goo

映画、奇跡のシンフォニー

 神保町で古本屋を冷やかしたあと、「奇跡のシンフォニー」の試写会に出向いた。

 世界的なチェリスト、ライラはニューヨークでのコンサートの後、パーティに出かけた。そこでロックギタリストのルイスに出会い、恋に落ちる。ところが、ライラの父親はルイスとの仲を引き裂き、無理やり次のコンサートに向けて出発してしまう。この後、この二人が会うことは二度となかった。

 この時、ライラはルイスの子供を身ごもっていた。ところが何ヶ月か後、ライラは交通事故にあう。病院で気がついたライラに父親は、子供は死んだと告げた。

 そして11年後、死の床にいたライラの父親は、実は子供は生きていて孤児院に預けたことを告白する。オーガスト・ラッシュがその子供の名前で、両親の音楽の才能を受け継いでいた。

 11歳になったオーガスト・ラッシュは両親を探し出そうと決心する。手段は彼の音楽。自分の音楽を聴いてくれれば両親だったらきっと分かるはずだと言う執念で。

 このライラ、ルイスとオーガスト・ラッシュが音楽に導かれ、再会を果せるだろうか、というのがストーリー。

 この映画の特徴は音楽である。非常に効果的に音楽が使われている。パンフレットによると、脚本に感銘を受けた有名ミュージシャンが楽曲提供、レコーディングに参加しているという。

 オーガスト・ラッシュのギター演奏は、ロドリーゴとガブリエーラのように、ギターをリズム楽器としている。ロドリーゴとガブリエーラはラテン系の音楽だが、オーガスト・ラッシュはロック。こちらの方がよりなじみやすい。オーガスト・ラッシュが逃げ込んだ教会でのゴスペルもすばらしい。特に小さな女の子の歌唱力が聴きどころだ。また、ライラの弾くチェロ協奏曲とルイスのロックを違和感なく重ねるなどうまく出来ている。

 このように上手に音楽を使い、じっくり聞かせてくれるのだが、そのために場面転換のリズムに問題が出てきたりする。その上、音楽を挿入するために無理やりプロットを作っているところもある。たとえばゴスペルを聞かせるため、教会の場面を延々と見せてくれる。

 全体の構成にはもう一工夫できそうであるが、それでも各々のパーツは良く出来ている。鼻をかみながら劇場を後にした。



日記blogランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。
日記@BlogRanking

人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
 
コメント ( 2 ) | Trackback ( 11 )
« ご冗談でしょ... 山菜採り »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ジョコママ)
2008-06-19 22:36:36
こんばんは。
この映画、私も是非見たいと思っています。
それともう一本「オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密」
でも田舎に映画館は無く、近隣の町まで出かけていくのも面倒なので今回もまたDVDのレンタルを待つことにしました。
内容が多少、煩雑でも手抜きでも音楽系の映画は楽しくて大好きです。
 
 
 
音楽が主役の映画 (kumasan114)
2008-06-19 23:21:54
ジョコママ様、
 私も音楽映画とコメディが好きです。音楽コメディだと言うことなし。ロックですけれど昔の「スティル・クレイジー」や最近の「ラブソングができるまで」などがこのジャンルで、お気に入りです。

 「奇跡のシンフォニー」の音楽は本当にすばらしいものでした。鳥肌が立ったり、涙が出てきたりします。音楽をじっくり聞かせる場面では話の進行が遅くなるのはやむ得ないですね。

 「オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密」は知りませんでした。ユーロスペースで13日で公開が終わっていますね、残念。DVDで見てみます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
奇跡のシンフォニー (アートの片隅で)
「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って来ました。 会場のよみうりホールは、いつも通り長蛇の列で凄い人で溢れ返っていました。 ここは開場間際になると、1階から7階まで階段で昇る事になるので、ちょっと辛いです(>▽この映画が観たくなった 参考になった つま...
 
 
 
奇跡のシンフォニー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。』  コチラの「奇跡のシンフォニー」は、豪華キャストの共演で描かれる音楽を通じた”奇跡”の感動作で、6/21公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪内容はもちろん、この共演はちょっとツボかなぁ...
 
 
 
奇跡のシンフォニー (小部屋日記)
August Rush(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア/ケリー・ラッセル/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ロビン・ウィリアムズ/テレンス・ハワード/ウィリアム・サドラー きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえる...
 
 
 
奇跡のシンフォニー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音...
 
 
 
発信し続ける無償の愛情。『奇跡のシンフォニー』 (水曜日のシネマ日記)
両親との再会を信じている孤児の少年の物語です。
 
 
 
★「奇跡のシンフォニー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。
 
 
 
奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH (銅版画制作の日々)
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす   6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんで...
 
 
 
『奇跡のシンフォニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「奇跡のシンフォニー」□監督 カーステン・シェリダン□脚本・原案 ニック・キャッスル □脚本 ジェームズ・V・ハート □キャスト フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズ、テレン...
 
 
 
【2008-154】奇跡のシンフォニー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこ...
 
 
 
「奇跡のシンフォニー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン(フレディ・ハイモア)。生まれつき類い希な 音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実の親である ライラ(ケリー・ラッセル)とルイス(ジョナサン・リス=マイヤーズ)は息子の存...
 
 
 
映画『奇跡のシンフォニー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
64.奇跡のシンフォニー■原題:AugustRush■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月20日、シネマート新宿(新宿三丁目)□監督:カーステン・シェリダン□原案:ポール・カストロ□脚本・原案:ニック・キャッスル□脚本....