冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

祖父と父 その2

2017-10-31 09:00:00 | 家族
24年前の7月に娘が生まれて1か月は、実家で過ごしました。

その頃は、胃がんの末期だった祖父の病状も安定していて、自宅で過ごしていました。
毎朝私たちの部屋に来て、「 ○○ちゃん、おはよう。」 と笑顔で語りかけ、
しばらく目を細めて娘を眺めるのが、日課になっていました。

そして週末に夫が連れてくる長男・次男を心待ちにし、
やはり目を細めて、兄弟の様子を眺めていました。

その後病状が悪化し、入退院を繰り返したのち、10月11日に帰らぬ人になりましたが、
終末期の祖父にとって、ひ孫たちと過ごす時間が、
なによりも幸せだったのではないかと思います。





一方、父の終末期にも、子どもたちが大いに貢献してくれました。

次男が、大学を卒業した春、自ら進んで、
跡継ぎのいなくなった両親の養子になってくれました。
父はすでに入院していましたが、まだ意識は明瞭で、届出書にも自らサインし、
そのことをどんなに喜んだことか…。

そして娘は、受験生だったにもかかわらず、
学校帰りに、毎日のように父の病室を見舞ってくれました。
長男、次男も週末には頻繁に会いに行ってくれました。

その時の父の嬉しそうな顔といったら…! まるで子どものような笑顔でした。

私が嫁いで寂しい思いをさせてしまった分、子どもたちが孝行してくれました。
もしかして、入院中が、父のもっとも幸せな時間だったかもしれません。


父の葬儀は私が喪主を務めました。

その葬儀で、私は父のことを初めて理解したように思いました。

ご近所の同世代のおばあちゃんたちのみならず、若いお嫁さん世代の人たちも、
急な知らせにもかかわらず大勢の方が参列して下さり、
その全員が父の死を悼み泣いて下さり、
口々に 「 おじいちゃんには本当にお世話になった。」 と言って下さるのです。

父って、こんなに慕われていたんだなあ…と、正直驚きました。
こんなに来る人来る人が泣き腫らすお葬式なんて、初めてでしたから…。





その1の記事の最後に、「 立派な人が必ずしも良いとは限らない 」
と書いたことは、以下のようなことです。

祖父は温厚な人でしたし尊敬されてはいましたが、
それでも、どこか近寄りがたいところがあったでしょうか?

父は、近隣の人たちと、とにかく距離が近い感じがしました。


それに、こんなことを書いたら、祖父が悲しむでしょうけど、
祖父が生前、他人の肩代わりをして支払いをしていたことが、
大金ではないにせよそのまま引き継がれてしまったり、
残してくれた不動産などが、結構な負担になってしまっています。

それを父が相続し、父の死後、母&妹 VS 私&次男でトラブルになりました。
妹の後押しで、母が全部自分の名義にすると、鬼の形相で言い張ったのです。
それは、養子になってくれた息子の誠意を踏みにじるような態度でした。
そして、実際管理させられているのは私です。 
草刈りをお願いしたり、雪下ろしをお願いしたり、修繕をお願いしたり、各種支払をしたり…。
持ち主が責任を取るのがスジなのに…。

でも、私も息子も相続なんてしたくもないし、
母本人の世話をするよりは、ずっとマシではあります。

「 子孫に美田を残さず 」
いろんな解釈はあるようですが、西郷さんのおっしゃる通りです。


一方父は、そんな甲斐性もまるでありませんでしたから、
その手の苦労は何一つ残しませんでした。
父はただ祖父からのバトンを渡しただけです。
いっそ酒に変えて全部無くしてくれたら、なお良かったのに…なんて思ってしまうくらいです。

そして、「 ホントにアホだったよね~。」 とネタにされ、懐かしがられるだけです。


到底太刀打ちできない父親へのコンプレックスや、
気位の高い母親と気の強い妻の板挟みで、
それを酒や笑いに逃げてごまかしていたということもあるでしょう。

その若い頃の無茶な深酒が、父親より11年も寿命を縮めてしまう原因にもなりました。

でも父は根っからの酒好きで、陽気で能天気な人、
人生を思いっきり楽しんで逝った、幸せな人なんだろうと思います。


若い頃はサイテーだと思っていた父でしたが、
看護や介護についても、母は超わがまま、妹は遠くにいて文句を言うばかりで、
「 お前にばっかり苦労かけて申し訳ない。」 が父の口癖になっていました。
高齢になってサイテーになったのは、むしろ母の方です。

父の死後も母に振り回され、私の血圧が180~100以上になり、眼底出血を起こしてからは、
妹の方に母を引き取ってもらい丸投げにしているので、これでおあいことも言えるのですけど…。
でも私は、どうであろうと、決して妹のやり方に口出しをする気はありません。
お任せしているのですから…。 

若い頃は祖母似だったのに、病床では何故か祖父に似てきた父の顔が懐かしく思い出され、
病院通いや介護施設通い、繰り返される入退院・入退所、それに係る手続きなどで、
あんなに大変な思いをさせられたのに、
時折、無性にもう一度会いたいと思ったりするから、不思議です。


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祖父と父 その1 | トップ | 2017 秋晴れ その1  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家族」カテゴリの最新記事