「ピエロ」のファンタジー・スポット

さーて、開設者の本人も未だどのように展開していくのかが分っていません。

「金田法相」の資質。

2017-06-14 15:03:52 | 政治時評



【今日の写真】 
今日の写真は、周辺に無尽蔵に生えている「ドクダミ」です。
十字花が満足に広がっているのが少ないです。縮れたり、虫の食害の花びらだったりで、やっと探したやや満足な花がこれです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、日照りだったり雲に隠れたりの太陽です。
「夏椿」の開花の様子を「タイムスラップ」で狙いに来られたお隣の「秋本さん」でしたが、どうも「夏椿」の開くスピードがのろくて、失敗のようでした。これからはむしろ昆虫の脱皮の様子などが面白いのではと感じました。
今日の体調は体重が76.6kg(+100g)、体脂肪率25.5P(+0.3P)です。


【法務大臣の資質】テレビ朝日系(ANN) 6/14(水) 5:56配信
『与党は否決方針 金田大臣の問責決議案を提出』
 「テロ等準備罪」、いわゆる“共謀罪”法案を巡り、民進党と共産党は金田法務大臣の問責決議案を参議院に提出しました。与党側は否決する方針です。
 民進党・蓮舫代表:「きょうも言っていることが二転三転。国民の不安を増幅させている責任はとても重いと思います」
 さらに、民進党は加計学園の問題で「事実の隠蔽に加担している」として、国家戦略特区を担当する山本幸三規制改革担当大臣の問責決議案を提出しました。この2つの問責決議案は14日の参院本会議で採決され、与党などの反対多数で否決される見通しです。与党側は“共謀罪”法案をあくまでも今の国会で成立させる方針です。野党側は内閣不信任決議案の提出も検討していて、国会の会期末が18日に迫るなかで与野党の攻防は激しさを増しています。


 * 会期末を控えて、教皇採決の構えの政府自民党とその動きに反対する野党、金田法務大臣の問責決議の取り扱いが論議される。「金田法務大臣」の資質は国民の大多数が信任しないということに異議なしでしょう。どう見ても「失格」ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊迫する国会。 | トップ | どうにもならない政府。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。