年は、平均すると1.6日に1本、1~2日に1本の頻度で投稿できました。

さて1年後は、…どうなっているかな!?


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

爆弾低気圧

2017-12-27 13:45:00 | 風景
25日(月)から、3日連続で 暴風雪警報 が出ています。
地吹雪 は、ここ庄内地方の冬の風物詩 ではあるのですが、
今日は、ここ3日間で最大!

市街地でも、びゅうびゅうと唸りをあげ、こんなに吹き荒れているのですから、
郊外は、ホワイトアウト 間違いなしでしょう。


朝はこんな風に一時的に陽が射したりもしたのですが…




刻一刻と空模様が変わります。








NHN の天気予報では、今日はずっと吹雪を表す斜めの雪だるまで、
気温も最低気温-3℃ 最高でも-1℃ の真冬日です。
レーダーにも、ずっと筋状の雲が流れ込んでいます。
予報によれば、明日には少し緩むようなのですが…。


12年前の 2005年12月25日に、庄内町で、JR 羽越線の脱線事故がありました。
同じ年の 4月に JR 福知山線の事故があり、まだ記憶に新しい頃でした。

その時我が家では、皆で、TVで M-1の決勝 を観ていました。
その日は、今日以上にびゅうびゅうと季節風が吹き荒れ、
時折 TV の音声も聞き取れなくなるほどでした。

ちょうど麒麟の出番の最中、ニュース速報で事故のテロップが流れたことを、
今も鮮明に思いだします。
5人の死者、32人の負傷者という犠牲が出ました。

12年後の今年の12月25日に、このようなニュースが流れました。

JR東は事故を教訓に今月19日、レーダーで突風の発生を予測するシステムを
山形、秋田両県の羽越線と陸羽西線に導入。
25日午前には強風のため初めて運行規制が行われ、
貨物列車2本が一時運転を見合わせた。.



美しい自然は、時に残酷です。

今回も北海道はじめ、各地で痛ましい事故が発生しているようです。
たった今、山形自動車道で玉突き事故が発生し、
100台以上の車が立ち往生しているというニュースも入りました。


私も25年前に生死をさまよう事故から生還しましたが、
いつ何時、避けられない事態に遭遇しないとも限りません。

でもだからと言って、中国の故事のように 「 杞憂 」 に支配されてしまっては、
身動きできなくなってしまいます。


さて、とりあえず今悩ましいのは、
今日の夕飯の買い出しをどうしようかということ…。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017をふりかえる その4 家計増額編

2017-12-26 09:00:00 | 家計管理
さて今回は、公表している費目の中で、増やしてしまった項目です。


≪ 保健衛生費 ≫  医療費、理美容費、健康食品代、化粧品代などです。
2016年 44,400円  2017年 48,101円  3,701円 ( 7.7% )の増
年額にして、44,412円の増です。

なんと言っても、私の医療費の増額が原因です。
眼科のルセンティス ( 眼球内注射 ) 治療のある日の支払いは 50,000円 程度
それにレーザー治療も加わると 80,000円 程度になります。

でも、レーザー治療は4月に1回のみ、
ルセンティスも、4月と8月の2回に抑えられたこと、
健康食品の買い控えや、高額化粧品のお祭りを終わりにしたことで、
増え幅を1割以内に抑えられたと思います。





≪ 交通費 ≫2016年 20,599円  2017年 30,543円  9,944円 ( 32.6% ) の増

昨年2016年 9月に、私専用の軽乗用車を手放しました

それで今年 2017年は、夫の車の車検代に加え、
仙台までの高速バス代が上乗せになり、増額しています。

もし車を持ち続けていれば、
2年に1回の 車検代 や毎年の 定期点検代 やもしかして 修繕代 も、
3~4年毎に買い替える タイヤ や スタッドレスタイヤ代、
毎年の 任意保険代 などが上乗せになります。

それらを勘案し計算してみると、月額 12,000円 ほどになります。
2016年の費用に加えてみると、32,599円
2017年と比較すると、2,056円 ( 6.3% ) の減   年額にして、24,672円 の減です。

定期点検の費用はメンテナンスパックで2014年に支払い済みで、
任意保険の期限前に車を売却したことなどで、
2016年に費用が発生しなかったため、
見かけ上は増額になっていますが、実は減額しているのです。

金額的には大したことはないかもしれませんが、
駐車場が縦列のため毎日の車の入れ替え、
冬期間の雪払い、時折の洗車などの作業がなくなり、
とにかく楽になりました。
気持ち的にどれだけ軽くなったか、計り知れないものがあります。

私の、物理的にも精神的にも、もっとも大きく効果的な断捨離でした。

でも公共交通機関の不十分な田舎暮らしでは、車を手放すことは実際難しいと思います。
特に、お住まいが路線バスのルートから外れる方は…。

スーパーなどの配送サービスも、不便な場所ほど普及しにくいですからね。
医療機関受診の問題もあります。

私の場合、特別な日を除けば、平日は息子の車を使わせてもらえるのと、
週末に夫の車で、一緒に食料などのまとめ買いができるから、かなったことです。

白状すれば、東京では歩いて買い出しに行くのに、
地元に帰って来ると、同じような距離でも、どうしても車で行きがちになってしまうんです。
買う分量の多さということは、確かにあるんですけどね。

バスを利用することもありますが、いざとなったらタクシーを利用することになっても、
自分用の車を所有するよりは、わずかであっても、経費削減できるような気がします。


なお非公開の費目については、予定外の出費もありましたが、
貯蓄額は、今年の目標額以上を達成できましたので、まずは上出来!
…と思っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017をふりかえる その3 家計減額編

2017-12-24 13:50:00 | 家計管理
久しぶりの家計ネタになります。
家計管理は、私の大切な役割の一つですので、1年の締めくくりに…。

…と言っても、12月の精算は年を越してしまいますので、
2016年の 1~11月 と 2017年の 1~11月 の1か月の平均値の比較で、考察してみたいと思います。

≪ 食費計 ≫  
2016年 96,250円  2017年 75,980円  20,270円 ( 21.1% ) の減

夫・長男・私の3人分に、次男や娘のところに滞在した時の分も含みますので、
およそ成人3.5~4人分の食費になります。

内訳
副食物費
2016年 63,250円  2017年 48,973円  14,277円 ( 22.6% ) の減

主食費  お弁当や外食も含みます。
2016年 27,635円  2017年 23,630円  4,005円 ( 14.5% ) の減

調味料費
2017年 5,365円  2017年 3,377円  1,988円 ( 37.1% ) の減 


食費全体で1か月あたり 20,270円 の減ということは、
1年分で 243,240円 の減 ということになります。 結構大金ですよね!?

ちなみに 2015年と比較すると、
1か月あたり 26,512円の減 1年分にすると 318,144円もの減 になりました。
驚きです!


金額は低いですが、減り幅としては調味料費が一番大きくなっています。
調味料に限らず、どの項目についても、以前より、
種類も分量も一気にたくさん買わない 代用したりして種類を絞る 冷凍の活用で廃棄を出さない 
…などが身に付いてきた結果だと思います。

それでも今のところ、家族から不満の声は上がっていません。
以前は、毎月20,000円分も、余分に在庫を抱え続けていたということになります。

主食費の減額は、私が9月から糖質制限をしていることも、要因としてあると思います。
外食の回数はむしろ増えていると思いますが、金額として減っているのは、
夫と長男が、時々おごってくれるおかげだと思います。
ありがとう!

副食物費全体の金額については、糖質制限開始前後に大きな変化はありません。
内訳は、嗜好品費が激減し、その分卵・乳製品が目立って増額し、肉類・魚類も増額しています。
肉・卵などは以前より品質の良いものが買えています。





≪ 住居費 ≫  備品 ( 家具や耐久品 )、消耗品、通信費、NHK費などを含みます。
2016年 28,691円  2017年 24,373円  4,318円 ( 15.1% ) の減
1年分で、51,816円 の減額です。

私の携帯代が前年比2.5倍になっているのですが、
それ以上に、雑貨や消耗品費を抑えられたかと思います。


≪ 衣服費 ≫  眼鏡、帽子、手袋、ストール、ハンカチ、靴、バッグなども含みます。
2016年 26,249円  2017年 16,959円  9,290円 ( 35.4%) の減
1年分で、111,480円 の減額です。

所持する数を絞ったら、ミニマリストの方たちがおっしゃる通り、逆に買わずに済むようになりました。  
組み合わせの効くものが残り、一つひとつの出番が増えているからだと思います。
「 TPO に合わせて違う服を着る 」 から 「 これが自分スタイル 」 に、移行しつつあります。

浮いた残金で、ボストンバッグを軽いものに買い替えました。
以前キャリーケースを愛用していた時期もありましたが、
コインロッカーやバス・列車で移動中のトイレ使用時のことなどを考慮し、
今はボストン・リュック・ショルダーのトリプル使いです。

重い荷物を持っての移動は、疲労感が抜けない原因にもなってきているので、
宅配便の利用などで、さらに身軽に移動することも、考える時期に来ているように思います。

ダウンコートも、浮いた残金で、当初考えていた予算の倍くらいの良いものを、買うことができました。

「 良いものを少しだけ 」 の生活に転換できつつあります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加