くまーるの冒険 in ブログ  

地球の平和のために悪の秘密結社と戦うくま、くまーるのブログ。主に日本の大変な状況に心を痛めている。なんとかせねば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015年7月の福島

2015-07-23 21:29:42 | 日記

くまーるです。

水蒸気を吹き上げてる動画です。
2015年3月下旬から7月まで毎日です。
これは日本全国、中国、ロシアまで
流れているとのことです。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sI0APgnHCeI

皆さんどうぞご自愛ください。

【対策】
・できるだけ外出しない。
・外出時、やや高価なマスク必須。
・帰宅したらすぐ体のほこりを洗う、落とす。
・クーラーはドライにしてできるだけ窓を開けない。

以上です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯山一郎先生のいいたいこと

2015-07-21 11:07:00 | 日記
くまーるです。

最近、自分のこと、家族のこと、日本のこと、世界のことで
ストレスが多く、物事に集中できず、気分転換していましたが
原因と対策を整理しつつ、優先順位を決めて
こつこつと進めるしかないと思いました。

そんなわけでブログも再会です。

さて私が尊敬する先生の一人で、先日講演会に参加させていただいた
飯山一郎先生のいいたいことを以下に転載します。
(ブログの文面にたがわず、実際も極めてエネルギッシュな方でした・笑)


<転載開始>
------------------------------------------------------------
2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の原発事故は、
人類史上最悪の原子力事故となりました。
その後も事態は収束する兆しが一向にありません。

今年の4月からは、地下に溶け落ちた100トン近い核燃料(デブリ)が、
再臨界を起こしたために超高熱を発していて、これに地下水が流れこんで、
水蒸気爆発を起こしているとしか考えられない事態が発生しています。

さらに深刻な問題は、中性子線を出す核種(プルトニウム240など)が、
沸騰して蒸気化し、超微粒子(蒸気の粒)となって大気中に大量に
放出されていることです。3人の核物理学者と何時間にも渡って議論を
交わして、私の推論の信憑性は確認出来ています。

このプルトニウムの超微粒子を、数千万~1億人の日本人が吸い込んで
しまったことは、過去4年間の内部被曝と複合して、今後、早い時期に
大量の病人と死人が続発するということです。これは日本国の滅亡どころか、
日本民族の消滅を意味します。

さらなる大問題は、そのプルトニウムの超微粒子が、中国やロシアにも
飛んで行ったという事実です。この現況・現実を、
中国とロシアは絶対に放置しません。

人類全体、そして地球の問題として、福島原発事故を収束させるために、
国際社会が日本の主権を剥奪して国際管理下に置き、収束作業を
開始する日が近づいています。

その際、東日本に住民がいては邪魔なので、「人道的な措置」
という大義名分の下に、半ば強制的な移住が行われるでしょう。

ロシアは、チェルノブイリ以降、実質、1500万人近い人口を失っているため、
これを補完するために、2000万人程度の日本人なら喜んで引き受けるはずです。

日本国内では、すでに首都圏では急病人が続出していますし、
火葬場は満杯です。

今までもこれからも、放射能を甘く見るような脳天気な人たちは、
これからバタバタと死んで行くでしょう。

今後の対策として、
①放射性物質の体内侵入(特に吸気)に注意して、自宅を放射能ゼロ空間にする。
②生きた植物性の乳酸菌(豆乳ヨーグルトなど)を摂取する。
③少食・粗食に徹する。
④血流・血行を促進する運動をする。
⑤身体を温める。
⑥無農薬のあらびき茶を飲む。
⑦体調が悪くなっても病院には行かず自然治癒で治す。
⑧絶対に諦めないという精神力を持つ。

是非、心と体の免疫力をアップする生活を実践して下さい。
上の 『まとめ』 は、村田光平・元スイス大使の御机下にも
某筋から発信済みである。

飯山 一郎

----------------------------------------------------
<転載、終了>

飯山先生の(いいたいことを思いっきり書いている)ブログはこちら。
さまざまな事象についての斬新な分析も面白いですね。

http://grnba.com/iiyama/index.html#ss07021

以上、参考でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【マッカーサーの告白】

2015-07-20 10:56:48 | 日記
くまーるです。

そろそろ8月15日も近いのでこんな記事を転載します。

-------------------------------------------------
米上院軍事外交合同委員会:マッカーサ証言より抜粋

【マッカーサーの告白】
日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。
日本は何も悪くありません。
日本は自衛戦争をしたのです。
イギリスのチャーチルに頼まれて、対ドイツ参戦の口実として、
日本を対米戦争に追い込んだのです。

アメリカは日本を戦争に誘い込むためにイジメにイジメぬきました。
そして最後通牒としてハルノートを突き付けました。
中国大陸から出て行けだの、石油を輸入させないなど、アメリカに何の権利があったというのでしょう。
当時、アジアのほとんどの国が白人の植民地でした。
白人はよくて日本人は許さなかったのです。
 
ハルノートのことは私もアメリカの国民も知りませんでした。
あんな物を突き付けられたら、どんな小さな国でも戦争に立ち上がるでしょう。
戦争になれば圧倒的な武力でアメリカが勝つことは戦う前から分かっていました。

我々は戦後、日本が二度と白人支配の脅威とならないよう周到な計画を建てました。
アメリカは知っていたのです。
国を弱体化する一番の方法はその国から自信と誇りを奪い、歴史を捏造することだと。

戦後アメリカはそれを忠実に実行していきました。
日本がアジアを白人の植民地から解放しようとしたという本当の理由を隠すため
大東亜戦争という名称を禁止し代わりに太平洋戦争という名称を使わせました。

東京裁判はお芝居だったのです。
アメリカが作った憲法を日本に押し付け、戦争ができない国にしました。

公職追放をしてまともな日本人を追い払い、代わりに反日的な左翼分子を大学など要職にばら撒きました。
その教え子たちが今マスコミ・政界などで反日活動をしているのです。

徹底的に検閲を行い、アメリカにとって都合の悪い情報は日本国民に知らせないようにしました。
ラジオ・テレビを使って戦前の日本は悪い国だった、戦争に負けて良かったのだと日本国民を騙しました。
これらの政策が功を奏し今に至るまで独立国として自立できない状態が続いているのです。
(※註:1951年の時点で正気に帰ったマッカーサーが、この今に続く問題を憂いている)

私は反省しています。

自虐史観を持つべきは日本ではなくアメリカなのです。
戦争終結に不必要な原子爆弾を二つも使って何十万人という民間人を虐殺しました。
最後に私が生きていた時の証言を記して謝罪の言葉としたいと思います。

『私は日本について誤解をしていました。日本の戦争の目的は侵略ではなく
自衛のためだったのです。
太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の過ちは、
共産主義を中国において強大にさせたことでした。

東京裁判は誤りだったのです。
日本は八千万人に近い膨大な人口を抱え、その半分が農業人口で、
あとの半分が工業生産に従事していました。

潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、
私がこれまで接した何れにも劣らぬ優秀なものです。
歴史上のどの時点においてか、日本の労働力は人間が怠けているとき
よりも働き、生産している時の方が幸福なのだということ、
つまり労働の尊厳と呼んでよいようなものを発見していたのです。

これまで巨大な労働力を持っているということは、
彼らには何か働くための材料が必要だという事を意味します。
彼らは工場を建設し、労働力を有していました。
しかし彼らには手を加えるべき材料を得ることができませんでした。
日本原産の動植物は、蚕を除いてほとんどないも同然でした。
綿がない、羊毛がない、石油の産出がない。

錫がない、ゴムがない、他にもないものばかりでした。
その全てがアジアの海域に存在したのです。
もしこれらの原料の供給を絶ちきられたら一千万から一千二百万の
失業者が日本に発生するであろうことを彼らは恐れたのです。
したがって日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の
必要に迫られてのことだったのです。』

アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて

1951年5月3日
ダグラス・マッカーサー

-------------------------------------------------------
<転載終了>

現在進行している憲法改正はこわいですね。
なんとしても徴兵制や戦争開戦は止めたい・・・!
戦争が起きるからくりはこのマッカーサーの証言が参考になります。

時間がある方は
(1)なぜチャーチルがアメリカに参戦を依頼したか、その動機。
(2)武器製造企業はどんな人たちが経営しているか?
あわせて調査されてみてください~。

猛暑が続きそうなので皆さんどうぞご自愛ください。

以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の趣味は「幽体離脱」の練習です その3

2015-05-25 21:41:54 | 日記
くまーるです。

標記の件について進捗報告をいたしますので
ご一読いただければさいわいです。

【2015年05月25日(月)】
※この日は頂いたばかりの『波動入り発酵液』を飲みつつ、
 醗酵液入りスプレーを顔に照射してそのまま睡眠。
 昆布の匂い・・・。

朝4時30分に目覚め、おいしい水を1杯飲み、トイレに。
机に座り、できるだけ精緻に夢日記を書く。
夢日記は3月下旬から始め、書けない日(思い出せない日)も
多いが、30回くらい書いた。
書くと記憶が定着し、後から「映像」で思い出せる。
書かないと起きて15分もすればもう思い出せない。

その後、15分瞑想。

その後、2度寝。

意識朦朧となり、夢をいくつか見る。

朝5時30日頃
夢をいくつか見た後、急遽、上半身が派手にガタガタ震え出し
「ガタガタ」と凄い音が耳に鳴り響く。
その瞬間、”青白い光”を感じ、すごい勢いで上に引っ張られる!
寝た状態から上半身がガクンと起き上がる…!

「うおおー」

目は見えないので平行感覚がなく、
天井と床の位置がわからなくなり
大混乱に。
ここで完全に目覚めてしまう。

「あっ」

うわさの「光のトンネル」は一瞬見えたような?
両手がダンベルを持っているように重かった。
ワイフは隣で熟睡中。

今回も驚きで潜在意識が肉体からの脱出を
セーブしてしまったかもしれない…。

ワシは小心者ゆえ…
いや慎重派なので…。
回数を重ねよう…。

以上、進捗報告でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の趣味は「幽体離脱」の練習です その2

2015-05-25 21:31:31 | 日記
くまーるです。

なんのことだかさっぱりかもしれませんが
標記の件について、進捗報告いたします。

【2015年04月下旬】
朝方、ベッドで横になって2度寝するためにウトウトしていると
両手両足が極端に重くなり、金縛り状態に。
平行して無意識の腹式呼吸が始まる
(意識しなくても呼吸をしている状態)。

考えごとをやめ、額の奥(松果体)に集中するとキーンと
耳なりが始まり、いつもは5秒くらいなのが、ずっと続く。
(目を瞑って見えている)映像は暗いまま変更なし。

全身が明らかに震えだす。
そして両足が足が浮かび上がる感触あり。

「遂にキター(・∀・)」

と興奮した為か、目覚めてしまい、勢いにうまくに乗っかれず失敗。
正直なところ、潜在意識的にちょっと恐怖を感じたことも失敗の一因かもしれぬ。

ワシは小心者じゃ…

でも手ごたえあり、でした。

練習あるのみ。以上、進捗報告でした。つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加