HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

London Six Day 2016 Day 4 (ロンドン6日間レース4日目)

2016-10-29 11:27:57 | bike
ロンドン6日間レース(10月25日~30日)第4日。

今日は土曜日なので、ちょ~早起きしましたよ、どや!!

結果…、ガチムチと女子のレースを堪能で、男子二人組の視聴状況については大差なし。

くー、微妙。

キャメロン・マイヤー - カラム・スコットソン組は総合3位をキープ。

いろいろ大人の事情があるとは思いますが、目指せ優勝!!

+++

ロンドン6日間レースと、大陸欧州の6日間レースの違いが興味深い。

【音楽(BGM)がよさそう】
・ ストリーミングではあまり聞こえなんだけど、spotifyに上げてあるトラックリストがいい感じ。
・ ドイツなんかだと「流石に私も知らん…」というナツメロ感炸裂だったり、「ドイツでしか流行らなかったんじゃ…」という地域限定感があるけど、英国はもうちょっと普通(苦笑)。
・ 豪州人ペアのためにメン・アット・ワークのダウンアンダーもちゃんと(?・笑)入っている。
・ これを聞きたくて、spotifyに登録申請。数日かかるようだ。

【進行がテキパキ】
・ 22:30~23:00あたりにレースが終わる。
・ レースごとに花を渡してのウイニングランはなし。
・ 歌謡ショウは1回だけ。
・ レース数が少なめ(マディソン、エリミ、デルニ、TT、スーパースプリント)でシンプル。「このルール、どうなってるんだっけ?」というのがない。
・ウェーブ(La-Ola-Welle)もないし、物足りない感じもあるが、大陸欧州みたいに日を跨いじゃうと、観る者の疲労も半端ではないのも事実。2011年のベルリンでは、私、日本に帰ってからも、瞼の痙攣が暫く止まりませんでした(苦笑)。
・ DJと盛り上がるのはガチムチ(トラックスプリンター)に任せてある。ブレーメンなんてマディソン組も歌って踊ってのショウ三昧。選手も疲れるよー。

だらだらとビール飲んで、買い食いして、歌謡ショウ楽しんで、お喋りして等々が、娯楽の少ない昔の冬のヨーロッパにはマッチしていたのだろう。

でも時代は変わった。6日間レースは衰退のさなかにある。

いろいろ精査したんだろうと思う。6日間レースの生き残りへの手懸りとなればいいなぁ。

+++

西のロンドン、東はさいたま。

花クリテを前にした、仮装大会、バラエティショウなどに苦々しい気持ちょびっとね。

あれでいいのかな?

選手が楽しそうで、ギャラがよくて、宣伝にもなって、まあそれはそれでいいのか。

知名度を上げるのと、レースの面白さを伝えるのはまた違うだろうし。

前者先にありきか。

+++

妄想『疑惑のチャンピオン 2』(原題『The Program 2』)。

舞台をイギリスに移し云々…なんてことに(苦笑)。

+++

Day 3の美写真(笑)。



Day 3復習&Day 4予習ビデオ。マイヤー&スコットソンは24秒あたりに登場

Six Day London | O.J. Borg looks ahead to Day 4


+++

1日目~3日目のビデオ(←いつか削除されるかも・苦笑)。

London Six Day 2016 day 1 part 1


London Six Day 2016 day 1 part 2


London Six Day 2016 day 2 part 1


London Six Day 2016 day 2 part 2


London Six Day 2016 day 3


+++

4日目情報、捜索中。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« London Six Day 2016 Day 3 ... | TOP | London Six Day 2016 Review ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | bike

Trackback

Trackback  Ping-URL