冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

フィギュアスケートに思う

2017-04-19 19:45:30 | 生きかた
『 斧を研ぐ時間 追記 』 の、真央ちゃんの話からのリレーです。

注目されだした14~15歳の頃は、まだあどけなく天真爛漫だった少女が、
10年の時を経て、こんなに素敵な大人の女性に成長したんだよねぇ…。
彼女の引退会見を見ていて、そんな感慨に浸りました。

10年前の私は、村主章枝や中野友加里を絶賛応援中で、
世代交代をちょっと複雑な思いで見ていたのを思い出します。

でも気が付いたら、真央ちゃんを観るのが本当に楽しみで、夢中で応援していました。
真央ちゃんは長く続いた方でしょうけれども、でも、でも、…また世代交代ですか…。


一方男子の方は、高橋大輔から羽生結弦への世代交代…。

ある番組で、佐野稔氏が、
4回転を飛ぶには、羽生選手のような体形が有利なんだと解説していました。
4回転用の筋肉の鍛え方というものが、あるんだと…。

なるほど! だから高橋大輔世代までの鍛え方では難しかったんですね。


伊藤みどりがアルベールビルオリンピックで銀メダルを獲得した頃から、
本当にフィギュアスケートの観戦が楽しみでした。
…と言っても、リンクで生を観たことはなく、テレビオンリーですけど…。(笑)

それがどうしたことか、昨年あたりから、急速に興味がダウンしてしまったんです。





もちろん、羽生選手は男子フィギュアの新時代を切り開いたヒーローですし、
仙台の、ひいては東北の希望の星なので、心から応援したいのです。

だけど反面、普通は無茶だと思われる状況にも、
屈することなくためらうことなく向かっていく、
そんな姿を見るのがだんだん辛くなってきたんですよね。

本物のファンなら、そんな時こそ応援に熱が入るというものでしょう。
心配はしながらも、彼は一体どこまで行くんだろうと、ワクワクするはずですよね?


ところが、私ときたら、
「お願いだから、そんなに頑張らないで!」 そう思ってしまうのです。

羽生選手が、まさにAさんタイプに思えて、切なくなってしまうのです。

アスリート全般に言えることかもしれませんが、
特にフィギュアスケートは選手生命が短いし、
トップクラスで居続けるためには、
才能に加え、つねに全力投入しなければ、難しいのでしょう。

どんな生き方を選ぶかは、個々の考え方ですし、
Aさんタイプ、Bさんタイプ、それぞれの良さはあるでしょう。

AさんBさんについては、『 斧を研ぐ時間 前篇 』 で記述しています。
未読の方は、こちら からご覧いただけます。


おそらく私は、自分の人生が辛かった時、
フィギュアスケートの日本人選手に、人生を重ねて観ていたのだと思います。

彼らは、日々血のにじむような練習を積み重ねて、
それでも襲い掛かってくる試練にも打ち勝って、みごと晴れの舞台に立っている。
その人々を魅了する華麗な演技は、そういった裏事情もまるごと反映されるからなんだ! 
努力は必ず報われる! …などなど…。

そう思うことで、自分をも励ましていたのだろうと思うのです。


自分がようやく辛い人生から脱出できた今、「もう辛いことは見たくない。」
そんな心理が働いているのかもしれないと、
真央ちゃんの引退会見を見ながら、そんなことを思ったのでした。


外人選手では、フランス男子のフィリップ・キャンディロロ、
ロシア女子のアリョーナ・レオノワなどのちょっとコミカルな選手、
優雅系では、アメリカ女子のミシェル・クワンが、本当に好きでした。

彼らだって辛い練習を積み重ねてきたことには違いないですし、
レオノワ選手もまた、世代交代に苦しんでいる姿を目撃もしましたが、
これらの選手が最盛期の頃は、楽しさにあふれていたような気がします。

今の日本人の上位にいる選手は、優雅で息をのむほど美しい演技です。
だけど、どこか悲壮感が漂っているような気がして…。
それが激しい世代交代とも相まって、なんだか観るのが辛くなってきたんです。


そう、それは、好みの問題でもありますね。
常に上を目指す競技としてのフィギュアスケートではなく、
エキシビションやアイスショーだったら、今の私の思いを満たしてくれるのかもしれません。

実際、荒川静香は、現役引退してからの方がより美しくなったように思いますし…。

取るに足りないおばちゃんのたわごとで、失礼いたしました。


今日の運動  開始より 23日目
スクワット10回 脚裏ストレッチ片脚各5回 × 2セット 全力足踏み30秒 × 3回 × 2セット  
なんちゃって腹筋20回 肩回し片側各10回 × 3セット
今日の歩数(19:00現在) 1,415歩

今日は1日中暴風警報が継続され、午後からは雨も加わり激しい暴風雨になりました。
外出はせず、家で過ごしました。
筋肉痛は消失しましたので、運動は少し多めにやりました。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 『花のあと』 ロケ地の... | トップ | 羽黒山表参道 石段登り その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。