kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

晴れ間の徘徊

2017-06-30 | Weblog


コバンソウが沢山!(猿橋にて)   6/28

 

梅雨空見上げて鬱々するよりも、傘さして出かける方がよろしいと、中央線下りに乗りました。

猿橋でも見ようとひと駅前の鳥沢で降車。ウオーキングの間、時々傘をさす程度で助かりました。

初めての道は意外と楽しく農家の方と話したり、登った山を懐かしく見てきました。

 


大月の岩殿山・秀麗富嶽十二景8番山頂(634m)   

100mの垂直岩盤は「稚児落とし」と呼ばれている。(岩殿城陥落で一族が逃げ去る際に、泣き叫ぶ稚児を投げ落としたとされる

岩殿城址までは誰でも行けますが、兜岩から稚児落としへ行くのが難儀なことで・・・

数年前、断崖絶壁をカニの横這いと足掛かりだけで登り、死ぬかと思った!

巻道もあると後に知ったけど、そっちも嶮しいと聞いて、2度と登りたくない山・・・

 


鳥沢から地図見ながら寄り道三昧。

国道沿いに歩き車を避けて渓谷に下りたら、突き当たってしまってまた後戻り。

無駄も多かったけど、何とか猿橋に到着♪

日本三奇橋「山梨県・猿橋。山口県・錦帯橋。富山県・愛本橋」これ以外にも奇矯候補がいくつかあります。

 


観光名所でツアー客が訪れている。

 


桂川に架かる猿橋のネーミングは、猿が互いに体を支え合って作ったとの伝説がある。

 

 


桂川遊覧のボート

 


アユ釣り風景。岩場で眺めながら、コンビニお握り🍙でお腹を満たす。

 


猿橋駅から百蔵山(左)と扇山を望む。冬にまた行きたいと思いつつお別れ。

 


苦手な黄色! サワオグルマで良いのかな?
(ヒメヒマワリ『別名キクイモモドキ』と判明。山小屋さま、調べて下さってありがとうございました)



ズームしてもよく分からなかった花。
(ピンク色はムシトリナデシコ。黄色はハナビシソウと教えてくれました

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

蕎麦打ちして娘宅にも届けてきました。コロンしゃん、いつも愛くるしいね♪

 


お隣さんからキューリを1kgも貰ったんです 早速キューリのきゅうちゃん作ってお裾分け~

 

コロン

 

コーラスの先生に誘われて、同じ市内で活動している混声合唱を見学。

人数は多いしあまりに楽しそうな雰囲気で、掛け持ちも勉強になって良いかと考慮中♪

 


誕生月祝いをしてプレゼントと大合唱

 

鰹節削り着器

 

次女は商品モニターや懸賞応募が好きで、時々品物が届きます。 

化粧品サンプル&蔵元のお酒や醤油など、ある時は天然水やジュース一ダースとか。お役立ちで喜んでおります。

ついにこんな物が飛び込んできて、どげんするだぁー!

刃を固定する金槌まで付いてるし、専門店で鰹節買わないと・・・

間違っても、殴る道具にはしちゃならぬ!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきる野市・南沢アジサイ山 | トップ | 草原に響くホーミー♪ »
最近の画像もっと見る

37 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シナモン)
2017-06-30 20:11:29
わあ 面白い橋ですね
そういえば 青森の鶴の舞橋っていうのも
面白い橋でしたよ 古くはないですが

私 鰹節削るの下手でしてね
細かくて まるで粉のようになっちゃうので
やりたいのに やらせてもらえなかった思い出があります

ピンクの花は ムシトリナデシコ です
黄色い花は ハナビシソウ と思います
Unknown (Syu(chan))
2017-06-30 20:22:17
鰹節を削るのでしょうが、大工さんのカンナと違うのは
1枚刃だけなら木も削れない事は無い?

「ズームしてもよく判らない」花の写真がファンタジー
感じる写真ですね。
その上の黄色い花の背景の枯れ草の中にヘビでも
居そうですね。
妻が今日、庭で今年始めてヘビに遭遇しました。
「気分が悪い」と言って夕食も食べないで寝て
しまいました。

「遊覧」と言っても「危険」が沢山有りそうな
「ワイルド」な所ですね。
お早うございます (ゆう)
2017-07-01 06:33:22
コバンソウ初めて見ました

だんだんさんは とてもフットが軽いですね
よく 出掛けたり又料理もいろいろ工夫して作ったり頭が下がります
蕎麦打ちも うどんも作れない ゆうさんは とても憧れです

今月 若しかしてお誕生日ですか~
ゆうさんの旅友さんも5日で61才です
Unknown (山小屋)
2017-07-01 10:53:06
岩殿山・・・
昨年の春、下見をしてから仲間を連れて登りました。
2つのクサリ場は迫力がありました。

サワオグルマは1本の茎の先端に数個の花を咲かせます。
従ってこれはサワオグルマではなさそうです。

>ズームしてもよくわからなかった花・・・
ピンクはムシトリナデシコ、黄色はハナビシソウですね。

カツオ削り器についてきたのは金づちではありません。
これは木づちといいます。

Unknown (koyuko)
2017-07-01 17:57:54
コバンソウが綺麗 !たくさん咲いてますね。
空を見上げて鬱々するよりもお出かけした方がすっきり!
賛成ね。お一人で猿橋まで行かれたの? 即 行動派ですね。
私も即が好きなんだけれど、すごい方向音痴なので、遠くまで一人はちょっと自信がないです。

猿橋も岩殿山も行きましたが、仲間と一緒でした。
Unknown (野いちご)
2017-07-01 20:27:26
いつもフットワークが良くって本当に尊敬です。
カニの横ばいはスリル満点ですね。

混声合唱は声のハーモニーの幅ができて楽しいですよ。
いい勉強になるでしょうね。

コロンちゃん、可愛い、とてもお利口さんのようですね。
混声合唱ですか。 ()
2017-07-01 21:03:25
こんばんは。
相変わらずフットワークが良いですね~!
猿橋、珍しい橋ですね。ネーミングの由来も面白い!
日本三奇橋の内で行ったことがあるのは錦帯橋、それも鳥撮りに行って見て来ました。

今度は混声合唱ですか。
>掛け持ちも勉強になって良いかと考慮中♪
もう心の中では決ってますね!(笑)
何でも出来る時にしておいた方がいいですよ。

鰹節削り器、こちらに来る時処分して来ました。
早速鰹節買ってこなくちゃね。
Unknown (ひーちゃん)
2017-07-02 11:53:01
いちどみたいと思っていた猿橋
思いがけず見せてもらいました
コバンソウも河原に咲くころですね
ムシトリナデシコは外来種でしょうか
最近勢力を伸ばしていますね
サワオグルマは八幡湿原で見たものとは
ちょっと違う気がします
梅雨の晴れ間も元気におでかけされて
うらやましいです
こんにちは (のんのん)
2017-07-02 13:01:46
猿橋に行かれましたか
松本へ行く途中で出会う駅名に興味があり
二度ほど行きましたが面白い構造になって
川の流れも良いし、景色もすごいですよね。

ソバも美味しいでしょうねぇ・・
私の母はうどん打ちは名人級でしたが
ソバはうまく打てないと言っていました。
混声合唱、歌が好きな方が羨ましいです。
削り器、弟宅が欲しいと・・言ったので
築地から送ったことがありました。
やはり味が違うようです。
Unknown (菜桜)
2017-07-02 14:12:41
今日は~♪
コバンソウって初めての出遭いでした。
猿橋錦帯橋より奇矯ですねぇ~
この橋の建て替えも大変でしょうねぇ~
アユ釣り中々釣れないのでしょう?
削り器我が家にもありますが 短すぎて 削るのが難しいです。
シナモンさんへ (だんだん)
2017-07-02 18:14:54
花の名前をありがとうございました。
詳しいですね、尊敬
おサルさんが手つなぎしてるみたいでしょ。
鶴の舞橋、平成に架けられたようですね。
長くて面白い架け橋…鶴が舞ってるとも見えるかな♪

アハハ、粉々になっちゃったんですか~
試してみるけど、刃次第ですよね。
カンナを使いこなせるかしら?
Syu(chan)へ (だんだん)
2017-07-02 18:20:12
木くずが一杯出るのを、拝見しましたよ。
鰹節も、木みたいな要領で削れば良いのでしょうか。
刃の感覚も忘れて、困ったことです

奥方は、蛇大嫌い?
田舎の神社は、海の蛇神様を祀ってます。
確かに姿形は嫌だけど・・・
毒が無ければ、石でも投げつけたらよろしいかと。
ゆうさんへ (だんだん)
2017-07-02 18:26:42
実は私も、コバンソウ初めて見ました。
写真を調べて分かったけど、ほんとの大判小判ならねぇ~

友だちと一緒が良いんですが、都合があるでしょ。
それで一人の方が動きやすいんです。
恥ずかしながら13日で、その旅友さんより10歳上になります!
7月は男子孫が21歳。女子孫が19歳に・・・
3人まとめてしてますね。
山小屋さんへ (だんだん)
2017-07-02 18:32:09
いつも花の名前に四苦八苦で!
きっと教えて貰えると、頼りにしてます。
ありがとうございました
兜岩への道は、愉しいハイキングどころでは無かったです。
山保険なんか無意味に思える怖さでした!

あ、重箱の隅突かれましたね。
木槌ね、了解で~す。
日本三奇橋 (シクラメン)
2017-07-02 19:28:10
だんだん様こんにちわ。いつも元気の出るブログを見せて頂きありがとうございます。三奇橋。面白いですね。錦帯橋しか知りません。昨年秋に行った大歩危.小歩危の橋も変わっていました。結局渡りませんでしたが。コバンソウ沢山咲いていましたね。先日混声合唱ミニコンサート行ってきました。会場と一緒に歌うのもありました。
こんばんは! (維真尽(^^♪)
2017-07-02 20:23:15
そば打ちも
やられるんですか!
すごいですね

やってみたいものです (=^・^=)



Unknown (hirugao)
2017-07-02 21:08:52
凄いですね~コバンソウ
我家にも咲いています。
この橋の写真見たことがあります。

いつもいろんなことに挑戦で素晴らしいですね。
こんばんは (wingtom)
2017-07-02 23:29:22
コバンソウ
最近は見なくなりました。
どこに飛んで行ったのだろうか?
猿橋
聞いたことはありますが
見たことないです。
立派な橋のようですね。
かなりの補強が必要なのですね。
Unknown (sumomo)
2017-07-03 12:17:59
コバンソウ、最近ウォーキングや見学で山に行くたびにいっぱい見ます。
名前の通りコバンソウですね。
猿橋・・・・すごい橋ですね。このような写真が見れただけでもありがたいです。
とにかく立派な橋です。橋の下を通る遊覧ボートもあるのですね~。
Unknown (山小屋)
2017-07-03 16:22:58
再訪です。
黄色い花はヒメヒマワリと判明しました。
別名:キクイモモドキと呼んでいます。
北アメリカ原産の帰化植物です。
初めまして。 (Minoru)
2017-07-03 19:45:16
こんばんは。猿橋、一度行きたいと思っていた橋です。この建築様式が素晴らしいですね。koyuko 様やのんのん様のブログに出て来る方ですね。
 他にもsumoimo 様菜桜様シクラメン様、ブロ友が居ました。
koyukoさんへ (だんだん)
2017-07-03 23:34:08
じとじと天気が続きますね。
友だちが即付き合ってくれたら、良いのですが・・・
急な誘いは困るだろうなと、独りが多いんですよ。

富嶽十二景の山は、猿橋や鳥沢利用しますよね。
梓川が好きで、また行っちゃいました~
岩殿山の兜岩、平気でしたか?
野いちごさんへ (だんだん)
2017-07-03 23:42:19
ぜ~んぜん、動き悪いんですよ。
ただ、急に思い付く癖がありまして~
兜岩によくぞ登ったと思います、想い出すとゾゾーです。

野いちごさんに言って頂くと、混声合唱をやる気が出てきました♪
ちょっと古過ぎるけど、ソ連時代の赤軍合唱団のレコード持ってます。
夫がロシアで貰ったのですが、素晴しい!

コロンは家族しか知らなくて、行くと飛んで逃げます。
しばらくすると、抱っこ出来ますけどね(笑)
紅さんへ (だんだん)
2017-07-03 23:51:10
足取りも軽くルンルン~、と言いたいけれど。
年齢と共に、動きが悪くなるばかりですよ~
錦帯橋は行って無いけど、岩国城もある観光名所ですね。
紅さんの旅は、ほとんどが鳥撮が目的だったんですよね。

歌へのモチベーションを失わない為に、混声は魅力を感じます
鰹節器でうまく切れるか、心配なんですよ。
ひーちゃんへ (だんだん)
2017-07-03 23:56:46
コバンソウ、実は初めて見て調べたらすぐ分かりました。
大判じゃなくて小判なんですね、何故かなと気になったりして

サワオグルマを山小屋氏が調べてくれて、ヒメヒマワリ(キクイモモドキ)と分かりました。
ピンクはムシトリナデシコなんですね、ありがとうございました♪
のんのんさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:01:28
以前、貴女も猿橋へ行かれましたよね。
鳥沢から歩いたら、景色は田舎ですが川の流れに癒されますね。
やはり都会より田舎道が良いなと、つくづく思いました。

母上さまはうどんの名手。さぞ美味しかったでしょう
うどんは寝かせるので、時間がかかってつい蕎麦ばかり打っています。
本気で出汁をとる人は、鰹節は必需品ですよね。
菜桜さんへ (だんだん)
2017-07-04 00:07:06
錦帯橋は、岩国城とセットみたいな観光地にありますね。
猿橋は山里にあり、ちょっと目立たないかも・・・
おサルさんが手を伸ばしてる感じですよね

鰹節で出汁をとっているんですね、わぁ本格的ですね♪
削り器眺めて、頑張ってみようかなと思ってます。
シクラメンさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:14:01
元気でも無いけど、元気なフリは上手です(笑)
錦帯橋は観光地で有名ですね、猿橋は山里で寂しい感じですよ。
ツアーバスが来てるのには、びっくりでした
租やのかずら橋のことかな。渡らなかったのはもったいない!
カズラを編んで作った橋、行って見たいです。
相変わらず、歌のモチベーション維持に足掻いてます~
維真尽(^^♪)さんへ (だんだん)
2017-07-04 00:16:33
出雲、割子蕎麦作るのが念願なれど・・・

黒いそば粉を、一度失敗しまして
いつ出来るやらなんでございます。
hirugaoさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:19:29
お庭にコバンソウですか。
それは目出度い~
大判小判がザックザク・・・何言ってるんでしょうか、私は

猿橋は、写真ではよく紹介されてますね。
wingtomさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:24:11
長くもなく危険でもなく、この橋の何処が奇抜なのかと思いますよね。
川に下りて見上げると、サルの手繋ぎみたいに見えるんです。
コバンソウ、どっかへ飛んでっちゃったですか
大判じゃないところが、ミソですね。
sumomoさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:29:06
今は何処でもコバンソウ見かけるんですね。
そういう私は、今回初めて見ましたが・・・
価値ある小判なら、嬉しいですね~(笑)

猿橋は目立たない山里に架かっています。
山の行き帰りに利用する橋です。
こんな奥までバスツアーが来ていて、ほんとに驚きました
山小屋さんへ (だんだん)
2017-07-04 00:33:49
丁寧に調べて下さったのですね、私は放ったらかしにしたのに。
きっちり名前が分かり、ストンと肩が落ちました。
早速記事訂正しました。

感謝します。
お礼は、しょっぱい梅干しでよろしいでしょうか
Minoruさんへ (だんだん)
2017-07-04 00:39:12
初めまして。ご訪問をありがとうございます

共通するブログ友さんがいらして、とても楽しみです。
明日、ゆっくり伺いますね。
Unknown (tona)
2017-07-04 08:37:24
猿橋、この間チャンスを逃した所。残念に思っていました。
お一人でさっさと行動されたのですね。脱帽です!
途中色々な花を探して歩くのも楽しいですね

コロンちゃん、いつ見ても可愛いですね。癒し系。
実家にしかなかった鰹節削り器、懐かしいですね。これから削るのですね!
tonaさんへ (だんだん)
2017-07-04 20:39:12
猿橋行き損ねたのですか、残念でしたね。
私も橋脚の細かい仕組みを見て、感心しました。
梓川へも下りて、ゆっくりしたのは初めてでした。
山の行き来で通り過ぎるだけでしたから~

鰹節器、何だか急に主婦よ頑張れと言われたみたい。
でも削れば、味が良くなりそうですね。
アイドルのコロン、部外者には最初は人見知りするんですよ(笑)
Unknown (tombee)
2017-07-10 16:06:26
岩殿山・・二度稚児落とし行きましたよ^^
弱くそのtombeeでも大丈夫でした。
だんだんさんなら走っていける^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL