「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

「安倍暴走」へ抗議の焼身自殺。

2014年06月30日 15時03分00秒 | 政治に物申す


【今日の写真】 
今日の写真は、もうすっかり盛りの過ぎた「アヤメ」です。もう20日も前の撮影です。尾形光琳の描く屏風絵のようでした。
40年も前でしょうこの「アヤメ」を見ると亡父が松山に有った自宅の押し入れの天袋のふすまに「光琳」を模して描いていた「アヤメ」をおもいだします。なかなかうまく描いていました。


【身辺の話】
今日は、午前中はいいお天気でした。家内ともども「歯科」のメンテナンスに出かけました。午後は、やはり雲が出てきています。
「雨」も予報されています。
今日で6月が終わり明日からは「文月・七月」になります。
 本日のマイコンディションは、体重が75.3キロ(+100g)、体脂肪率24.1P(-0.2P)でした。


【安倍暴走が続く】テレビ朝日系(ANN) 6月30日(月)11時48分配信
『あす閣議決定へ最終調整 集団的自衛権で党内協議』
 集団的自衛権を巡って、自民・公明両党は、来月1日の憲法解釈変更の閣議決定を目指して、この後、30日午後から最終的な党内調整を行います。 
 公明党は依然、党内に慎重論を抱えるものの、30日で議論を打ち切って、来月1日の閣議決定に間に合わせる方針です。公明党は、閣議決定の時期を10日間ほど遅らせることに成功したほか、一部の文言修正こそ勝ち取ったものの、協議は終始、自民党ペースでした。公明党内には、「結論ありきの議論だ」と不満がくすぶり続けています。さらに、地方からも異論が相次いでいて、今後、ビデオも作成して山口代表自らが説明を続ける方針です。一方の自民党も、慎重派の村上元行革担当大臣が全会一致を原則とする総務会で反対する意向を示していて、最後にはひと波乱ありそうです。安倍総理大臣は、閣議決定を受けて記者会見も開く予定ですが、自民党内からは、公明党の不満が今後、地方選に現れるのではないかという懸念が出ています。(政治部・平元真太郎記者報告)


* 暴走が止まりません。JR新宿駅の南口付近で29日午後2時ごろ、男性が焼身自殺した男性の行動も、この「集団的自衛権行使」の問題に抗議する主張がされていたようです。確かに、抗議する方法としては、いささか配慮にはかけていたのかとは思いますが、直接「安倍総理」に抗議する方法の無い国民には、こんな気持ちも沸いて来ようというものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北のミサイル実験。

2014年06月29日 14時32分34秒 | 北朝鮮問題



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家で咲き続けている「夏椿」(シャラノキ)です。
逆行での撮影です。青空をバックにすました顔の表情です。


【身辺の話】
今日は、「梅雨の晴れ間」です。青空が広がっています。予報ではもっと遅い時間のようでしたが、今(2時10分)は太陽に照らされています。
明日は家内ともども「歯科」のメンテナンスです。そして6月が終わります。もう7月、今年の後半へと入りますね。
 本日のマイコンディションは、体重が75.2キロ(+200g)、体脂肪率24.3P(+0.1P)でした。


【なぜ今なのか?】テレビ朝日系(ANN) 6月29日(日)11時51分配信
『北朝鮮 ミサイル2発発射 日朝協議は予定通り』
 29日朝早く、北朝鮮が弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射しました。

 小野寺防衛大臣:「けさ5時ごろ、北朝鮮の東岸から複数の弾道ミサイルが日本海に向けて発射されました。外務省において、北京のルートを通じて北朝鮮側に厳重な抗議をした」
 韓国国防省の関係者によりますと、ミサイルが発射されたのは午前4時50分と58分の2回で、北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)付近から東の方向に発射されました。スカッド型の短距離弾道ミサイルとみられます。小野寺大臣は、2度目の記者会見で「ミサイルは最大で500km程度飛び、いずれも日本海上に落下したと推定される」と発表しました。ミサイル発射を受けて政府は、総理官邸で関係省庁の局長級会議を開いたほか、防衛省でも幹部が集まって対応を協議しました。安倍総理大臣は、アメリカや韓国などと連携を図り、情報収集や分析にあたるよう指示しました。来月1日には、拉致被害者らの再調査を巡る日朝政府間協議が予定されていますが、岸田外務大臣は「変更は考えていない」と述べ、協議を予定通り行い、そのなかで、ミサイル発射についても抗議する考えを示しました。一方、北朝鮮外務省の関係者はANNの取材に対して、「詳細は分からない」としながらも、「正常な軍事訓練の一環だろう」という見解を示しました。


* なぜ今なのか?意味が分かりません。予告も無く、効果も不明、何を考えているのかも不明では、「自信」がなかったがやってみて失敗ではなかったので」なんて言う考えなのでしょうか、迷惑をするのは、周辺の国々です。緊張し、備えるための軍事費を増額したりするのでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上元行革担当大臣の抵抗、頑張れ

2014年06月28日 14時56分13秒 | 政治に物申す



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家の紫陽花です。
ド・アップで撮影してみました。光線といい構図といい、自画自賛です。と言うかまあまあの出来でした。


【身辺の話】
今日も、「梅雨空」です。南の海上から「梅雨前線」四国沖に停滞するような動きです。
まあ、今のところ「梅雨前線」の上空に「寒気団」が覆いかぶさるような具合で積乱雲の発生などはないようですから、局地的豪雨などはまずないようです。
 本日のマイコンディションは、体重が75.0キロ(+200g)、体脂肪率24.2P(-0.2P)でした。


【集団的自衛権行使】テレビ朝日系(ANN) 6月28日(土)0時5分配信
『行使容認に待った!?総務会の1人が反対表明』
 集団的自衛権の行使容認の閣議決定に向けて、公明党は28日、全国の地方代表を集めて大詰めの調整を行います。こうしたなか、自民党の村上元行革担当大臣が総務会で反対する意向を示しました。

 自民党・村上元行革担当大臣:「最後まで総務会でこの問題の本質についてきちんと答えがもらえるのかどうか。答えがもらえないならその時は考えざるを得ない」「得心いかないのに、なぜ賛成しなきゃいけないの」
 外国特派員協会で記者会見した村上氏は安倍政権の姿勢を批判し、全会一致が原則の総務会で反対する意向を示しました。政府は来月1日に、与党内の合意や自民党総務会などの手続きを経たうえで、閣議決定する方針です。一方、民主党も、集団的自衛権について「行使を容認する解釈に変更することは許されない」などとした見解をまとめました。政府が示した事例のうち、アメリカ本土に向かう弾道ミサイルの迎撃について「日本に迎撃能力がないうえ、切迫性は低い」として、検討課題とするなど是非についての判断は先送りした形です。


* 「村上元行革担当大臣」我が愛媛県のしかもここと同じ選挙区選出議員です。いやいや、これに関しては「立派な態度」と賛意を贈りたいものです。過去にも「安倍内閣」の暴走に批判的な態度を表明されていました。ぜひ、がん張るように、エールを送りましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公明党が結論出す。

2014年06月27日 14時53分18秒 | 政治に物申す



【今日の写真】 
今日の写真は、「アジュガ」の蜜を吸っていた「ヒメアカタテハ」のようです。半月も前の古い写真です。
「ヒョウモンチョウ」と区別がつかないのでこまっています。


【身辺の話】
今日も、南の海上から「は言う全線」が接近し始めて曇り空ですが、先ほどから、か細い雨が音もなく降り始めてきました。
いよいよ、本格的な「梅雨」の到来を思わせます。
 本日のマイコンディションは、体重が74.8キロ(-100g)、体脂肪率24.4P(±0P)でした。


【集団的自衛権行使】テレビ朝日系(ANN) 6月27日(金)11時48分配信
『「集団的自衛権」最終案提示 安保政策大きく変更へ』
 集団的自衛権を巡って政府は、与党側に閣議決定の最終案を提示しました。これまでの安全保障政策を大きく変える閣議決定は来週1日に行われる見通しです。
 10回目を迎えた与党協議では、公明党から大きな異論は出ず、「てにをは」の文言修正だけで終わりました。
 自民党・高村副総裁:「(公明党内で)議論が熟しつつある。引き続き、公明党内の議論を見守っていきたい」
 今回の最終案では、公明党の反発が強いシーレーンでの除去活動など集団安全保障での武力行使については明記されず、事実上、問題が棚上げされたままの合意となります。ただ、政府は国会審議に向けた想定問答をまとめています。このなかで、集団安全保障での武力行使は「新たな3要件を満たすなら憲法上、許容される」と記されていて、今後、大きな火種となりそうです。公明党は28日、地方の代表を集めて懇談会を開き、全国の支持者の理解を得て党内をまとめたい考えです。山口代表も集団的自衛権の行使容認を受け入れる姿勢に転じていて、結論ありきのガス抜きの場となりそうです。(政治部・水頭洋太記者報告)


* 所詮「与党内の公明党」ですから、頑張ったといってもいいかもわからないですが・・・・。期待する方が虫が良すぎたかもわかりませんね。しかし、事は重大です。我が国の安全保障がついに方向転換するということを「提案する」立場の人間が理解しているのでしょうかね。これによって周辺の関係国が、一層神経質になり、緊張はたかまることでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電力各社の株主総会。

2014年06月26日 15時06分31秒 | 原発問題



【今日の写真】 
今日の写真は、かなり以前の写真です。電線に「シジュウガラ」が止まって、ツッピーツッピーと啼いていました。
背景に樹があったのですが、クローズアップして、消えてしまいました。


【身辺の話】
今日は、午前中、買い物に出かけました。ガソリン代がどんどん値上がりしています。そして気になるのが今年の夏はあっという間に過ぎ去り、秋が駆け足で来るとの長期予報も出ているようです。光熱費が思いやられます。
昨日も大雨が関東を襲った様子です。線路下をくぐるアンダーパスが、排水が間に合わず車が水没する事故が多発していたようです。沖縄は「梅雨明け」とのことです。平年に比べて3日遅く、昨年に比べても15日遅いということです。
 本日のマイコンディションは、体重が74.9キロ(-300g)、体脂肪率24.4P(±0P)でした。


【電力各社の株主総会】テレビ朝日系(ANN) 6月26日(木)11時50分配信
『橋下市長「経営陣は失格」関西電力株主総会で批判』
 今年初めて原発ゼロの夏を迎える関西電力の株主総会が開かれ、大阪市の橋下市長は筆頭株主として、経営陣の即刻交代を求めました。

 関西電力の株主総会は、26日午前10時から神戸市内で開かれ、筆頭株主である大阪市の橋下市長が2年ぶりに出席しました。関西電力は今年初めて「原発ゼロ」の夏を迎えますが、橋下市長は「今の経営陣は将来予測ができていない」などとして経営陣に即刻退陣を求めました。
 橋下徹大阪市長:「2年前にあなた方に言いました。『2年後、原発は動きませんよ』と、『だから対応を考えなさいよ』と言ったところ、あなた方は何もやらなかった。壇上の皆さんは経営陣として失格」
 橋下市長は、関電側の答弁次第で「物言う株主」に株を売り払うと表明。脱原発を宣言するよう求めました。株主総会は午前11時半現在も続いています。


* 電力各社は、それぞれ本日「株主総会」を開催しているようです。各地とも「脱原発」の組織的発言や提案がされているようです。しかし、ガードの堅い電力各社は、「再稼働」に向けての準備をしている。「原発は再稼働しなくても電力は足りている」と言う確信を以て、「反原発運動」に弾みをつけたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国内最若年市長に疑惑。

2014年06月25日 14時57分19秒 | 社会




【今日の写真】 
今日の写真は、今月6日に訪ねた「診療所」からのいつもの「田園風景」です。「梅雨入り」間近の佇まいです。
水田に苗が植わり「田植」もおわりほっとしたころでしょう。鋭気を養うひと時でしょうね。


身辺の話】
今日は、薄曇り、時折ぱらつく雨です。デッキに置いている「キジバト」の餌の粟粒に雀の集団が十数羽集まってきます。まあ、賑やかな事です。
昨日関東を襲った「爆弾低気圧」には驚きました。東京都下の「三鷹」の一部に集中した「雹」の大量落下でしたね。何ともこんな現象があるとも知らずに78年間生きてきました。時ならぬ「雪かき」いや「雹かき」で大変なご苦労をされたことでしょう。幸い人的被害は出ていないようですから、やや安堵です。
 本日のマイコンディションは、体重が75.2キロ(+300g)、体脂肪率24.4P(+0.3P)でした。


【最年少市長の疑惑】テレビ朝日系(ANN) 6月25日(水)11時55分配信
『業者「宣伝効果あると…」最年少市長は依然“否認”』
 岐阜県美濃加茂市の全国最年少の市長が逮捕された贈収賄事件で、贈賄側の業者が「自治体に売り込めば宣伝効果があると思った」と供述していることが分かりました。

 雨水を浄化するプラントの導入を巡って賄賂のやり取りがあったとして、24日に美濃加茂市の市長・藤井浩人容疑者(29)と名古屋市の経営コンサル業・中林正善容疑者(43)が逮捕されました。警察は、24日の市役所の捜索に続いて、25日朝から藤井市長の自宅を捜索しています。その後の警察への取材で、中林容疑者が贈賄の動機に関して、「自治体に売り込めば宣伝効果があると思った」と供述していることが分かりました。一方、藤井容疑者は「現金を受け取ったことはない」と容疑を全面的に否認しています。


* 29歳の全国一若い市長と言うことにも注目が集まっていますね。ただ贈収賄にしては「金額」が低すぎるようにも思われますね。こういうケースは、政敵からの「チクリ」などもよくあることのようです。シッカリ調べて知らせてほしいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(火)「スイカズラ」(ピエロ)

2014年06月24日 16時43分20秒 | 沖縄基地問題
平成26年6月24日
今日は、「梅雨の中休み」のようじゃねー。今日はささほうさじゃったがね。車のタイヤがパンクしとって、慌てて、スペヤタイヤを取り出して、とりつけたり、おおごとじゃったわい。もうタイヤも10年くらいつけたままじゃけん、今年の9月には買い替えにゃーと思いよるんよ。何とかPCのホムペソフトは修復でけたよ。

                                
今日の写真


「ピエロ」の写真です。「すいかずら」です。家の周囲で蔓延っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道後の話題。

2014年06月24日 15時11分13秒 | ふるさと


【今日の写真】 
今日の写真は、我が家の「アジサイ」です。今年の花は、いつもとは様子が変わって、「オオデマリ」のような花つきのようです。
小振りな花茎が何本か、寄り集まるように咲いています。今日あたりは、もっと濃いブルーに変身しています。


身辺の話】
今日も、色々ありました。買い物に出かけようと車に乗ると、いつもとは違って目線が上にあるのです。おかしいなと思って家内に後ろのタイやをみてもらったら、「ペッチャンコ」になっていました。「パンク」です。さてそれからが奮闘でした。「スペアタイヤ」を後部から取り出して、悪戦苦闘で交換し、タイヤ屋さんに直行、修理を頼みました。午後取りに行き、あっという間に装着で唖然としました。
もう一つは、ホームページ転送の障害です。昨日夕方の更新転送からの不具合で、昨夜もいろいろ考えて眠れなかったのです。新規設定をしてやっと午前中に修復できました。
 本日のマイコンディションは、体重が74.9キロ(-200g)、体脂肪率24.1P(±0P)でした。


【愛媛の話題】愛媛新聞ニュース 松山2014年06月24日(火) 配信
『全焼の宝厳寺再建、11月にも工事開始』 
 昨年8月に本堂などが全焼した一遍上人ゆかりの宝厳寺(愛媛県松山市道後湯月町)の再建工事が11月にも始まることが23日分かった。道後温泉誇れるまちづくり推進協議会(宮崎光彦会長)の総会で、宝厳寺総代を務める三好隆副会長が報告した。
 三好副会長によると工期は約1年。本堂は屋根を瓦ぶきから道後温泉本館の振鷺閣(しんろかく)と同じ銅板ぶきに変更するほか、コンサート開催などを想定したスペースも設ける予定。また、市道「上人坂」から見て左側にあった本堂の立地場所を正面に移動させ、坂と寺の一体感を出す。具体案は9月に檀家(だんか)に提示する方針。
 総事業費(庫裏を含む)の約7割に相当する1億1000万円が県内企業と檀家から集まったことを受け、まちづくり推進に向けて着工に踏み切る。残り4000万円は引き続き企業に協力を呼び掛けるほか、協議会のまちづくりに賛同する企業に寺の所有地の一部売却なども想定している。


* 湯の街道後の名所でしたので、「観光客の誘致」には欠かせない建築物といえるでしょう。火災による消失は、単に檀家の人達だけでなく地元道後の皆さんにも損失でした。「再建」の協賛金も道後のホテルや商店街のみなさんの協力がかかせませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活に直結するエルニーニョ

2014年06月23日 16時37分58秒 | 天災



【今日の写真】 
今日の写真は、昨日の雨の中、健気に咲いていた「桔梗」の仲間のような花でした。部屋の中からデジカメを構えてズームアップして撮影しました。ダメモトで撮ってみたのですが、結構に写っていました。
昨日サイト検索して「ヒメシャジン」ではないかと思ったのですが、今、再度調べてみるとどうも今一つしっくり合致しないのです。再度詳細に調べてみましょう。



【身辺の話】
今日は、「梅雨の晴れ間」友思われる曇り空です。薄雲から差す太陽はまぶしいです。前の空き地では、「小綬鶏」が啼いていました。また、カラスも子育ての最中でしょうか、異様な鳴き声も聞こえてきます。
 本日のマイコンディションは、体重が75.1キロ(-200g)、体脂肪率24.1P(-0.1P)でした。


【異常気象】J-CASTニュース 6月23日(月)10時30分配信
『「エルニーニョ冷夏」は景気にマイナス 日本経済に思わぬ伏兵現れる』
 全国的に猛暑と記録的な大雨など、荒れ気味の天気が続いているが、2014年は冷夏になるという。世界的に異常気象をもたらす「エルニーニョ現象」が発生するというのだ。低温、長雨などとなれば、農業生産に影響を与えるほか、人々の買い物やレジャーの意欲をそぎ、景気にはマイナスというのが経験則だ。デフレ脱却に向かう日本経済にとって、思わぬ伏兵ともいえ、政府も空模様に気をもんでいる。

 「エルニーニョ」とはスペイン語で神の子=イエス・キリストのこと。太平洋赤道域の日付変更線付近から、南米のペルー沿岸にかけて、海面水温が平年より高い状態が続く現象で、地球全体の大気の流れが変わる。





* 「アベノミクス」で物価は上昇し、消費税は増税し、年金は下げられ、生活苦が現実の問題となっているこの時期に、自然も追い打ちをかけてくるようだ。それと、さらに「イラク紛争」による原油の値上げと、どうしようもない生活困窮者が増大することでしょう。あーあ情けないことになりますよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国国内の自爆テロ。

2014年06月21日 15時53分54秒 | 事件・事故


【今日の写真】 
今日の写真は、庭に植えている木の「夏椿」が咲き始めています。花びらの周りがギザギザしているのが特徴だそうです。花は一日しか持ちません。潔く散り果てます。木は購入してからもう14年は経っているでしょう私(180cm)よりも高くなっています。
この木の根元に眠る「ピーロ」(セキセイインコ)ももう6年くらい前からです。


【身辺の話】
今日は、また雨景色です。向かいのラグビー場もその背後の「菅生山」も霧に包まれています。今年は「ムカデ」が多いようにおもいます。裏の「真竹」の筍もぼつぼつと生えてきているようです。
 本日のマイコンディションは、体重が75.0キロ(-200g)、体脂肪率23.9P(-0.1P)でした。


【中国国内事情】読売新聞 6月21日(土)13時57分配信
『新疆の公安局庁舎に車突入、警官が13人を射殺』

 【上海=鈴木隆弘】中国新疆ウイグル自治区の政府系サイト「天山網」によると、同自治区カシュガル地区カルギリク県で21日朝、車両に乗った集団が同県公安局庁舎に突入し、爆発装置を起爆させた。

 警官が集団の13人を射殺し、警官3人も軽傷を負った。爆発の規模は不明だが、住民に死傷者はいなかったという。

 同サイトは集団について、「暴徒」であるとしているが、全体の人数などの詳細は明らかにしていない。同自治区では区都ウルムチで4、5月に爆発事件が相次ぎ、当局がウイグル族の犯行であるとみて締め付けを強化している。


* 次々と起こる「自爆テロ」、いくら武力で黙殺しようとしても、それは到底不可能なことでしょう。民主化の動きを力で弾圧することはできない相談ですね。北朝鮮もそうでしょうが人民の言論をどう考えているのか、国家体制の違う我々には理解しがたいことですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加