暗宙飛躍

何かの検索中に迷い込んでしまった人には役立つ情報など何もなく実に申し訳ない僻地のプレハブ小屋的オタク系ブログ

ネギま! 127時間目感想

2006年03月02日 00時55分37秒 | ネギま!
ゆえっちが死んだら 俺も死ぬ

……というのはさすがにウソですが。
いやいかんて。思い詰めすぎだって。
パルがさー。「こころ」とか持ち出すから!
まったくもう! 逆恨んじゃうぞ! ってな感じですよ。
それにしても今週のネギ君はほとんど"背景"だった…。

さてさて本編。
序盤、ゆえっちは走り、パルは追い、そしてのどかと木乃香はわたたっ&あぶぶぶっ。
木乃香の日本語は大崩壊ですよ。トロトロの三角関係て。
それにしてもこの辺の場面、木乃香は実況したり突っ込んだり(ネタバレやっ)ボケたり(痴情のもつれから…)、何気にいい仕事してます。

ところでミルクコーラ。
中学生の頃、コーラは必ず牛乳で割って飲む友人がいました。
まあコーラフロートのアイスが溶けた物と思えばなくもないけど…。
彼は今も飲んでるのかなあ。ミルクコーラ。

いや話がそれましたが。
ゆえっちがいよいよ追いつめられていくので、触れるのがつらいわけですよ。
逃走シーンは、さすが修学旅行編で朝倉に窮地を託されただけのことはある機動力ですが。
追いすがるパルとカモ君、扉一枚隔ててネギ君と木乃香、さらに後ろにのどか。
この辺の配置はあれですね。
今のゆえっちの内面への距離感を象徴してるというか。
のどかが一番外側なのがせつないなあ。
そののどかが思い詰めた表情で見つめるのは仮契約カード。
使うのかな?
でもそうしたら今度はのどかも、ゆえっちが苦しんでるみたいに、自分を責め続けなきゃいけなくなるような気もするんですけどね。
それとも、別の使用法(本)がある、とか?
さて、かつての助言を「裏切り」として己を苛むゆえっちですが。
ああもどかしい。
いいのに。そんなに苦しまなくていいのに!
この後、普段は図書館の奥にいるらしい、性格の歪んでる人再登場とかだったら…。
なんか複雑。
できれば、他者の介入なしに(入れてもパルまで)ゆえっちとのどか二人で何らかの結論を見いだしてほしい気もするのですが。
うーん。
まあゆえっちが無事ならなんでもいいですけどね。
以下次号!
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 練馬大根ブラザーズ 第8話「... | トップ | 嫌いな四字熟語は「休日出勤」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆえ! (ペトロニウス)
2006-03-04 13:05:18
>ゆえっちが死んだら 俺も死ぬ



同感です。



命はそれほど簡単に捨てられませんが・・・心が死んでしまいます!!

ゆえっち~ (粂太郎)
2006-03-05 02:12:18
>ペトロニウスさん

コメント&TB、ありがとうございます。



パル同様、ゆえっちがどんな選択をしても応援することには変わりないのです。



だからとりあえず無事でいて。ほんとに。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ネギま!127時間目の感想 (うわっつらな進化する日々)
パルは夕映の方向付けに失敗ですか。まぁ、夕映が認めたくないのはそうでしょうね。^^; そしてのどかとネギに流れるように合流。このかの状況把握はまさにその通りですwww 『
127時間目の感想 (Verba volant, Scripta manent.)
3月3日17:20追記修正 坂口安吾「白痴」→ドフトエフスキー「白痴」に修正 祝! 再アニメ化!! 情報を整理すると、今回の制作会社はSHAFT、監督:新房昭之、脚本:
125~126話『トロトロ三角関係 危機一髪!!』・・・・なんちゅー題名(笑) (物語三昧)
126話『モーレツ!物欲アタック』より ■自意識の葛藤 ・・・・・・・・・・・・・・・死ぬかと思った(笑)。 かわええの~(笑)。読んでから一週間、ずっと、悶々?(笑)としていたよ。 いやーやっぱいいなー(笑)。 僕は、物語のキャラクターでは