冬の陽だまり 夏の木かげ

宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
旧ブログタイトル 「 アラ環の人生立て直しプログラム 」

落穂拾い

2017-10-19 12:15:00 | 風景
先週あたりの明け方だか夕暮れ時だかに、確かに鳴き声を聞いたような気がしたので、
田んぼの方を回ってみました。

いました、いました! あちらこちらに…!

比較的道路から近いところにいる場所と群れを、選びました。




なるべく離れたところに車を止めて、そろりそろりと近づいて行ったのですが…



一番手前にいた若鳥とその親鳥と思しき3羽が飛び立ってしまいました。
ごめんなさ~い!!


以前は最上川の河口に 「 スワンパーク 」 なるものがあって餌付けされていたのですが、
鳥インフルエンザが問題になって以来、閉鎖されてしまいました。
子どもたちが小さい頃は、餌をあげに行っていたんですけどね…。



それ以来、白鳥やカモの群れは、日々の糧を得るために、
刈入れ後の田んぼから田んぼへと渡り歩かざるを得なくなったんですね。


その姿は、ミレーの 『 落穂拾い 』 さながらだな~と思わされます。

ミレーの絵画で落穂を拾っているのは、この農地の持ち主ではなく、
近くに住む貧しい人たちだとのことです。

旧約聖書の一節に、こんな言葉が…。

あなたが畑で穀物の刈り入れをして、
束の一つを畑に置き忘れたときは、それを取りに戻ってはならない。

それは、在留異国人や、みなしご、やもめのものとしなければならない。
あなたの神、主が、あなたのすべての手のわざを祝福してくださるためである。



また、新約聖書のマタイによる福音書の中には、こんな一節も…。

空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。
それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。



今年は、各地で飛来が早いということも聞きます。
飢えることなく、冬を越すことができますように…!!


『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断糖日記 その3 | トップ | ブログ開設300日目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (k-24)
2017-10-19 12:28:56
こんにちは^^

今日、一番、初めに、
くみみんさんのブログを、見せていただきました。
白鳥が、自然の中にいる風景に魅せられました。
そして、落穂拾いのこと、聖書の言葉、
いろんなことを教わって、
肩の力が抜けて、楽な気持ちになりました。
ありがとうございます(*^^*)
Re.Unknown (くみみん)
2017-10-19 13:00:14
k-24さん、こんにちは!

今日真っ先にこのブログを見てくださったこと、
いろいろなことを感じ取ってコメントをくださったこと、
とっても嬉しいです!

k-24さんの、とっても上手な写真に感動したり、
ご家族とのふれあいにあったかい気持ちになったり、
コメントを残したことはありませんが、
いつも楽しみにして、拝見させていただいています。

ここしばらく、ブログについて思い悩んだりすることもありましたが、
k-24さんのコメントに、励まされました。 元気をいただきました。
こちらこそ、ありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

風景」カテゴリの最新記事