kumiの「だんだん」ブログ

「だんだん」は、故郷の方言で「ありがとう」という意味。

生きとし生けるものに★だんだん★ダンダン★   

恥をかいて己を知る!

2016-07-21 | Weblog


ヒマワリとコスモス   7/20

 

 

こんな恥ずかしいミスは久し振りだった!

運転免許証の更新が早いなぁ~またかと思いながら、最寄の警察署に出向いた。

手順どおりに進み、お金(3千円)を払って隣の目の検査窓口へ

係員の男性が、何故かジ~ッと通知葉書を見ているよ?

「貴女は40代ですか?」 わたし「いえ、70歳ですが?」 お互いに??マーク。

ひょいと覗き込んだら、何と次女の更新通知ではないか。!

宛名を全く確認しなかったのだ。来月が誕生日の彼女ゆえ、自分のものと思い込んでしまったのだ。

そこで初めて大間違いに気付いたが、制服組や手続きに人たちも何ごとかと集まって来る。

やってしまった・・・もう頭を下げて平謝りするしかなく

最初の窓口の女性が「若く見えるから分からなかったわ」と言ったおかげで、最後はお笑いのオチになった。

まさか40代は無かろうが、多少の救いにはなったのかしら。うっかりでは済まない不始末だった。

これから何度恥かいたら収まるのだろうか・・・

 

 

今日は友だちの家のWindows10が動かなくなり、我がPCのお助けマンに呼び出しがかかった。

彼を引率がてら私も上がりこんで、操作状況を見守るフリをした(全く分からない!)

ボランティアで出かけた彼女に言われて、セルフサービスで飲み物やお菓子を勝手に食べてきた。

 


旦那さまの操作を見守るPCマン。
コーラス発表会の録画もお願いしている人である。

 

 

梅雨明けがそろそろかな、猛暑に備えて都民の水がめは多少潤っただろうか。

郊外にはわたしが名前を知らなかった植物があって、判明するのが愉しい♪

 


キクイモモドキ

 


オイランソウ(花魁草)

 


ブッドレア

 


左は自宅のフウセンカズラ(花も大好き♪)                 パープルハート

 

コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

初投票した孫

2016-07-17 | Weblog


特注したケーキ(30cm)で3人分のおめでとう  7/16

 

 

家族の話題ばかり続いて恐縮ですが・・・今日もどっぷりの風景です

息子一家は金曜日に来て、土曜日のお昼を食べた後にさっさと帰っていきました。

お嫁が午後から仕事の勉強会、小学生の兄弟孫は、翌日(今日)がサッカーの試合だそうで~

(夜、お嫁から勝ったと連絡あり。雨降らなくて良かったね)

 


良いタイミングで信州から「波田スイカ」が届きました。

 

結局すれ違いで、夕方長女と子どもたちが来て、ワイワイ騒いでいきました。

婿殿は今回も海外出張で、朝晩の気温差が激しい国に滞在してるようです。

 


恒例の焼肉パーティーに、手打ち蕎麦と赤飯、それにキューリのQちゃんも作ってみました。

 

田舎の風習に倣って七夕は8月7日。みんなが来たら短冊に願いを書かせようと待ってました。

10人全員が書きましたよ。もう笹の葉が何処にも無くて、仕方なく部屋にベタベタ。

 

昔は稲穂が実る頃の早朝、子どもたちは器を持って田んぼに入りました。

朝露を器にすくって、その露で墨をすって短冊に願いをしたためました。

現代っ子はマジックペンです 風流な時代は今いずこ・・・

 


まるで幼稚園のお飾りだわ~しかもキランキランのデカイ紙。
 虫眼鏡で見ないで下さいませ、とんでもない内容で笑っちゃうから!!

 

 


真ん中が邪魔ですが・・・

 

男子孫・7/12日に20歳選挙権を得て期日前投票しました

遅れて来た彼は、何とお花をプレゼントしてくれました。黄色と白の菊の花を・・・

家族のリアクションをご想像あれ、大爆笑の場面でした!

花屋で迷う姿が浮かんでジーンときました。いいじゃないの、綺麗ならばね♪

仏前に手向ける時期だから、沢山菊があって思わず手が出たんでしょう。

どうせいつかは死ぬから、練習と思えばよろしい。でも可笑しかったこと!

 

女子孫は7/6日で17歳。そろそろ先を見据えて、オープンキャンパス見学に忙しい。

ワタクシ? 年はともかく、お祝いケーキは三分の一とばかりしっかり戴きました。

チビっ子が食べ損なったケーキの残りは、お土産に持たせました。

  

短冊をゴミに出すのは惜しいけど、いずれは始末しないとね。

何処かの川に、そっと流そうかな。 

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

通り過ぎた年月

2016-07-14 | Weblog


ホテオアオイ(水生植物)

 


カサグランデ(カサブランカの仲間)

 

 

退院出来る筈の義弟が、今度は血液サラサラの薬服用で異常あり。

せっかく足が治ったのに、退院はまた延期でへしゃげておりました。

まさかのことに夫までも! とある部分が痛いというので、行きたくもない泌尿器科に

膀胱炎でございます、とことん病院に縁のある兄弟です~

無事に法事に行けますか、お父さん? もう両家に日程を連絡しちゃったがね!

 

昨日が誕生日で、とうとう大台に乗りました。おかげさまで支障なく暮らしております。

お祝いなんぞしたくないから、そ~っと通り過ぎてまいりましょう。

今日も元気に蕎麦打ちでした。一心不乱に麺を捏ねて延ばして切って…無の境地に浸るのが嬉しい♪

ちょうど良いタイミングで、明日からの連休に家族が来ます。蕎麦の量を増やしたから、沢山食べてね。

 


1kgなら彼らのお腹も満たしてくれるでしょう。

 

土曜日も別家族が合流する予定で、今夜から下準備。

孫たちが大きくなって、10人以上の賄いが急には浮かばぬお婆さんです。

 

 

 

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

心揺さぶる声

2016-07-09 | Weblog


ギボウシ  7/6

 

少しお休みしたおかげで、家事がはかどりました。ふぅ~、暑かった!

義弟はむくみが徐々に収まり、退院が早まりそう。良かったね♪

 


昨夜は友達と隣市のホールに出向き、いまだかってないほどの声に酔いしれました ♪

国分寺市長と小金井市長、教育委員会の方も鑑賞されていてビックリ!

国分寺市長は「凛」の合唱が好きで、追っかけしてるそうな~

 


 

合唱団「凛・りん」は15人ですが、声楽科出身者が多く、ピアノにも秀でているメンバーが数人います。

指揮者は、私が現在練習に参加している「X,masに歌う・メサイア」の指揮者でもある市瀬先生。

宗教音楽の指導に長けた、日本合唱指揮者協会会員で、地元では大御所ですね。

「メサイア」はX,mas当日まで毎週稽古があり、凛のメンバー数人も練習でお目にかかってるんです~

「凛」の特徴はどのパートも歌えることが原則。本番でいきなり、アルトから別パートに変えることがあるらしい。

ハイレベルな女性合唱で勉強になりました。サークル仲間がもっと大勢聴いてくれると良かったなぁ~

チャリティコンサートの訳は、東日本災害以降、寄金を現地の商店街へ直接持って行くからとのことでした。

活躍を期待しています。

 

そして休憩を挟んだ第二部に、ゲストのバリトン歌手が現れた時は、会場に思わずどよめきが起きた!

スリムな体躯からの第一声は、ホールの隅々まで震わすほどのボリューム。驚愕のバリトンでした。

バリトンはテノールとバスの間の声で、非常に音域が広く、ハイ・バリトンとバス・バリトンとも呼ばれます。

ジョルダーノとヴェルディのオペラ曲、内容よりもその圧倒的な声に打ちのめされた感じ

日本の代表的な歌曲「出船」と「平城山」も嬉しい選曲。歌曲の真髄を聴きました♪   

写真は演奏後のロビーで撮ったので、ボケてしまいました!

 


イケメンの「ヴィタリ・ユシュマノフ」さん

 

★ヴィタル・ユシュマノフ★

サンクトペテルブルグ生まれ。マリンスキー劇場のソリストに抜擢される。
ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽院に学ぶ。
在学中に、オペラ音楽祭で「ドン・ジョバンニ」の主演で成功し、各地で公演。
2008年にマリンスキー劇場の公演で来日して以来、日本歌曲に魅せられ「塚田佳男」氏に師事。
その後度々来日し、ソロリサイタル、ジョイントリサイタル、オーケストラ共演など、各地で演奏。

2015年から日本に拠点を移し、デビューアルバムをリリース。
一般財団法人地域創造の、公共ホール音楽活性化事業のアーティストに選ばれる。
日本トスティ歌曲コンクール一位。各地でオペラのソリストを努める。

「女性アンサンブル・凛」とは、作品のロシア語指導をはじめ、国分寺市で開催のコンサートで共演が多い。

 


CD販売は大変な売れ行きで、握手会もありました。

 


日本語も上手です♪

 

主催の合唱団よりも彼に人がたかっていて、CD買うのを諦めました。でも握手したかったな

幸せな宵でした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

車検に出した愛車。ついでに勝手に付けた傷も、思い切って修理を頼みました。なんせ、サビが出まして!

主さんは助手席に乗るだけの方で、自動車に関してはノータッチ。保険会社との交渉も妻任せなのです。

家計費の振り分けは主の一存で、文句は言わせない口調に手も足も出ない歴史があり・・・

彼の入院で引き伸ばしていた両家の法事に、秋には夫婦で行きます。お金がかかり、イタタタ!

1週間は軽乗用車の代車でした。新車でフル機能に興奮して、買い換えようかと思ったほど・・・

軽と言えども、エンジン音以外は快適な乗り心地ですねぇ。毎日乗り回してました~ 

 

想定内ではあった修理費だけど…今後の活動は制限されそうです

小出しのお金は何とかなるけど、遠方への帰省はただ事ではございません。

楽しみだった宿泊ハイキングも諦め、無事年越しする為に切り詰め財政になります。

 と、愚痴を晒けましたが、密かに遊ぶぞーと狙っています。

コメント (52)
この記事をはてなブックマークに追加

雪花冰(シェーファオピン)

2016-07-03 | Weblog


雪花冰(台湾のカキ氷) 7/2

 

去年11月に友達と訪れた「大宮・盆栽村」。その折りの記事は→盆栽村

気温が急上昇した昨日、リクエストに応えて、サークルのメンバー5人と行ってきました.

「盆栽美術館」「埼玉歴史と民族の博物館」「武蔵一ノ宮・氷川神社」を一万歩以上歩きました。

埼玉県の大宮は関東圏では気温が高く、急上昇した昨日はもう暑くて暑くて

身体を冷やしたくて、最後に寄った喫茶店で食べたのが台湾で大人気のカキ氷。

日本の食感とまるで違う美味しさですね。台湾語で書くと「雪花冰・シェーファオピン」 

牛乳・練乳・ココナツミルクを混ぜ合わせて凍らせたのを、カキ氷にすると、ふわっふわでとろけそう。

普通のカキ氷は、頭のてっぺんがキーンとして食べられなくなったので、これはファンになりそうです。

色々と写真撮りましたが…他の画像は機会があれば載せることにします。

 

 

抗がん治療も順調にいっている義弟が、一昨日再入院。今度は両足がパンパンに膨れて歩行困難!

原因不明の「深部血栓症」 エコノミークラス症候群でも、発症することがあるそうです。

足以外は問題なく元気ですが、2週間の入院予定です。落ち着かないので少し間を空けたく思います。

今日は灼熱地獄ゆえ、涼しげな苔とお花を載せておきますね。

 

 

 


 
 



 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明暗が分かれた・・・

2016-06-27 | Weblog


グミ(昭和記念公園近くで…)  6/24

 

雨のしずくを付けたまま、生きとし生けるものが顔を出しました。

 


ボヤケてるけど・・・ガマガエル

 

しばらく見なかったガマちゃんが窓辺まで来ました。そっとカメラ構えた途端、草むらに隠れてしまいました。

誰それのお祝い、受験合格、孫の出産などなど。良い兆しがあると現れる(と、思うことにしている

今は特別なことなーんも無いよ~あ、そうか、お父さんの快気祝い?

やっぱり守り神さまだね、ありがとう♪

 

夫は元気です。晴れ間になると、庭木を剪定して周辺を散歩して、行き着く先は?

現役時代からの常連である喫茶店へ 全ての新聞を読破。時にはそこでランチを済ませます。

しかし、同時期に胃癌手術した義弟は、ご機嫌伺いに行っても、季候のせいもあるでしょうが元気が無い・・・

そこで、大きなメロンを半分にしてあげようとしたら、果実大好きな彼が要らないって!

やもめ暮らしなので、食欲があれば差し入れ出来るんですが・・・

何も持たずに見舞いだけする日々。兄と弟、明暗が分かれたと実感するのです。

 

自分も身体がきつい年齢になったのを忘れてました。いったん沈んだ体調を持て余しています。

梅雨のせいにしよう・・・

 

何とか気持ちを奮い立てて、梅干し漬けました。

 


いい色になってきました。ユカリを沢山欲しくて、紫蘇を多く入れてます。

 


夏みかんの蜂蜜漬け。汁は夏場に炭酸で薄めて飲むと良いそうです。

 

マーマレードは今年はパス! 空瓶だけが空しく並んでます~

BSTVで「晴れ・時々ファーム」を観てますが、ご存知ですか。

田舎好きなタレントの男女が、週末を住み込みで有機野菜や稲作り、他に何でも手作り。

先日の番組では、夏みかんに群がる蜂が巣に運んだのを、自ら取り出していました。

甘味の多い夏みかんを蜂蜜とコラボさせたものを、瓶詰めして美味しそう♪

我が家の蜜は安物だけど、蜜柑が甘くて美味しいんですわ。柑橘系が駄目なのに、何個も食べてしまいました。

 

 

義弟にあげ損ねたメロン。夫が朝晩必死で食べています。実は娘と母は食べないのです。

娘は単に果実はどうでも良いほうで、お弁当に義務的に入れちょります

私はキウイも駄目なのです。喉がイガイガしてかすれ声になる!

客があった昔に、とっておきのマスクメロンに生ハムを乗せて喜ばれました。

美味しいけれど、その後から喉がかすれて騒ぎになったけん!

キウイはひと口でおかしくなって、もう食べていません。気管に合わないらしい・・・

ところで、キウイは山に行くと見かける「サルナシ」からの品種改良って知ってましたか?

中国から伝わったもので、キウイより甘い味がしました。

蓼科辺りで小さな実を食べたけれど、すごく美味しい。喉は何ともなくて平気(理由は分からない)

 

       
サルナシの花                                     実はとても甘い

 

       
キウイの花                                    実

 

花も実も似ていますね、ガラスの器に盛られたデザートに、キウイの緑色はアクセントになります。

果実が苦手なお婆は、凄く損してるなぁ~

 

コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加

Strawberry Moon

2016-06-20 | Weblog

          
ストロベリームーン   2016,6/20                       ネット画像を拝借

 

夜空を見上げると良いことがありそう~曇り空でも見えたよ。ストリベリームーン

見えたことは見えたけど…似ても似つかない写真しか撮れなかった(ただの月!)

夏至が近い時だけに見られる満月。この月を見ると幸せになれるそうだ~

ネイティブアメリカンが、6月に収穫されるイチゴにちなんで名付けたとされる。

 晴れていれば上の画像のように、イチゴになるけれど…ちょっと残念。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

休日の午後、友達の誘いで初めて朗読を聞いてきた。「野の会」が定期的な朗読会をされているらしい。

指導と演出は、劇団民藝の「田口精一」氏によると書いてあった。

年期の入った読み手から伝わる本の心に、触れたひと時。ずっと目を瞑って聞き入ることが心地良かった♪

朗読者は年配の女性二人で、詩集の朗読から始まった。

本番で選んだ小説は「藤十郎の恋」と「鼓くらべ」の長い作品を、見事に表現された。

菊池寛の「恩讐の彼方に」と「俊寛」は粗筋を知っているが・・・

ここで読まれた「藤十郎の恋」は、これほどに胸掻きむしる情念が迸るとは思わなかった。

鼓くらべは山本周五郎で、中学一年の教科書に載っているそうだ。頷ける結末である。

 

バイオリニストのお嬢さんが、2人が読み終える毎に、イメージに合う曲を奏でる趣向も演出だろう。

客も静かに入場して静かに退場するという雰囲気が、私は好きである。

 

          
スタジオの玄関。                             古楽器のリュートが架けられている。

 

中年女性が多い中に、見知った男性の顔を拝見すれども、名前が出てこない。

すぐ後ろに着席されたのをチャンスとばかりに、厚かましい婆さんをしてしまった!

「山と谷で、山谷初男と言います」「そうでしたね。お元気そうで良かったです」

「いやいや、もうあちこちボロになってまして」「いえいえ、そんな…」 

なんちゅう会話なんだ、知り合いでも無いのに!

そう、同じ地元に住む俳優さんで、脇役が多いが味のあるおじさんなのだ。

民藝では無いが劇団俳優として、普通は知らないスタジオもお馴染みらしい。

思わぬ余禄を楽しんでしまった。「昔の家」とある小さなスタジオでは、コンサートなどもあるそうだ。

 

往復徒歩の帰り道、ザクロと可愛いキャラクターを見つけた♪

 

 


ミッキーマウスの木

 


お鼻が隠れてしまった~

 

コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加

高幡不動尊のアジサイ

2016-06-18 | Weblog


緑のカーテンに植えたフウセンカズラに、可愛い花が咲いた。  6/17

 

 

梅雨の晴れ間に、日野市の「高幡不動尊」のアジサイを見てきた。

時たま訪れているけれど、紫陽花の時期に行ったのは何年ぶりだろう。

名所に恥じぬ紫陽花で埋め尽くされている。

裏山には自生のヤマアジサイが、溢れるほどに咲いている。これは嬉しいな♪

このアジサイを中心に見て回ろう。

 


高幡不動尊

 

境内の裏手からアジサイの小路を歩いて行くと。大玉や色とりどりの花が迎えてくれる。

 


アジサイの小路

 


隅田の花火

 


八恵のカシワバは初めてお目にかかった。

 


寺に咲くアジサイで、最も青が濃い。

 

ここからヤマアジサイのエリアを歩く。凄い数で一部しか紹介出来ないけれど・・・

金平糖・紅てまり・くれないなど、可愛い花に逢えた♪

 


これが自生のヤマアジサイ

 

以下に載せたヤマアジサイは、他の地域から集めて植えたようだ。

 

 

 

 

カキツバタが咲く池の岩場で、鴨が2個の卵を温めていたが…

ヘビがニョロッと現れて一個を飲み込んだ。一部始終を見るに忍びなく立ち去った。

 


シンボルの五重塔を別の角度から。

 

汗を抑えるサラフェを塗りたくって行ったけど、他人さまがケロッとしてるのに汗が止まらない!

この夏はどうなることやら~助けてーー

 

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

アメニモマケズ!

2016-06-15 | Weblog


原宿通りの姫リンゴ   6/1

 

「鶴瓶の家族に乾杯」 島根県・雲南と三刀屋の田舎でした。

お婆さんたちのズーズー弁丸出しの会話が、涙が出るほど懐かしかった。

温泉津温泉出身のYさんが都度ニュースを知らせてくれます。今夜も島根が放送される。感謝♪ 

 


月曜日は遠方へのハイキングが雨で中止になりました。

気が削がれていたところに嬉しいお誘いがあり、メンバー6人が「この指止まれ~」で行ってまいりました!

入園料(協力金)五百円のチケットを、お仲間が貰っていたのです。1枚で3人が使えます。

土砂降りの雨の中を明治神宮御苑の花菖蒲を鑑賞に 

 

★注(明治神宮)

面積約70万平方メートルの境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもの。
現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。
また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿がある。
「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿。
「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」武道場至誠館などがある。

 

長靴も雨具もずぶ濡れでしたが、雨にも負けずの心意気で鮮やかな色を楽しみました。

以下の写真はスマホ使用。花より雨が主役になってしまったけれど、ご了承下さいませ~

 


原宿駅降りたら雨が凄く降ってきた 

 


一ノ鳥居から、葵の御紋を潜ります。

 


拝殿へお詣り

 


振り返ると修復中の「桜門

 


東門

 


絵馬

 

引き返して菖蒲田へ向かいます。明治天皇が、昭憲天皇皇太后の為に植えられたとあります。

追い討ちをかけるように、雨脚が強くなってきた!


 


南池の睡蓮。ピンク色は遠くて撮れず(傘が邪魔で…)

 


咲き終わりもあるが、雨で艶々している。

 


約500種類で1,500株が植えられている。

 


清正井」 菖蒲田に水を流す井戸で常に水が湧き出ている。
陰陽がはっきり出る「陰呼」という作りで、パワースポットとして訪れる人が多い。

井戸をネットで調べたら、雨の日に行くと良くないとあった

 


管理員さんが花ガラを1枚づつ手入れしている。

 

雨中行軍を終えて、楽しみにしていたランチへ~ 調べていたお店が見つからず徘徊してしまった。

結局元の通りに出たりして突き止めた時は、全員濡れ雑巾の如し!

初めて戴く「ガレット」は、シンプルだけど美味しくて、お腹一杯でお洒落な気分にもなる~

 


それぞれが好きな中身を選びました。

 

小路に連なるお店をウインドーショッピング。の筈が・・・目移り甚だしく買い物もして

 


アウトドアスポーツのお店が多く、友達のシューズを探すのに付き合って違う店でゲットしました♪

 


カフェでひと休み

 


タイサンボクも雨に打たれて・・・

 

珍しく女子会の雰囲気でたまには良いな~  帰る頃には雨が止んでいました。

コメント (46)
この記事をはてなブックマークに追加

顔の汗どうしてますか?

2016-06-09 | Weblog


クチナシの花   6/9

 

 

一般に、女性の更年期障害は期間があると言われるが・・・

自分はどうも障害が続いてるのではないか!

昔から発汗が酷くても、新陳代謝がよろしいからとタカを括っていたけれど。

この頃は尋常では無い。特に顔の汗が流れる如くで、ハンカチなぞ役に立たない

そこで買ってしまった「サラフェ」 顔汗を抑制するジェルで、肌荒れを起こさないのが売り。

タオルで拭くしかないと諦めていたおり、FBに度々紹介されていて目が留まった。

もしやこれで化粧もマダラにならず、すっきり顔になれるかもと注文した。

使い始めて1週間、ほとんど変化無し。毛穴に異常でもあるんじゃないかと疑いたくなる!

 

 

質問コーナーへの答えを読むと、5日間続けて塗ってから効果が現れるって?

「もう1週間経ったわよ~汗出るんですけど!」

返品するのは惜しいし、どげんかこげんかならんかいなぁ~

用心深くて、迂闊に通販など手を伸ばさない性格でも、血迷う場合もあるのだ。

 

汗は自然の成り行きだが、他人さまより汗っかきは辛いものだ。

 

もう少し使ってみようか、期待せずにね・・・

 

 

 

 

 


雨の後に鮮やかになった色。

 


このボリューム感が良い♪

 


山盛りには咲かず、花が大きいのが我が家のアジサイ。

 

 

コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加