「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

松山に「慈雨」。

2009年06月30日 15時55分13秒 | Weblog

今日も、「梅雨空」です。松山の「石手川ダム」も72ミリの「降水」があり、平年水位の50パーセントまで回復してきたようです。
ここ久万高原でも、雨が続いています。「男性的」ではありませんが、やっと「梅雨」らしき雰囲気ですが、「じめじめ」は、実感です。

「自民党」は、いよいよ、解散して、国民の信を問うにしても、現状の「麻生内閣の支持率」では、負け戦必至ということで、踏み切れず、さりとて「支持率を挽回の裏技」を模索しても決め手が無い現状では、迷路から抜け出せないようです。
「党内の発言の規制」をしないと、統制が取れないような雰囲気です。

また、与党内からは、内閣支持率が低迷している現状での解散は「集団自殺だ」などと激しい反発が出ている。こうしたことから、麻生首相は都議選直後に解散する方向で調整に入った。
ただ、自民党内には「麻生首相の下で総選挙は戦えない」として、麻生首相の退陣や総裁選挙の前倒しを求める動きが活発化している。
 都議選後の解散で、高まる「麻生降ろし」を封じることができるのか、麻生首相は難しいかじ取りを迫られている。
果たして注目される「都議選」の結果が、「自民・公明」の惨敗ということになれば、いよいよ、自民党政権も終焉を迎えることになるでしょうかね。

【今日の写真】 散歩道でよく見かける「ウツボソウ」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「麻生氏」の決断力は貧弱。

2009年06月29日 15時53分34秒 | Weblog

今日は、夕べからの雨が残っていました。
これで松山も少しは「潤い」があったようで、松山からの「セールスの人」は、「夜間断水」は、当分延期とのことでした。
でも、まだまだ雨がほしいところでしょう。

「自民党」は、いよいよ、失速しそうな現状ですね。
誰もがてんでばらばらな発言をし、まったく政治集団としての統一が失いかけていますね。

党人事や内閣改造の問題についても、「麻生総理」自らは、「言った覚えも無い」とまたぞろ「はぐらかす」発言をし、その上でまったく否定もしないというのですから、まるで「痴呆症」の患者さんのようです。
そして、今日の報道によると、「党人事」は、党内の有力者の反発が強く、断念せざるを得ない状況ということです。

「総選挙」の劣勢挽回に利用しようとした「党人事」が反対されて、幕を下ろすということは、それに対する「総選挙」を戦おうとする候補者には、「旧態然」の負け戦を戦うことを覚悟しなければならないということである。
「選挙ポスター」からまた「麻生さん」が消えていくことになりそうですね。

【今日の写真】 散歩道で元気に飛んでいた「アオイトトンボ」のその2です。
【セキセイインコのピーロのこと】 最近また「気性が激しい」です。ぼつぼつ産卵期の予兆でしょうか。現在までの産卵記録は、第15期、第7回で、109個となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄は「梅雨明け」

2009年06月28日 15時55分49秒 | Weblog

今日も、「梅雨の晴れ間」で、好天でした。
全国的な「高温」は続いています。
空には「入道雲」が山の上からもくもくと顔を出していました。

沖縄は今日「梅雨明け」したようですね。
沖縄気象台は28日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。去年に比べて11日遅く、平年に比べて5日遅い。

「自民党」は、領袖の曖昧な態度が影響し、党内は「疑心暗鬼」が渦巻いているようです。
党人事や内閣改造については、麻生の本心が見えてこないので、右往左往の混迷のようです。
こんなにことでは、「総選挙」も敗北は明白でしょう。
与党連合の「公明党」ですら、「都議選」の関連で、解散時期に注文をつけるが「確約」がえられず、連合解消の声さえ出始めたようです。

自民党の鳩山邦夫前総務相は、フジテレビの「新報道2001」に出演し、自民党の自浄能力が変わらなければ、若い人たちと仲間を作り分派するとして、自民党を離脱する可能性を示唆した。
ということが報道されています。「麻生内閣」にとっても「自民党」にとっても、心中穏やかではありませんね。

【今日の写真】 我が家の庭に植えている「たらの目」をきり戻しした切り株に「アマガエル」がいました。保護色で見づらいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民党の「味噌蔵」に火。

2009年06月27日 16時58分34秒 | Weblog

今日は、全国的に昨日からの「夏日」で特に東北地方では、「真夏日」を記録したようです。
また、北海道の北見では、「雹」がばらばらと落ちてきて、特産の「たまねぎ畑」を直撃し、茎がめちゃめちゃに叩き潰され、12キロも離れた街中に、その匂いが襲ってきたということです。

「いよいよ、「自民党」という「味噌蔵」に火がつきましたね。
党人事で具体的に名前が挙がった「細田幹事長」「笹川総務会長」「堀政審会長」の三人、寝耳に水で「聞いてないよ~」と、どこかの「コント集団」の台詞よろしく会見していましたっけ。

麻生首相は25日、衆議院解散の時期について「そう遠くない日だと思う」と述べた。その影響で政界は騒然とし始めました。

人事の具体案として、自民党幹事長に舛添厚労相や菅選対副委員長、自民党政調会長に石破農水相の名前が挙がっている。また、総務相には古賀選対委員長が衆院選への出馬を打診した東国原知事を充てる案が出ている。
もうここにきては「麻生降ろし」は、公然の秘密と化していいる。

【今日の写真】 我が家の樹下で咲いている「ユキノシタ」です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンの死。

2009年06月26日 15時43分00秒 | Weblog

今朝は「マイケル・ジャクソン死す」の報道に接しました。
「ポップスの王様」といわれ、話題を振りまいた、世界のエンターティナーでした。
幼い頃から優れた才能を発揮し、世界に君臨していましたね。
50歳の彼は、徹底的に「整形手術」をしたり、幼児虐待、果ては、蝕まれた身体から来る痛みを抑えるための「鎮痛剤」の大量服用など、自らの不摂生で命を縮めたようです。でも、その音楽と才能は、これからも多くの人たちを魅了するでしょう。

「夏日」が戻ってきました。ぎらぎらと照りつける太陽に、「紫陽花」もぐったりのようです。やや持ち直した「渇水」もまた元に戻るのが心配です。

「麻生自民党」が近々、内閣改造と党人事を改変する気配が出始めました。
党内では、「麻生降ろし」が表面化し、このままでは、「選挙にならない」との悲痛な叫びが上がって、収拾が着かなくなってきたようです。
「細田幹事長」などは、まさしく「のんきな父さん」会見しても迫力ゼロ、これは替えないとダメでしょう。他にもたくさんいますね。「臨戦態勢」に不似合いなお年寄りばかりですね。
これに対して、政府・与党内からは26日、「そんな余裕はない」などと批判の声が上がっている。
麻生首相は25日、衆議院解散の時期について「そう遠くない日だと思う」と述べた。「麻生降ろし」を封じるために来週にも解散に打って出るのか、国会には緊張感が漂っている。

【今日の写真】 梅雨の晴れ間の「紫陽花」です。後方に「ジャコウアゲハ」がいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

与謝野疑惑でまた不安。

2009年06月25日 15時38分09秒 | Weblog

台風3号崩れの「低気圧」で、些かの雨を恵んでもらいました。
今日は晴れたり曇ったりのお天気です。

今日も引き続いて、「自民党」の選挙対策の「古賀委員長」が、総選挙への出馬要請を宮崎・東国原県知事に打診したということに、話題が集中しているようですね。
大方の意見は、「とうとう自民党もここまで来たか」というのが率直な気持ちのようです。
なかには、「茶番劇だよ」、天下の公党を馬鹿にしている」さらには、「何をお笑い芸人が・・・」とまで、自民党の幹部連中はいきり立っている。
今日になって「条件の主題」の「自民党の総裁にしろ」というのは、誤解を招くとして「トーンダウン」したが、次の「知事会から出したマニフェストを一言一句違えず使うこと」殿主張は全面的に押し出して、大阪府知事「橋下氏」からも「エールが送られたようである。
「古賀選対委員長」の軽率な行動には、党内殻の叱責の声が出始めた。

「与謝野経済担当大臣」の政治資金規正法の疑惑が浮上してきた。
「歯切れの悪い答弁」とおなじように、「もちゃくちゃ」と弁解する姿は、見られたものではなかった。

「北朝鮮」のミサイル実験が始まるような気配です。やはり、後継者問題がいよいよ本格的になり、その祝福と、権威の誇示のためなのでしょうか。困ったことです。

【今日の写真】 最近届いた「倖君」の写真です。お風呂場で遊ぶのが好きなようで、数枚同じ場所での撮影があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

非常識な勧誘。

2009年06月24日 15時38分43秒 | Weblog

昨晩から少し強めの「雨」が降りました。
しかし、渇水の松山では、これが、後二三日続かないと安心して「夏」が越せないでしょう。
ここ久万高原では、まず心配ない状況のようです。田植えも終わっていますのでね。

なんとも、どう解釈していいのかが不明ですが、「自民党」の選挙対策の「古賀委員長」が、総選挙への出馬要請を宮崎・東国原県知事に打診したということには、「とうとう自民党もここまで来たか」というのが率直な気持ちです。結論は出ていないということですが、こともあろうに・・・・・。とあきれ果てます。
「麻生総理」の不人気で、総選挙は戦えないという本心は理解できますが、知事も選任されてまだ短期日ですから、同意などするはずも無いでしょうし、つけた「条件」がまた振るっている、「自民党の総裁にしろ」「知事会から出したマニフェストを一言一句違えず使うこと」「地方分権を推進すること」などであるが、到底「自民党」が飲むはずも無い「条件」ですから、「古賀委員長」に対して、「断り」したということのようです。
それにしても、「古賀選対委員長」の軽率な行動には、党内外から非難が巻き起こるでしょう。

大統領選挙をめぐって混乱が続くイラン情勢について、アメリカのオバマ大統領は23日、抗議デモに対する武力鎮圧を「不当な行為」として、これまでより強い表現で非難した。
オバマ大統領は「わたしは(イラン当局の)不当な行為を強く非難する。罪のない市民への暴力を遺憾に思う」と述べ、イラン当局が改革派支持者のデモを武力で制圧していることを強く非難した。
ついに、アメリカが強く抗議をしました。

【今日の写真】 道端に咲いていた「オオマツヨイグサ」です。近くの「アザミ」には、蝶々も飛んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳩を窮地へ・・。

2009年06月23日 16時32分52秒 | Weblog

今日は、昨晩から少し纏った「雨」が降りました。久しぶりの「慈雨」です。
植物も少しだけ一息ついたようです。

歯科の「定期メンテ」でした。
道路工事で正規の道は通れないので、がたがたの地道を迂回して行き帰りしました。

散歩に行ったのですが、雨の効果は出ていなかったです、というのも長い日照りで地面は乾燥しているのでしょう。
今夜は「大雨」もあるとの予報です。

鳩山前総務相の辞任にまで発展した西川社長の進退問題は、当面「続投」で決着する形となった。
ということですね。これでは「前総務相」をますます窮地に追い込むことになるでしょう。そして「窮鼠反って猫を噛む」のたとえの通り、自民党への反旗を翻して、行動開始となるでしょうね。

松山市内の30代女性2人の新型インフルエンザ感染が22日に確認されたのを受け、市対策本部(本部長・中村時広市長)は23日、第2回会合を市役所で開き、現時点では感染拡大の恐れは少ないとして、学校など公立施設休止やイベント自粛を関係機関に要請しない方針を確認した。
まだ、続いていることを忘れてはなりませんね。

【今日の写真】 散歩道脇の「ウバユリ」の葉に止まっていた「アオイトトンボ」です。
【セキセイインコのピーロのこと】 今期は、「休卵期」にはいったようです。現在までの産卵記録は、第15期、第7回で、109個となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本格「降水」は無し。

2009年06月22日 15時33分46秒 | Weblog

今日も、まだ、晴天が続いています。
昨夜は、夜中にかなり激しく「雨」がありました。朝には「小止み」になり、昼前からまた日が照ったりしていました。
散歩にでたのですが、いつも「雨上がり」には、音を立てて流れる「砂防ダム」には、水の流れはほとんどなく、水音も静かなものでした。
夏至もすぎれば、「暑さ」はますます厳しくなることでしょう。

アメリカ東部で先週から大雨が続き、洪水などの被害が出ている。ペンシルベニア州では、増水した川に女性が流され、レスキュー隊が出動した。

西日本最大規模のダムとして知られ、主に香川県と徳島県に水を供給している高知県の早明浦ダムが22日午前、第3次取水制限に入った。
 早明浦ダムの上流、高知・大川村では、普段はダム湖に沈んでいる旧役場庁舎の屋上が水面の上に見え始めた。ダム上流域では梅雨に入ってからもまとまった雨が降らず、水位が下がり続けている。
方や「洪水」こなたは「渇水」どうもバランスよくは望めないようです。

近所で道路工事があり、来月中ごろまで、時間帯通行止めがあり、不便を強いられます。

【今日の写真】 散歩道脇に咲いている「スイカズラの花」です。
【セキセイインコのピーロのこと】 今期は、「休卵期」にはいったようです。現在までの産卵記録は、第15期、第7回で、109個となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夏至」ですね。

2009年06月21日 17時28分07秒 | Weblog

今日も、「暑さ」は厳しく、ここ久万高原も、松山とあまり温度差はありません、いや、ここの方が、高いかもわかりませんね。
西日本に少雨の現象が出ているようです。
異常気象なのでしょうかね。台風は、南西アジアに3号が発生しているようですが、日本にはどうやら影響しないようです。
予報では来週は、「雨」との観測のようですが、どうなることでしょう。

国会は、会期を1か月以上残して大きな山を越えたことになる。
危機意識が欠如しているのは、国会も「お前もか」ですね。だらだらと残りの「消化試合」のような国会では、国民の血税が「泣く」でしょう。
早々に「解散」なり「総選挙」なりを実施すればいいでしょう。

「農水省」のずさんな公務がまた暴露されました。「減反」の調査を実施しないで、机上で済ませて、その経費は、ちゃっかり着服するという手口。これも、公務員だからやれるのでしょう。

【今日の写真】 散歩道で見つけた「ツマグロヒョウモン」の雌です。それと「松かさ」です。
【セキセイインコのピーロのこと】 今期は、「休卵期」にはいったようです。現在までの産卵記録は、第15期、第7回で、109個となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加