「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

露骨な政権の「反動姿勢」

2017-05-19 15:10:25 | 憲法改正



【今日の写真】 
今日の写真は、ほぼ満開の白花「シャクナゲ」です。
6年くらい前にお輿入れ願った鉢植えです。木の育ちもあまり大きくならずに鑑賞できています。これも今年は植え替え時期のようです。


【私的な出来事と体調】
 今日も、初夏のような気配です。お隣の「秋本さん」は、NHKの取材のために、山に登っているようで、お天気は最高でしょう。
今日の体調は体重が76.5kg(+100g)、体脂肪率25.0P(+0.3P)です。


【共謀罪と改憲の動き】フジテレビ系(FNN) 5/19(金) 1:05配信
『安倍首相に降り注ぐ「逆3本の矢」』
18日昼すぎ、関東地方に突如降り注いだ、ひょう。永田町には、安倍政権を揺るがしかねない3つの懸案、「逆3本の矢」が降り注いでいた。
野党4党が提出した金田法相への不信任決議案は、18日午後、否決されたが、金田法相の資質を問う声は続くとみられる。
民進党の中川議員は、「安倍総理の一連の発言は、立法府のみに付与された権限を著しく侵害すると同時に、議事の混乱を引き起こす」と述べた。
安倍首相肝いりの2020年憲法改正発言には、18日も、野党のみならず、与党からも苦言を呈する声が。
そして、民進党の蓮舫代表は、「究極の忖度(そんたく)が関わっていたと、わたしたちは疑っています。内閣総辞職に値する内容ではないでしょうか」と述べた。


* 「安倍総理ょ、『そのような事実があれば、総理はもとより議員もやめる』などと、軽々にいうべきではない。」と伝えたい。こんなことをコメントすると「共謀罪」に問われかねない世の中になるのだろうか? そんな「反民主国家」を作ろうとする一集団が存在するのが今の日本である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またも今治が舞台。 | トップ | 列島に「熱波」襲来す。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。