冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

断捨離は人生のリセット&リスタート その2

2017-06-30 21:00:00 | 暮らし
26日 (月) 19:00~2時間枠で放送された BS朝日の番組
『 ウチ、“断捨離”しました! ~捨てられない4家族 片付け密着ドキュメント~ 』

断捨離の提唱者、クラターコンサルタント やましたひでこさん指導の下、
片付けが進められます。

昨日に引き続き、今日は最後の1組を紹介します。

横浜市在住の理恵さん 50歳を機に生活の見直しを図ろうと決意

理恵さんは4人家族ですが、ご主人は長期出張が多く、息子さんは留学中で、
大学生の娘さんと二人、母娘の蜜月のような暮らしを送っていました。

まず、玄関脇の一室を片付けて、娘さんの部屋にしたいということだったのですが…


こんな状態でした!
ここのものを片づけて、箪笥は和室に移して、と…。

その和室ですが…


15年前から幼児英語教室を主宰されていて、
その教材である英語の絵本も含めて、全部で1,100冊!!!
図書館並みですね!

私でも、とうていかなわない感じです。

理恵さんは、できれば絵本は断捨離したくなかったのですが、
箪笥の置き場所を確保するために、仕方なく、渋々取り組み始めました。


片付けは、忘れていた過去と向き合う時間でした。

思い出されたのは、子どもたちとの読み聞かせの時間とともに、
不在がちな夫の分も子育てに奮闘していた自分の姿でした。

全部の本を取り出し、壊れかけた本棚に 「 お疲れさま! 」 と声をかけた時、
一瞬、心が空っぽになった不思議な感覚に襲われ、そして気付いたのでした。

「 本棚はお母さんで、本は赤ちゃんだ! 」
この壊れかけた本棚は、子どもたちを立派に育てなければと無理をしていた自分だ! 」

断捨離ノートには、
「 私が深いところで子離れの気持ちをしっかり持てた時に、
彼らも安心して羽ばたいて行けるのだと思う。 」

理恵さんが、子育ては終わったと実感した瞬間でした。


それからは、迷いはありませんでした。
玄関脇の部屋から物が消え、和室に移そうと思っていた箪笥は結局処分し、
無事に娘さんの部屋に生まれ変わりました。

娘さんも、お母さんの決意を受け入れ、
この部屋で練習して、自立に向かおうとしています。


最初なかなか手放せかった絵本にも、
「 楽しかった、ありがとう! 」 と声をかけながら片付けが進み、
最終的に、10分の1の 120冊まで減り、押し入れの一角に収まりました。
自分のために残した絵本は 18冊でした。




きれいに片付いたリビングダイニングと和室には、
さわやかな空気の流れが感じられます。



生まれ変わった部屋と、断捨離ノートを目のあたりにした やましたさんの眼にも涙が…。

「 などなど…思い出が甦り、涙 涙 涙 思い切り泣いた。涙流れるに任せた。」
「 本も断捨離してもしても まだまだある… だんだん怒りが湧いてくる 」

この感じ、私も知ってる!


片付けを終えた理恵さんが手にしたものは…、

『 自分だけの静かな時間 』

きれいになったダイニングテーブルで、
ゆっくりお茶を飲みながら、絵本を開いていました。
今まで、こんな時間を、自分に与えることがなかったと言います。


そしてエンディングに、平泉成さんのナレーションが流れます。
「 家だけじゃなく、心もその都度整理しなくちゃ 」


ここからは私事なのですが、
ネット環境の変更に伴い、2週間ほど記事の更新ができなくなります。
スマホでできないこともないのですが、
ブログ開設から今日で 184日 約半年経過しました。

この辺で少し休んでみるのもいいのかな、…と思うところもありまして…。

その間は、スマホで、皆様のブログに訪問させていただきます。

…ということで、これっきりにならないことを祈りつつ…。 (笑)


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断捨離は人生のリセット&リ... | トップ | 仙台行きの車窓 盛夏編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (のびた)
2017-07-01 08:33:11
断捨離は思い出も捨てるような気持ちですね
その気持ちがあってもなかなか捨てきれない自分があります
ようやくバンド関係のアンプやスピーカー コード類 不要衣類の一部(笑) これだけでした
日記一冊さえ 読んでいたら捨てられません
別に貴重な想いでは無いのにダメです
添乗員時代の観光資料も一杯 いつかは処分ですが買った時の価格も含めて想いが残ってしまいます
私が居なくなる日もそんなに長くも無ければ 残された家族の為にも出来るだけ断捨離したい・・と思うだけです(笑)
Re:おはようございます (紅実子)
2017-07-01 08:50:10
番組の中で、やはりのびたさんのように、思い出があって捨てられないという人がいました。
それに対して やましたさん は、「 思い出は、ものがないとだめかしら? 」 と…。
その方は、その言葉で決心がついて手放せたのでした。
さて、のびたさんは、どうでしょうね?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。