冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

内科治療経過報告 ③ & 治療の是非 その1

2017-08-09 14:00:00 | 健康づくり・ダイエット・闘病
血圧・血中脂質の治療などを通して、
自然療法と科学療法について、改めて考えさせられています。

8月4日は、内科の定期受診の日でした。

1月11日の初診以来、1/27、2/17、4/14、6/9、8/4 と、
2月以降は8週に1度になり、今回で6回目の受診になります。

現在血圧は、120 ~ 80㎜Hg 前後にコントロールされています。
当日病院で測定した時は、139 ~ 89 ㎜Hg でした。
相変わらず病院では高くなってしまう、小心者です。

ちなみに、病院での計測値は、( 単位は ㎜Hg )
1/27には 167 ~ 103 なんていう驚愕の数字をたたき出していましたが、
2/17には 162 ~ 93
4/14には 148 ~ 82
6/9には 144 ~ 84
…と、段階的に改善されてきました。

1/27から、『 ロサルタンカリウム錠 25㎎ 』 を夕食後、1錠服用しています。
主治医には、「 もっとも軽い 」 薬との説明を受けています。
直径 5㎜ 、厚さ 2㎜ 程の、小さな薬です。

薬局で発行される説明書には、以下のようなことが書いてあります。

・ 血圧を下げる作用のある薬です。
・ 高血圧に関与するアンジオテンシンという体内の物質の働きを抑え、血圧を下げます。
  また、糖尿病による腎臓病にも効果があります。
・ 胃の不快感、顔のほてりなどが起こることがあります。
・ 車の運転や高所作業など危険を伴う作業を行うときは注意してください。






6/9からは、『 プラバスタチンNa錠 10㎎ 』 が追加になりました。
この薬が追加された経過については、『 内科治療経過報告 ② 』 でお話ししています。
直径 8㎜ 、厚さ 2㎜ 程で、
当日担当してくれた医師によると、この薬も、「 もっとも軽い 」 薬です。

説明書の内容を転記します。

・ 血液中のコレステロールを減らす薬です。
・ 肝臓や小腸で、コレステロールの整合性に関係する酵素の働きを阻止し、生成を抑えるので、
  血中コレステロールの濃度が下がります。
・ 発熱が続く、皮膚などが黄色くなる、とくに運動していないのに筋肉痛が続くなどの症状があれば
  速やかに医師に伝えてください。


この8週間で、( 単位は ㎎/dl )
総コレステロールは、282 → 232 ( 正常値 : 142~248 )
HDL(善玉)コレステロールは、53 → 58 ( 正常値 : 48~103 )
LDL(悪玉)コレステロールは、196 → 151 ( 正常値 : 65~163 )
あっという間に改善され、すべて正常値になりました。 
善玉コレステロールは、元々正常でしたが、むしろ増加しています。

ただ、中性脂肪だけは、239 → 150 ( 正常値 : 30~117 ) 一歩及ばずでした。

中性脂肪については、1月の段階で 165 だったのに、
卵の摂取を増やしてから、倍くらいに跳ね上がってしまったことを、
『 絶対に正しい情報はない その1 』 で、お話ししました。


ところで、中性脂肪 = トリグリセライド これは、皮下脂肪と同じ成分

もしかして、何らかの事情で、
皮下脂肪の成分が、血中に大量に放出されていたということも、考えられるでしょうか!?

現在、体重で見ると標準値内ですが、体脂肪率でみると軽度肥満と出てしまいます。

そして、皮下脂肪を減らすセオリーは、やはり有酸素運動なんでしょうね!?


1回の記事では話しきれないこと、
自己流の解釈の続きや、次の受診日まで実験したいことなどを、
また次の記事でお話しさせてください。





今日は、長崎に原爆が投下された日
高校野球中継を、記念式典の番組に回し、
11:02 分の前後のひと時、被爆者への思い、平和への思いを、共有させていただきました。

平和を願う貴い祈りが、一部の国や個人の、エゴ ・ 狂気を凌駕しますように…!


『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家計簿を付け続ける訳 その2 | トップ | 治療の是非 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。