「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

都知事も大変。

2017年08月31日 14時40分36秒 | 政治に物申す



【今日の写真】 
今日の写真は、秋の気配と共に「実り」つつある、ご近所の栗です。
もう中では実の殻が色づいていることでしょう。ここ愛媛の栗の産地は伊予市の「中山町」が有名です。
FBで写真を投稿されているのを拝見すると15~6粒くらいでしょうか400円とありましたね。出始めですからいい値でした。


【私的な出来事と体調】
 今日は、朝からホームページの表示がおかしくなって、知り合いから、指摘もされましたが、修正が反映されないことになっています。頑張って引き続き、正常化へ努力しています。
 本日のコンディションは、体重が75.6キロ(-300g)、体脂肪率24.5P(+1.8P)です。


【都知事の見解】テレ朝 news8/30(水) 23:30配信
『【報ステ】都議会で『様々な意見』をめぐって応酬』

 東京都議会の臨時会本会議で30日午後、各会派が小池知事に『築地は守る、豊洲を生かす』という基本方針について質問した。小池知事は28日の所信表明では「様々な意見を参考にしながら熟慮を重ね、基本方針を打ち出した」と説明していた。これに対し、「具体的に誰の意見なのか」と問われた小池知事は「内外を問わず、様々な分野で専門的な知見を有する方々の意見」と繰り返した。





* 「小池都知事」の「豊洲・築地問題」が硬直化しつつある。築地は、海水を使って線状などを行っているので、腐食はあっても、カビの発生は防げている、豊洲市場は、真水で洗浄し、海水は使わせないとの方針に、「衛生面で大丈夫か」という疑問が発生している。いずれにせよ大きな課題だ。都知事の行政手腕が問われることになりそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の北朝鮮への姿勢。

2017年08月30日 14時47分24秒 | 北朝鮮問題



【今日の写真】 
今日の写真は、赤く色づいた「山椒の実」です。
なんだかもう「秋」の実りのシーズンでしょうかね。
この実から、黒い艶のある「小粒で、びりりっと辛い」香辛料にする種の部分が現れます。


【私的な出来事と体調】
 今日は、東の山の上にはまだ積乱雲です。暑さが戻ってきていますが、時折吹く風はすっかり「秋の気配」です。二三日前から「百舌鳥」の高鳴きに似た声が聞こえてきたりします。
叢では「秋の虫」たちが賑やかです。
 本日のコンディションは、体重が75.9キロ(+200g)、体脂肪率22.7P(-1.1P)です。


【北のミサイル】TBS News i8/26(土) 6:47配信
『中国政府「強烈な不満」と強く反発、日本政府 追加制裁に』
 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐって、日本政府が中国などの企業や個人の資産を凍結する追加制裁を決めたことについて、中国政府は25日、「強烈な不満と断固たる反対を表す」と強く反発したうえで制裁の撤回を求めました。
 「強烈な不満と断固として反対を表す。日本側が独断専行すればこれによってもたらした全ての結果を引き受けなければならない」(中国外務省 華春瑩報道官)
 中国外務省の華春瑩報道官は、「日本側のこのようなやり方は中国側の利益と司法主権を深刻に損害する」と述べたうえで、「中日関係改善のプロセスへの政治的障害をもたらすことになる」と警告し、追加制裁の撤回を求めました。

 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐっては、今月22日にアメリカ政府も中国企業などに対する独自制裁を発表していてこれについても中国政府は、「中米の相互信頼や協力のためにならない」と強くけん制しています。


* 「中国政府」のこうした態度こそ「北のミサイル」実験を容認してしまう。中国の主張する柔軟姿勢こそ、「金総書記」の思うつぼなのに気が付かないのでしょうかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北のミサイル。

2017年08月29日 15時30分54秒 | 北朝鮮問題



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家の狭い花壇に咲き始めた「秋明菊」です。一重の赤花が一番に咲きます。
後しばらくして「白花」の「八重」が咲き始めると、晩秋に向かいます。
「クリスマスローズ」と同じ場所ですか、うまく双方が季節を分けて楽しませてくれます。


【私的な出来事と体調】
 今日は、私たち夫婦の絵の先生の「岡本鐡四郎先生」のお孫さん「真理子さん」から「フェースブック」のメッセージで連絡を受けて「久万美術館」で、絵を展示されているようなので見にゆくのでお会いしたいとのことでした。
 本日のコンディションは、体重が75.7キロ(-300g)、体脂肪率23.9P(-0.2P)です。


【北のミサイル】十勝毎日新聞 電子版8/29(火) 12:41配信
『「どこに逃げれば」…戸惑う住民 早朝の緊急速報』
 北朝鮮のミサイルが29日午前に発射され、北海道上空を通過して襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下したことを受け、十勝管内の住民も不安を募らせた。早朝に鳴った携帯の緊急速報に驚き、「どこに逃げればいいのか」と戸惑う人も多かった。

 「(ミサイル発射が分かっても)逃げようもないし、家でじっとしているだけ。4歳の娘と2歳の息子を見守ることしかできない」。帯広市内の主婦(27)は不安そうに話す。1回目の緊急速報は過去にあった誤報と思い確認せず、2回目の緊急速報で目を覚ました。


* こわいですね。これはうかつに手を出さないほうがいいでしょう。先の大戦で、「空襲警報」が鳴り響く町内で、相手は(米)はグラマンからの射撃に対して「タケヤリ持て・・」と叫んでいたのを思い出しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加計問題。

2017年08月27日 14時50分57秒 | ふるさと



【今日の写真】 
今日の写真は、先日、山口から来た「孫たち」です。嫁の運転で孫の男子二人を連れての訪問でした。この孫が、「サブマシン」でゲームをしていた時に「メインマシン」の電源を操作して、復旧した、「パワー」のある子(小3)です。もちろん偶然でしょうがね。宿題の絵を描いているところです。モデルはパッドの中のワンちゃんを描いていました。


【私的な出来事と体調】
 今日は、朝は、暖房がほしいくらいの冷え込みでした。午後からは元通りの暑さが襲来です。
庭の木々が存分に枝を伸ばして、窓からの景色も枝が遮る状態です。何とかせねばと思いつつも体がついてきそうもありません。
 本日のコンディションは、体重が75.5キロ(-200g)、体脂肪率24.7P(+1.9P)です。


【加計学園】テレ朝 news8/26(土) 0:05配信
『加計学園めぐる議事録公開 議事要旨との相違に批判』
 加計学園を巡る問題で、政府の国家戦略特区のワーキンググループが25日に議事録を公開しましたが、これまでに公開された議事要旨と内容が食い違い、野党は批判を強めています。

 25日に公開されたのは、おととし6月に行われた獣医学部の新設に関する会議の議事録です。内閣府の藤原審議官が議事内容を公表するか尋ね、愛媛県側が「非公開でお願いできたらと思っている」と答えています。
 一方で、今年3月に公表された議事要旨では、藤原審議官が「公開の扱いでよろしゅうございますか」と問い掛け、愛媛県の担当者が「はい」と答えていました。ワーキンググループの八田座長は、この会議について「当初は非公開の前提で議事進行していた」と説明しています。議事録と議事要旨で正反対のやり取りとなっていることについて、民進党は批判を強めています。
 民進党・山井国対委員長:「こんな議事要旨までが改ざんされて発表されるようだったら、国民は何を信用したらいいんですか」


* 議事録なるもの、そのものに疑問があるということは、勝手に議事録が作成されているということのように感じます。それでは真実は複数存在するという、「前代未聞」の事態ですね。今治の「担当者」の話を聞きましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米は「斬首作戦」を検討。

2017年08月26日 14時54分41秒 | 北朝鮮問題



【今日の写真】 
今日の写真は、ご近所の「百日紅」です。手入れの行き届いたお庭の向こうに見えていた「百日紅」です。我が家の「百日紅」と同系統の色合いですが、こちらのほうが早く咲きます。
10日くらい前の撮影ですので、やっと我が家のそれも咲き始めています。


【私的な出来事と体調】
 今日は、時折、雨が降っている午前でした。午後は小止みになっていますが、まだいつ降ってくるかわからない空模様です。
パソコンのホームページも右往左往しながら、少し元の軌道に戻りつつあるようですが、またいつ時、道が外れるか不安な毎日です。
 本日のコンディションは、体重が75.7キロ(+100g)、体脂肪率22.8P(-0.6P)です。


【北朝鮮問題】日テレNEWS248/26(土) 12:06配信
『防衛相“米韓と連携し、引き続き警戒監視”』
 北朝鮮が26日朝、日本海へ向けてミサイルを発射した。菅官房長官は「日本の安全保障に直接影響を与えるミサイルではなかったことを確認できた」と述べた。

 北朝鮮によるミサイルの発射を受けて首相官邸には26日午前8時頃から菅官房長官が入り、情報の収集・分析にあたった。

 菅官房長官「先ほど改めて、関係省庁から包括的な報告を受けました。その結果としても、我が国の領域や排他的経済水域内に落下するという弾道ミサイルは確認をされてなかったということです。改めて、我が国の安全保障に直接影響を与えるのではなかったということが、確認をすることができました」
 さらに菅長官は、安倍首相から「引き続き国民の生命、財産を守るためにいかなる事態にも対応できるよう万全の態勢で臨むように」と指示があったことを明らかにした。


* 又、北朝鮮の「ミサイル実験」が決行されました。米は「斬首作戦」と称する一連の計画が立案され、いつでも実施できる体制だとか、益々、決戦前夜という様相も見えてきますね。
どうなるのか米朝の関係は、日本の平和にも直接的な影響が及ぶ問題です。巻き添えを食うことはまっぴらですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加計問題。

2017年08月25日 15時39分20秒 | 政治に物申す



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家の近所にある「オレンジキャビン」への道です。この算道を上ったうえに小さな「オレンジ色」のキャビンがあります。
以前はわざわざ大阪からご夫妻で、手入れをしに来られていましたが、ここ数年、お見えになられていません。草刈りのお手伝いでもしてあげられるといいのですが、我が家自体が草ぼうぼうです。


私的な出来事と体調】
 今日は、塔婆を受け取りに菩提寺の「妙清寺」へ出かけました。蝉の声が響く静かなお寺で、新しく住職として入られたご住職としばらくお話しさせていただきました。「生前戒名」をお願いしてお暇しました。最低の戒名を依頼しました。暑い日差しの中墓参して帰りました。
 本日のコンディションは、体重が75.6キロ(±0g)、体脂肪率23.4P(-0.4P)です。


加計問題】テレ朝 news8/25(金) 14:55配信
『加計獣医学部の認可判断を保留 結論は10月以降』
 加計学園の獣医学部新設を巡って文部科学省の審議会は、認可の判断を保留することを正式に決めました。結論が出るのは10月下旬以降にずれ込むことになります。

 加計学園の獣医学部新設を巡っては3月に申請が出され、文科省の大学設置審議会で経営体制や設備状況、教育課程などについて審査が行われていました。18日に行われた会議で教員の数や教育課程に関する判断がまとまり、審議会は加計学園の獣医学部新設について結論を出すことを保留し、継続して審査することを正式に決めました。審議会は加計学園側に修正案の提出を求め、改めて審査をしたうえで、10月下旬をめどに認可の判断を示します。関係者によりますと、学生の実習計画が不十分だったなどとして保留になったということです。


* ここ愛媛の今治の「加計学園」の問題、地元でも、多額の税金で負担する税金、市内の小中学校に「冷房施設」がないのに、「加計学園」に・・という疑問がわいてきているようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱落者が離党。

2017年08月24日 15時41分05秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 
今日の写真は、ご近所の狭い空間で生育している「エゴの木」につぼみがついていました。
メルヘンチックな光景です。この木も恐らく、我が家の前の空き地から転がり落ちた種子からの発芽でしょう。


【私的な出来事と体調】
 今日は、また、暑さが戻ってきました。ここ一週間くらい纏まった雨がありません。
雑草だけはすくすくと育っています。明日は、道後方面の菩提寺へ塔婆を、いただきに行きます。明日も暑そうです。
 本日のコンディションは、体重が75.6キロ(-100g)、体脂肪率23.9P(±0P)です。


【民進党離党者】TBS News i8/24(木) 1:37配信
『民進、離党届提出の横山氏と木内氏を除名処分』
 民進党は離党届を提出した横山博幸衆院議員と木内孝胤衆院議員について、反党行為にあたるとして除名処分にすることを決めました。
 民進党は23日、常任幹事会を開き、今月、離党届を提出した横山議員と木内議員について、反党行為にあたり「党の名誉を傷つけた」として、離党届を受理せず除名処分にすることを決めました。
 2人はともに前回の総選挙で小選挙区では敗れ、比例代表で民進党の前身の「民主党」の議員として復活当選したため、議員辞職も要求しています。
 都議選後に民進党に離党届を提出したのは2人を含めて4人ですが、そのうち細野元環境大臣だけは、小選挙区で勝利したことなどから離党届が受理されています。


* ごたごたと足並みがそろわぬ「民進党」痩せたといっても野党第一党ですよね。なぜ離党者が出るのか、その根本的理由は、次の選挙に勝てるかどうかでしょうね。
その一転に尽きるでしょう。「選挙」に勝てるという環境作りが必要でしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党の危機感。

2017年08月23日 15時10分17秒 | 政治に物申す



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家の土手で実っている「ブルーベリー」です。
20年くらい以前に土手の斜面に植えているのですが、収穫には足場が確保できないので、「鵯鳥」の恰好のエサとなっています。


【私的な出来事と体調】
 今日は、午前中は涼しいいい気分でしたが、午後からは気温も上昇して、珍しく「エアコン」を付けての食事でした。パソコンも内部を点検して縦置きにしていたのを、アップデートのサインが出ていたので、インストールして電源を落として、元通りの横置きに修復しました。
 本日のコンディションは、体重が75.7キロ(-200g)、体脂肪率23.9P(-0.1P)です。


【危機感の自民党】TBS News i8/23(水) 1:17配信
『自民・石破氏、トリプル補選「しくじるとえらいこと起こる」』
 自民党の石破元地方創生担当大臣はラジオ番組に出演し、10月に予定される衆議院の3つの補欠選挙について「しくじったりするとえらいことが起こる」として、必勝態勢で臨むべきとの考えを示しました。

 「都議会議員選挙で、ああいうことだった。今度は青森・新潟・愛媛でしょ、いわゆる地方ですよね。地方でもしくじったりすると、本当にえらいことが起こるんで」(石破 茂 元地方創生相)

 石破氏はこのように述べた上で「補欠選挙で起こったことは次の全体の選挙で同様のことが拡大版として起こる」と、補選の結果が次の衆議院選挙に影響を与えかねないとの認識を示しました。

 また、石破氏は「加計学園」の問題や自衛隊の「日報」問題を念頭に、「間違っていることは間違っている。変えなければいけないことは変える。こういったことを果敢に言うことは大事」と指摘しました。


* いろいろと議論百出ですね。自民党が危機感を持って党内の議論が進む中、野党の民進党は、どうかというとこれまたごたごたと代表選が騒がしいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍拡競争の時代。

2017年08月22日 14時59分25秒 | 戦争



【今日の写真】 
今日の写真は、裏の道端に植えている「ギボウシ」です。地面近くに咲いているので、かがみこんでうつしました。萱の葉がでんと真ん中の映り込んでしまいました。これも「リアル」ですから、ご勘弁ください。
まあ、この時期の自然の営みです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、又夏がかえってきました。蝉の声と同時に叢の「虫の声」が合奏しています。
東の空は綿のような雲が大きく横たわっています。まあ今日は、「朔」旧暦では七月(小)のようです。
 本日のコンディションは、体重が75.5キロ(-200g)、体脂肪率24.0P(-0.3P)です。


【増大一方の防衛予算】日テレNEWS248/22(火) 13:15配信
『防衛省 概算要求5.2兆円“過去最大”に』

 防衛省が来年度予算案の概算要求で過去最大となる5兆2551億円を計上することがわかった。

 防衛省は北朝鮮の弾道ミサイルに対応するため、イージス艦のミサイル防衛システムを陸上に配備する「イージス・アショア」の導入予算を金額を明示しない形で盛り込む。また、イージス艦に搭載する新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費用など1791億円を計上する。

 一方、価格の高騰から導入の中止も検討されていたアメリカ軍の無人偵察機「グローバルホーク」の取得に144億円を計上していることがわかった。北朝鮮情勢などをふまえ、警戒監視能力の向上を重視したためという。


* 米朝の対立激化で防衛費の支出が増大します。どうすればいいのでしょう。「金坊」の戦争好きに踊らされて、米国も、そして我が日本も、装備拡充に没頭する気配ですね。これが「軍拡競争」で、市民生活を圧迫していくのでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野党第一党しっかりと

2017年08月21日 14時40分32秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 
今日の写真は、先日庭の剪定を大がかりにやられている「ご近所さん」のお仕事ぶりです。
「バケット車」を駆使しての剪定作業です。毎年やられているのですが、大変な作業ですね。
バケットの乗って、トリマーで刈り込んでいました。我が「アトリエ」の窓から、望遠での撮影です。


【私的な出来事と体調】
 今日は、昨日から、のんびりと山家の生活になりました。午前中は暑い日差しがありましたが、午後からは雲が空を覆い尽くしてきました。
 本日のコンディションは、体重が75.7キロ(+300g)、体脂肪率24.3P(-0.7P)です。


【不安が一杯】TBS News i 8/21(月) 0:58配信
『民進党代表選、21日に告示』
 民進党の代表を選ぶ選挙が21日に告示されます。出馬を表明している前原元外務大臣は20日、鉄道模型のイベントに出席、枝野元官房長官は電話で支持を呼びかけるなど事実上、代表戦がスタートしています。

 鉄道ファンの前原氏は、鉄道模型を展示するイベントに出席。選挙戦に臨む意気込みを語りました。

 「鉄道に例えると、蒸気が満ち満ちていてすぐにでも発車できるという状況にまで気力は満タンになっています」(前原誠司 元外相)

 一方の枝野氏は、議員会館の事務所で党員らに自ら電話をかけて支持を呼びかけました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加