定住しています

自由気ままになんとか生きてます。

高校は何のために行くのか?

2017年07月11日 15時44分08秒 | 教育関連
まず結論。高校も大学も本当に絶対的な力があるなら行く必要はない。音楽家でもスポーツ選手でも画家でも役者でも将棋指しでも。学歴って関係ありますか?
 
そういう力がない人は高校や大学出て、学歴で己の力をカバーする。
大卒ってだけで労働ビザくれる国があったり、高卒ってだけで採用してくれる会社があったり。学歴はあって邪魔にはなりませんw。
 

「勉強するために高校へ行く」って言う人いるのだろうか?高校で勉強する内容ってどんなことですか?

高校の学習内容なんて自学自習で十分。大学へ行きたいなら、高卒認定試験に合格すればいいだけ。
大学以上は学習というより研究。研究を職業としたい人は大学が必須かもしれない。
 
しいて高校に行く理由を考えれば
・友達を作る
・高校野球など、高校生という身分がないとできないことをする
・確実に高卒の資格を取る
・世間体、みんな行くから、人と違うことをしたくない
 
このくらいじゃないですか?実はこんなことのために失うことがものすごく多くありませんか?
大学行くのが目的なら予備校通って高卒認定取るほうが絶対有利。くだらん行事や受験に無意味な授業も参加せず勉強できます。高卒認定ぐらいクリアできないなら、もともと大学行く資格がないw。
それ以外の能力があるなら冒頭に書いたとおり。
 
将棋の藤井聡太四段が高校行くかどうか悩んでるって話を読んで思ったことです。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分数なんて勉強しても無意味... | トップ | 偏差値の意味はご存知ですか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む