kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

ふるさと祭 in Tokyo Dome

2017-01-16 | Weblog


夜のドーム   1/14

 

毎年東京ドームで開催される「ふるさと祭」 今年こそはと友だちとチケット申し込んで行ってきました。

その前に「島根物産展」が東急東横店で開催中。先に行ってきました。

 


盛況です

 

石見銀山近くでギャラリーもされている方が、コーナーに作品を出店されていました。

山歩きで三瓶山を知る山小屋さん、同じくブログ友のTombeeさん繋がりで紹介された方。

初めてお会いしましたが、懐かしさが込み上げました。

水彩画や、自然の木の実や河原の石ころに細かい工夫がされてます。

 


通称takaさん♪
山野草の水彩画が素晴らしい! 指定植物保護対象のウメガサソウに目が留まります。

 


一緒に歌いたくなる木の実合唱団。こんな形の木の実だそうで糊でくっつけるだけ。可愛くて購入♪

 


昼食は割子蕎麦。茶房は松江でお馴染みで抹茶の「大ぶく」もご存知でした♪

 

和菓子、海産物、工芸品など見慣れてるので、買い物はしませんでした。

ドームで友だちと落ち合うため、通称takaおじさんにお別れしました。

毎年来るとのことです、来年もお逢いしましょう♪

流れていた民謡「安来節」「関の五本松」「しげさ節」に後ろ髪引かれながら・・・


ふるさと祭はお目当ての石見神楽は終わってましたが、各地の民芸を楽しみました。

 


キルト展に来てから2度目です。お祭り広場に陣取りました。

 

これから始まるのは「沖縄エイサー」「高円寺阿波踊り」「秋田竿燈祭」「青森ねぶた」

そしてメインが夜の「スペシャル青森ナイト」初めて観る演目に夢中で写真は少しだけ。

鳴り物で盛り上がるのに、伝えられず残念

 


高円寺阿波踊り・大迫力の男踊り&女踊り

 


子ども踊りも加わり総出演

 


秋田竿燈祭・50kgの竿を頭、腰、手だけで支えるのでハラハラドキドキ!

 

 

 


青森ねぶた・踊り手は跳人(はねと)と呼び、会場からもラッセーラ~の掛け声で応援。

 


北の大地に舞うねぶたが目の前に!

 


休憩がありひとまず外で夕ご飯。

 

 

友だちは蕎麦寿司御膳。今日は蕎麦三昧も良いかなで同じものにして。

夜を目指して来場する人がいて、徐々に混雑してきました。ねぶたの続きを見て次は津軽三味線が控えています。

 


跳人参上(画像悪しでパブリックビューイングでどうぞ)

 


熱気最高潮!

 


突然アクロバットが始まりました。リオ五輪の閉会式で評判になった「青森大学体操部」の演技でした。
青森太鼓を叩くすれすれを飛び越えサーカスみたい!

 


三味線大合奏

 

まとめるつもりで編集しましたが…何これ! みっともないですね・・・

津軽じょんがら節も含めて、超絶技巧の三味線鳴らしに拍手喝采

三人の民謡優勝者の歌にしびれました、全員が三味線も太鼓も弾けるという凄い集団。

 

 

どっぷり満喫して心はホッカホカ、でも外へ出ると夜風が身に沁みました~

 

 




 

 

 

 

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

祝・成人

2017-01-12 | Weblog


大月・百蔵山登山口にて   1/11

 


県境を越えると積雪の風景でした

 


飛行機雲

富士山を正面に見たくて、衝動的に大月へ向かいました。
富嶽十二景の一座「百蔵山」の浄水場から飽かず眺めてきました。

 

 

新年の挨拶だけして逃げておりましたが・・・

ニューPC始動に手間取り~なんてのは口実で・・・ブログをしない日々もまた佳きかなでした

スマホで撮った写真を、縮小無しでアップロード出来るフェイスブックに、すっかり嵌まり込んでました~

2006年からスタートしたブログ、11年目の今年も綴りたく思いますので、宜しくお願い致します。

 

例年と変わらず家族11人揃い踏みで、地元の谷保天神に初詣して今年が明けました。

 


元旦の谷保天満宮

 

初孫が成人を迎えたお目出度い年でもあります。 

スナップ写真で良いという娘に、実に残念ですが逆らうのを止めました。記念なのにと思いつつ・・・

長女と母が決定的に違うのが、こういう場面の価値観。

自分たちの結婚も、役所に婚姻届け出して終わりにされるところだった!

せめて写真撮ってと懇願して、やがて父親の「簡単で良いから式をしろっ」の一喝!

で・・・白無垢姿を見ることが叶ったのでした。あの時は親が勝ったけど、もう好きにしていいよ~

 


二十歳の春

 

 


ささやかなお祝い金と定番の赤飯

 

お節の残り物利用もぼちぼちおしまいです。貧乏性で捨てることが出来ないのです

 


黒豆の汁利用の寒天。牛乳寒天と合わせたデザート。

年越し蕎麦の切れ端で゛きりたんぽ”もどきを作り、甘味噌だれ付けて美味しかったですよ。

 


蒟蒻芋が手に入り手作り。(以前ひと口齧ったら、口が痺れお腹の中で暴れた過去あり。生は毒性あり!)

 

松の内過ぎた頃から、スケジュールに書き込む予定が増えてきました。

高齢者を自認しながら、元気に生きたいですね。皆さんの今年の健康にもエールを送ります♪

 

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も宜しくお願い申し上げます

2017-01-05 | Weblog

 

遅ればせながら 明けましておめでとうございます。

ポンコツPCにお別れしました。

新規購入したノートパソコン立ち上げの最中にて~

速やかな操作が出来ず手間どっております。

しばらく正月休みにさせていただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良いお年を~

2016-12-27 | Weblog

 

今年もあとわずか・・・

年の瀬に火災で焼け出され、我が家を失った人々。

災害の痛手を引きずったままの人々。

世界も殺伐とした未来しか見えない今日。希望を失わずにいたい。

小さな幸せに夢を託しましょう。 

 

どうぞ良い新年をお迎えください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Handel・Messiah

2016-12-26 | Weblog


 

 

コンサートを成功裏に終えました。満席のお客さまに、音楽のクリスマスプレゼントです

何と4段の山型が運ばれて、椅子に座ることになりました。立ちっ放しから解放されてみんな大喜び。

しかし最後列で目立たない筈が、見え過ぎーー!

狭い舞台でそんな余裕あるのかと思ったけれど、こうして見ると様になってますね

二部ではティンパニとトランペットも加わり、最後のAmenに至るまでリラックスして歌うことが出来ました。

バックで待つ合い間、バロック音楽の音色と、ソリストの素晴らしい歌声に聞き惚れていました。

客席に曲の歌詞対訳が配布され、メサイアの意味を熱心に読む姿が見られました。

写真は、家族が客席から撮りました。

 


オケの面々に拍手

 


アルト・ソプラノ・テノール・バスのソリストにも盛大な拍手 

 


総合指揮者として活躍される先生。地元の重鎮です♪

 


地元の友だちと、我がサークルでピアノを担当する先生も聴いて下さいました。

長女夫婦と家族にも、半年間の練習成果が伝わったようです。だんだん♪

指揮者を見るより楽譜の追っかけで精一杯だった…これじゃ駄目ですね。

次のチャンスには、顔をあげて歌いたいと期しています。

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

火の用心!

2016-12-23 | Weblog


駅ホームから富士山を見る   12/21 17:00

 


駅に行く途中の坂の上にて

素晴らしい夕焼けに出逢った!

 

 

 

糸魚川の大火事は、鍋をガスにかけっ放しで近くの自宅に戻ったのが原因だった。

推定150棟が灰と化した。市街地延焼面積は、1976年の酒田市の大火以来だそうだ。

家を出て鍵をかけて歩き始めて・・・はて、ガス消した? これがよくある。

 

どうにも心配で引き返し、消したのを確認して安心する。

 

これから鍋物の多い時期になる。小さな火でことこと煮ると、いつの間にか消し忘れが起きる。

 

最終確認が絶対必要と、改めて思った大火だった。

 

 

 

 

 

長女の誕生日は、大きな孫2人も貰い物にありつこうとやって来た。

ケーキと超デカステーキでゆっくり長く愉しんだ。

今年の誕生行事はひとまずオシマイ。

 


鬼ユズも一緒にポン酢作り~

 


昆布、鰹節、醤油、ユズ酢を合わせて、3日間冷蔵庫に寝かせて完成。
皿の上は鬼ユズの白い綿。ピールにする量は出来そうだ♪

 

コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

自然の中で忘年会

2016-12-20 | Weblog


武蔵五日市の空   12/20

 

本来忘年ハイキングとなるべきですが、ハイキングが抜けてしまいました

山の上で忘年うどんパーティーが恒例でしたが・・・年々、身体が楽なほうへ流れてしまいまして~

去年は日の出山から下って、男性メンバーの実家の庭をパーティー会場に借りました。

実家は東京郊外の方にはお馴染み、つるつる温泉の近くです

前日にうどん材料やお酒を、車で実家に運び込んでおくという手際の良さでして・・・

今年はついに山をパスして、田舎でアウトドア気分に浸る騒がしい集団。

 

彼のお兄さん夫婦は快く道具を用意してくれます。昔使った名残りの生活用品があるのです。

庭に大釜を持ち出して、薪を燃やしてうどん食べるのが病みつきになります!

ハイキングはしないと分かって、夫もにわかに加わりました。

 


整理整頓された家周りです。外トイレも完備してあります。

 


早速火を起こす

 


弟である彼は造園に心得があり、竹を裂いてちゃっちゃと皿とお箸を作りました。
アユの塩焼きとキノコも用意します。

 


竹皿がグラグラしないよう、薪で窪みを彫ってバランス完璧♪

 

 


各自が丼茶碗みたいなのや、可愛い味噌汁椀やらさまざまで~す♪

 

お腹いっぱいで、さすがにお餅入りの汁粉は取り止め。

しばし放心状態でしたが、やがてコンサートもどきの始まり~始まり~

 


舞台は沖縄・三線の音が流れていきます~

 


こちらの彼女はハーモニカ。ステージでは低音部担当が多い。

 

急に歌いたくなったワタクシ…いきなりイタリア語なもんで周囲はポカン!?

しかも全く高い声が出ず・・・全員が引いていくのが分かり大恥かいたわ! 

帰宅後の夫「あれは何だったの?」「お酒で喉ガラガラだったの…魔が差した!」

 


皆さん若いですね

 

裏山に鈴生りの柚子をお土産にして、お風呂にも浮かべていい香りでした♪

 

今年は事情が許さず、数えるほどしか参加出来なかった。

2月「伊豆修善寺・達磨山」 4月「秩父・岩根山の三つ葉ツツジ」 6月「三頭山」 10月「八海山・女人堂」 

たった4回、侘しい限りでした。

来年は12年めに突入する「えごの樹ハイキング」 病気や怪我に気をつけて、お仲間に付いていきたい。

 

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

見上げてごらん夜の空を~♪

2016-12-15 | Weblog


12/14日の満月

 

ちょっとおどろおどろしてる空だけど、月は綺麗に撮れました。

天気が良く風がある夜は、星もキラキラ月もくっきり  

 

 

今月が誕生日の長女と、X,masを兼ねてのプレゼント選びに行きました。

帽子好きな彼女にお洒落なの見っけ♪ クリスマスまで開けるのはお預け。

成人式を迎える男子孫の服装や、年末年始の予定などゴチャゴチャと話しがいっぱいありました。

来週の祝日に孫も来てお祝いの予定。翌日はリハーサル、その翌日が本番。

忙しいじゃないの!

 

 

名古屋土産・ノリタケのコーヒーカップを渡しました。

使い慣れたカップを割ってしまったらしく、喜んでくれました

 

 


婿殿用には右の上品な感じにしました。
娘のカップは、左右に違う果実が描かれています。

 

後ろに見える岩合さんの「ねこカレンダー」 もう買ってありました。

 


 


コロンはとっても元気♪

 

 

今年最後の蕎麦打ちに13人も集まり、実習室のテーブルが足りなくなるという騒ぎでした!

キッチンの台にのし板を運んで、事なきを得ました~

 

 

蕎麦の道具ってかさ張って、車無しでは運べないんですよね~

年越し蕎麦用に全員が粉を買って、帰りはずっしり重たくなりました。

 

 

 

 

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

あと3回♪

2016-12-11 | Weblog


飛行機雲が空を一直線に切り取っていく。   12/11

 


サルスベリの実かな?
(センダンの実と教えて頂きました。ありがとうございました)

 

6月から週一で稽古に励んだ「ヘンデル・メサイア」 

本番前日のリハーサルを含めて、あと3回を残すのみとなりました。

来週はメサイアの特別レクチャーも受ける予定。もっと早く受けたかったわ!

前回から市民弦楽奏団数名が加わりました。「ヘンデル交響楽団」は本番前日から参加。

年末はあちこちの演奏に飛び回って、忙しいのだそうです。

混声合唱はベテランの賛助出演者も参加して、響きに厚みが出てきました~

 


ホールは週末の催しで使用出来ず、暑い最中もギュー詰めで練習したBホール。

 


今回はアルトパートで参加。

 


ホールの席順決まり、わ~い、後ろだわ♪

 

16曲の流れをやっと理解したワタクシ。自信を持って歌うところまで達していません。

2時間半(休憩ありで約3時間)を音譜追いかけて俯いてるでしょう

 

 


合唱団のみの写真撮影

 

パンフを見る機会の無い人もいるし有料だし・・・けれど、団員の意気は盛んです。

残念なのは、月に2度集まるサークルのお仲間は、広く音楽を聴くことに関心が無いこと。

グループだけで愉しむことに満足しています。モチベーションの違いは大きいです。

 

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾一周スペシャル・最終回

2016-12-06 | Weblog


旅の途中で虹が立ちました

 

11月30日。最後の台北巡りをしたら日本に帰ります。総合土産物店でお買い物。

蒋介石を顕彰する「中正記念堂」に行きました。「中正」は蒋介石の本名で、記念堂の高さは70m。

 


蒋介石が没した89歳に合わせて89階段になっている。現在外壁の修復中。

 


左右の衛兵が総統を守っています。1時間おきに衛兵交代式があるらしい。

 

アジア的な色彩鮮やかな「龍山寺」 ここが最後の寺見物になりました。

 

 


面白おかしくガイドする曹さんに、熟女がたかってます(笑)

前よりも薄いピンク色のシャツですね。台北に家がある彼は、夜のうちに一度自宅に帰りました。

着替えてきましたよ~ 何枚ラガーシャツ持ってるんでしょう、余計なお世話だけど

 


故宮博物院

 

今年9月から12月まで、期間限定で撮影許可になりました。フラッシュ焚くのは厳禁ですよ

さすがに世界中の人が訪れていますね。2時間を充分に使って回りました。

ほんの一部ですが載せておきます。

 


レシーバー付けて、曹さんの小声の説明を聴きながら見て回ります

 

あまりにも有名な翡翠の「翠玉白菜」をカメラに収めることが出来ました。

 


日本で展示していた時に一度見ました。でもまさか昆虫がいるとは知らなかった!

 


角度を変えると分かりました

 


皆さんはご存知だったでしょうね。初めて知って感動!

 


龍の爪が5本あるのは皇帝の象徴。
右の3本爪は一般の陶芸家の作品。、名品として皇帝に認められる場合がある。

 


黄色の器は王の纏う衣装の色。

右上下は抹茶の夏茶碗。茶の湯も日本に伝わり、今では流派も多く独自の文化になりました。
(義母から貰った夏茶碗に漬物をよそって出したら、大変な剣幕で怒られた 昔のオハナシ…)

 


最後の昼食は代表的な小籠包。毎度ビールで乾杯!

 

 


18年ものの紹興酒が美味しくて、小さい壷で買いました~

 

何処がどこか忘れたけれど、出てきた画像を載せます。

 

 


アパートにへばり付く民家が今にも崩れそう!

 

 


松山空港。夕方のフライトで機内での夕食でした。

無事旅を終えました。友だちにも謝謝!!

 

「追記・戦後の台湾について」

★日清戦争後、1895年から台湾は日本の統治下に入った。
伝染病のはびこる不毛の島だったが、日本人が治水や道路などの各種インフラを整え、病院や学校などを多数建設。
わずかのうちに台湾は内地(日本)と同等以上に発展した。
治安が回復し、台湾人と日本人は一体となって幸せな時代を過ごした。


★ 国民党の植民地支配

ところが、日本の敗戦によって台湾の運命が変わった。
降伏した日本軍の武装解除のために、大陸から蒋介石の国民党軍がやってきた。
台湾人は日本の統治から解放され、大陸からきた同胞と共に、新しい台湾を作っていけると思っていた。

しかし、期待は無惨に打ち砕かれた。

国民党軍は、日本軍が建設した統治機構や莫大な資産を乗っ取り支配した。
台湾は、民度の劣る側が統治するという珍しい国になった。
ろくに字も読めず、汚職や強奪が当たり前のシナ大陸の者が、行政や経済を握った。
台湾は極度の混乱に陥り、
治安は悪化し経済も崩壊し、物価は高騰し民衆の生活は窮乏を極めた。


★台湾人(日本人)の蜂起

色々な物産品を、国民党の資金源にするため、あるいは役人の私腹を肥やすために専売になった。
煙草は軍が買い占めて、庶民はやむを得ず闇タバコを売買していた。
ある日、取締員が闇タバコを売っていた中年女性を見とがめ、そのまま往来で殴打、暴行した。

取締員は、懇願する女性を銃の筒先で失神するまで殴りつけ、女性からタバコと有り金全部を没収した。
あまりのことに激怒した群衆が取り囲んで抗議。取締官は逃げながら発砲し、死亡者が出た。
国民党政府の弾圧に耐えかねていた民衆の怒りに、火が着いた。

これがきっかけで「二・二・八事件」が勃発。敗戦から2年間続いた(wik参照)


日本人が台湾を故郷とする「ドキュメンタリー・湾生回家」 台湾映画「悲情城市」が腑に落ちました。

中国は「中華人民共和国台湾省」と定めています。しかし台湾は司法・行政なども確立した国とも言えます。

曖昧な立場から完全に独立を叫ぶと、中国が攻め入る恐れがありますね。

統治時代から台湾と友好的な関係を築いている日本は、今後も親しく行き来出来るのを願っています。

コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加