♪~風をあつめて~♪

□■□風のように流れに逆らわない人生もいいかもね。好きな音楽・お芝居そして日々のつぶやきなど天真爛漫に□■□

経過観察中

2016-09-17 | がん
水曜日に定期健診に行きました。
経過観察中なので採血とお腹をエコ-するのですが
手術して抗がん剤治療してのち経過観察になったら
本当に経過観察でなにもすることはないんだなと思って・・・。

ただ、私は抗がん剤の副作用で足の太ももに、しびれが残ってるんです。
それがなんとも気持ち悪くて・・・正直もう二度と抗がん剤とかしたくないと思う位に
いやな感じのしびれなのです。
でも、抗がん剤治療を選択したのは自分なので仕方がないんですが・・・。


なんて・・・唐突に書き始めましたが、私の体にがんらしきものがあると判明したのが
2014年10月の初めでがんか否かは切って見ないと判らないけど
ほぼそうでしょうと主治医から告知を受けました。
ただサイレントキラーと言われる自覚症状のないがんなので
早期で見つかる事は少ないらしいです。

その時自分の口から出た言葉が「私、後どのくらい生きられますか?」だったと思います。
が、頭の中は夫や両親になんて言って伝えよう、障がいのある次男はどうしようと考えてました。
がんならすぐ手術して下さいとセカンドオピニオンを気にしながらも
遺言書のようなものを書いてからその年の11月11日に手術をしました。
生まれてはじめての大手術で9時間以上かかりました。

初期らしい感じ(Ⅰb期)だったのですが目には見えないがん細胞が
お腹に落ちているといけないので抗がん剤治療をした方がよいかと思いますが・・・選ぶ?と言われ
家族と相談して抗がん剤治療を選びました。いわゆる標準治療ってやつです。

ずいぶん経ってから主治医が、告知の時は凄く落ち着いてる人だなと思いましたよと・・・笑われました。
確かにあの時は、らしくなく落ち着いてました。
笑われたって事は、後にあたふたしたってことですが・・・
それは抗がん剤の副作用のしびれが尋常じゃなかったってことですよ。
他にも便秘になったり倦怠感・味覚障害・脱毛・・・。
抗がん剤の副作用って先生たちは白血球だの血液検査を一番に考えますが
患者は体調の不調を身にしみて感じます。


その日先生がもうすぐ2年ですね、、5年・10年と診てきましょう。
ほったらかしにはしませんからねと・・・・おっしゃった。
 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七訓 | トップ | 友人T  »
最近の画像もっと見る

がん」カテゴリの最新記事