goo

関東vs関西、七味唐辛子

 浅草へ行くと、やげんぼりの七味唐辛子をよく買う。ただ、味噌汁に入れたり、漬物にかけたりする程度だからあまり減らない。そんなわけで開封していない袋がたまってたりすることがある。

 浅草のやげんぼり、京都清水寺の七味屋本舗、長野善光寺八幡屋礒五郎の三店が三大七味唐辛子と呼ばれている。歴史的には1625年に浅草のやげんぼりで作られたものが、京都に伝わり、そして長野に伝わっていったと言うことらしい。

 徳川家康が征夷大将軍に任官され、江戸幕府を開いたのが1602年であるから、なかなか由緒正しい商品だ。

 この七味唐辛子、辛味成分であるカプサイシンが体内脂肪を燃やす働きがあると言われている。それならどんどん摂らなくってはと思っていたが、あるある大辞典でカプサイシンとイソフラボンを食べると毛髪まで生えてくると聞けば、七味唐辛子納豆を毎日食べようと思う。

 ところで、関東のやげんぼりは単に辛いだけで、関西の七味屋本舗はマイルドな味だと言われている。関東はしょうゆ味で、関西はかつおやコブだしの香りを大切にした繊細な食文化だからというのだが、帝都の食文化に対する偏見がないだろうか。

 浅草寺におまいりをして、仲見世を歩きながら「ひちみ唐辛子を買っていこう」と言ったら訛っているといわれた。「しちみ唐辛子」だというのだ。それなら質屋はと聞かれて「ひちや」と答えたら隠れ関西だと言われてしまった。脳細胞の中に雑菌が繁殖しているようだ、、、、、、、


ブログの人気投票に参加しています。
ぜひ、ここをクリックして投票をお願いします。


人気blogランキングにも参加しています。
こちらのクリックもよろしくお願いします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 夜の関越自動車道 DAYS JAPAN »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
七味唐辛子<しちみとうがらし> (江戸生活史)
七味唐辛子(しちみとうがらし)は日本の調味料。 唐辛子を主原料として、各種の副材料で風味をつけるとともに、 辛味をほどよく抑えています。 漢方薬の集まりなので、体にもとっても良いです^^ また、七味唐辛