「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

「武部に教育を・・」与謝野大臣。

2006年01月31日 19時27分03秒 | Weblog

今朝は、朝から小雨で午後は曇り空に変わりました。今日も「結露」なしで、助かりました。
今日で、「一月」も終わりですね。
なんだかあれよあれよと言う間に時が容赦なく流れて行きます。

松山では、2月の4・5・6日が「椿さん」というお祭です。商売の神様で、遠く関西からも参詣にこられます。
名物は、熊手の飾り(お金をかき集める)や「おたやん飴」という何処で割っても「おたふく」の顔が出てくる「飴」などです。

この行事が過ぎると「暖かく」なると昔からの言い伝えがあります。

「ライブドア問題」で、武部幹事長が、「ホリエモンが野放しにされていたのは、証券取引委員会の怠慢」という意味の発言をしました。昨日の弟と「持ち上げた己の非を委員会に擦り付けるがごときもので、所轄の与謝野財務大臣から、「三年も前から内偵していた、幹事長には、「教育を」と叱責されたようです。まあ、「武部氏」の放言も今に始まったことではない、もっと慎重さがこの人には足りないのでしょう。

今日の写真は、松山にいた時に鉢植えの梅の木の根元にくっついてきた「ユキワリソウ」の一株です。雪の下から、元気に顔を出しました。花も咲いてくれるといいのですが・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

問題にならない方がおかしい。

2006年01月30日 19時34分41秒 | Weblog

今朝は、外気温が高く、窓に「結露」が着いていなかったです。その分、楽でした。
今日は、松山への買い物に峠を下りました。
買い物をしている間に、外は「雨」にかわりました。
「血圧測定器」を買い替え、食料品を買い込み、「ファミレス」で食事をして帰りました。

「外相・麻生さん」の発言が話題として取り上げられていません。(「小泉さん」のお先棒を担いで、
「靖国神社へは、天皇陛下が参拝すべきだ」とまた、『天皇陛下万歳』と言って戦死した人がほとんどで、『総理大臣万歳』と言って死んだ兵隊はいないでしょう」とか。)
昨日、大きな問題になるだろうと予測して「書き込み」したのですが、「東横イン」の社長謝罪などの「ビッグニュースの陰にかくれたのか、それとも、「麻生放言」は今に始まった事ではないととりあげられないのか、はたまた、それほどまでに取り合ってくれないのか、いずれにせよ、無茶な発言です。

松山でも、「灯油」が高かったですね。「久万高原のJA」との価格差も、18リッターで、100円近く高い値が付いています、全く・・・・・。

「ホリエモン」も取調べ中の取り巻き連中が、法令違反を認める発言がある中で、未だに「犯罪の意識がなかった」と調書への署名も拒否しているとか・・。
でも、罪は罪として認める度量も必要でしょう。
「まだまだ、若い」のですから、・・・。

今日の写真は、そんな意味も込めて「ゆずり葉」です。寒波に耐え、緑の葉が美しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『麻生外相』の暴言。

2006年01月29日 17時47分08秒 | Weblog

今日も、朝の冷え込みは強かったのですが、日が昇ってからは、いいお天気でした。
昨日、町内の「製材所」の成川さんがトラックで、薪を運んで来てくれました。
手ごろなサイズで、火持ちもいい材料です。
今日は、早速「仕分け」をして、生っぽいのは、来年の燃料とします。

まあ、なんと言う発言なのでしょう、時の「外相・麻生さん」、「小泉さん」のお先棒を担いで、名古屋でエライことを言ったものです。
「靖国神社へは、天皇陛下が参拝すべきだ」とまた、『天皇陛下万歳』と言って戦死した人がほとんどで、『総理大臣万歳』と言って死んだ兵隊はいないでしょう」とか。
まあ、なんと言うお粗末な話しなのでしょう。
ならば「小泉総理大臣」が参拝しなければいいでしょう。
それと何かの書物で読んだのですが、大戦で戦死した人たちは「天皇陛下万歳」と言った人は数少ないと言う事でした、むしろ「お母さん・さようなら」と唱えて死んだ人がほとんどとか・・・。

この発言は、「天皇に命令するがごとき発言」ですね。
これから問題になるでしょう。
こんな考えの人が「次期総理候補」とは、あきれ返りますね。


今日の写真は、その届いた「薪」です。これから『一仕事』あります。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「インフルエンザ」流行の兆し。

2006年01月28日 17時43分12秒 | Weblog

今日も、いいお天気でした。
思いついて、裏山の去年の台風で、根っこから倒れ掛けていた「杉木」を「チェーンソー」で、切りl来年の「薪ストーブ」の燃料として、確保しました。ストーブサイズに切って、土手を転がして、片付けて、「斧」で割って乾燥させます。

この間「あけまして・・・」なんて挨拶を交わしたとおもったら、もう一月も、終近くですね。

時の流れの速いのには、驚きます。

「インフルエンザ」が猛威を振るい始めたようです。
全国的にも、「臨時休校」する学校が出ていますね。
まだ、日本込まないには「鶏インフルエンザ」は入っていないようですが、これが蔓延すると大変な「パニック」となるでしょう。
「米牛肉」並みの、「防疫体制」をしっかりと構築してほしいものです。

「灯油価格の高騰」について「石油連盟」に苦情の「メール」を、送信してやりました。なんとも、黙って高値に甘んじることよりも、ささやかな抵抗ですが、実行しました。みなさんも、一言苦言を呈してやったらいかがでしょう。

今日の写真は、その「薪」です。少し天日に干すため並べています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「無責任時代」に逆行。

2006年01月27日 17時59分58秒 | Weblog

今日も、「黄砂」か「春霞」のように遠くの山々が霞んで見える一日でした。
庭での仕事も楽になりました。
少しだけ日中が長くなったかなーと思います。

「不思議な事件」も発生しました。11人の女性と共同生活し、同居の女性たちが警察の取調べを受けたようですが、「自分たちは、被害者ではない」というようなことをしゃべっているということです。
世間の常識の範囲外で何が起こるかわからない時代でしょうか?

いや、何が起こっても不思議でない世の中になってきたようです。

そういえば。今国会で話題になる問題も、大同小異かもわかりません。
「ライブドアの問題」「姉歯耐震偽装問題」「米牛肉問題」
これらに虚通する課題はと言えば、検査・検疫などが疎かになっているということでしょう。
なんでも、「民営化・民間委託」という流れからすると、当然予測されることばかりです。「責任体制の強化」が必要です。

「武部幹事長」にたいして、元総理の森氏が痛烈な非難を展開しましたのを受けて、「渋々」自己責任を認める発言をしたようです。

これらの「責任回避」の流れは、「小泉さん」の姿勢が源流のような気がします。

今日の写真は、我が家の前に未だに残っている「高砂百合の種房」です。雪で叩かれても、しっかりと立っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「小泉答弁」と「不思議な事件」

2006年01月26日 19時13分43秒 | Weblog

今日は、「春霞」のように遠くの山々が霞んで見える一日でした。
気温も高め快適でした。

国会では、「予算委員会」での審議が始まりました。
「米国の牛肉」について、質問された「小泉首相」とうとう、「逆ギレ」し、「そんなに責めなくてもいいでしょうが」と、「悪いのは、アメリカでしょう」と答弁する始末、もっと前向きな答弁が出来ないものでしょうかね。

「インターネット」が進歩し、それに伴って、それを悪用する「犯罪」も増加しつつあります。
「スパイウェアー」を作成した「犯人」が逮捕されました。日本初ということです。
手口は、「ネットバンキング」の利用者に対して、あたかも銀行からの発信を装い、カード番号や「暗証番号」を入手して「金融機関」から、1000万を引き出して着服していたようです。
ある意味では、怖い社会になってきたということです。

また、「不思議な事件」も発生しました。10人の女性と共同生活し、まるで「ハーレム」の王者のような得体の知れない者が現れました。
道徳なんて無縁な人物、また、それに同調する女性たち、何が「正」なのか「悪」なのか、それさえも理解できない人々なのでしょうかね。

「武部幹事長」にたいして、元総理の森氏が痛烈な非難を展開しました。当然でしょう、「ホリエモン」を担ぎ出し、「家族よ、弟よ」とぶちあげたのですから、その責任は逃れようも無いということですね。

今日の写真は、我が家の前に未だに残っている「雪の山」です。大分痩せてきていますが、しっかりと残っています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「祟り」を畏れているのか。

2006年01月25日 19時23分25秒 | Weblog

今日も、青空になりました。でも、寒気は厳しいですね。
この寒さでは、暖房せざるを得ません。「灯油」の高値が続いていますが、どんなカラクリなのでしょう。「政府」は、少しは対策をとっているのでしょうか、一向に成果が上がっていないようですが・・・。

とうとう、「ホリエモン」は、社長を辞任しましたね。常々言っていた「株主の利益」を考えてのことでしょうが、急成長の反動は余りにも早かったですね。
「暖房」のない「東京拘置所」での、取調べは、「鈴木宗雄さん」が体験していることで、報道に取り上げられています。若い時の苦労・清貧が、役立つようですね。
果たして、「ホリエモン」に、この過酷な異常空間が堪えられるのでしょうか。
取調べは、連日にわたり、午前と午後と夜にきつい追求があるようですから・・・。


国会審議が二日目ですが、相変わらず「小泉首相」は「中韓外交」について、「靖国参拝」を固持し、「中韓軽視」と取れるような態度を持続しているようです。
理解に苦しみますが、「靖国参拝」に意固地になると、「アー、小泉さんは、靖国神社の参拝をやめれば、何か祟りがあるので、続ける」と言っているのかなー。なんて勘繰りたくもなりますね。
「ホリエモン担ぎ出し」の責任問題は、少しだけ、「別問題」から「ある程度の責任」を認める発言をしました、「世論」が小泉・武部の縁切り発言に「自民党は冷たい」「総理は冷酷だ」などの意見が多数を占めてきたからでしょうね。

今日の写真は、我が家に植えてある、「紫陽花」ですが、枝に付いたまま「ドライフラワー」化しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ホリエモン】遂に逮捕。

2006年01月24日 19時17分06秒 | Weblog

今日も、午後からは、青空になりました。
今年に入って初めて診療所に出かけました。家内の「薬」をもらう為です。
そこも結構、雪が残っていました。
今朝は、部屋の中でも、0度くらいで、寒さは、まだまだ緩みません。

とうとう、「ホリエモン」他ライブドア幹部が逮捕されましたね。
自身は、「悪いことなどしていない」と、言っているようですが、往々にして、過去の犯罪者は、「自ら犯した罪」には、中々気が付かないのが常ですから、自覚がないのも当然かもわかりませんね。
ただ、この寒い時期に、「暖房」のない「東京拘置所」での、20日間は、堪えることでしょう。
また、今年は「ことの外」の「寒波」のようですから、・・・・・。

この、「ライブドア・ショック」で、少し「にんまり」している人がいませんでしょうか?
そうです、「話題」が薄れた恰好になっいてる「姉歯・小嶋・河口」各氏の「耐震偽造関係者」でしょうね。
この傾向に被害者である、「マンションの住人」は逆に「焦り」を感じていることでしょう。
そして、「無人ヘリ」を中国へ輸出しようとしていた「ヤマハ発動機」、普段ならば、大々的に取り上げられる報道も、「ライブドア」の陰になって、ほっとしていることでしょう。

国会審議が始まりましたが、「小泉首相」の答弁は、全く「生ぬるい、言い訳」に終始しているようです。
日本の命運を担うという気概を全くと言って良いほど感じません。

今日の写真は、裏藪の草叢で見かけた「ヤブコウジ」です。真っ赤な実が可愛いものです。
ここの書き込みに「世話役さん」から、沢山の「コメント」を書き込みして頂いてしているのを、今日、見つけました。
どうも、どうも、心から厚く厚く御礼申し上げます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

近くて近きは・・・」

2006年01月23日 19時08分13秒 | Weblog

今日も、午後からは、青空になりました。
久しぶりに「久万高原町のお知り合い」のUさんが訪ねてきてくれました。
以前、ご自分で作られた「キウイ・フルーツ」を頂戴したり、入魂にしていただいている方です。
町村合併などの困難なお仕事をされていたり、久万高原町の「ホームページ」を立ち上げられたり、大変、町にとっては重要な任務をこなされている逸材です。
お話しをしていると、世の中狭いもので、かかわりのある方が大勢いたり、二人で笑ってしまいました。
挙句の果てに、Uさんの祖父と私の父が同じ「青森県人」だったり、奇遇なことばかりでした。
また、彼の「お母上」さんが、この「日替わりコメント」の愛読者ということで、これも、またうれしいお話を聞かせて下さいました。
お互い、標高も同じ、従って環境も良く似たご自宅ですから、ここで、ご披露する写真がより一層身近に感じられるようです。

「ライブドア・ホリエモン」も、東京地検の特捜に家宅捜査された以上、何らかの措置は覚悟しているのでしょうか、次々と出てくる裏づけ証拠も、まだまだ、出てくることでしょう。
「株価」は一気に暴落し、一般投資家を巻き込んでの「ライブドア・ショック」。
でも、そうそう、上手い話が転がっているものではないようですね。

やはり、人間は「額に汗して、地道に稼ぐ」これしかないようですね。
「濡れてに泡のつかみ取り」こんな上手い話は、万に一つもあればいいほうでしょう。


今日の写真は、昨日の「夕映え」です。今日はもう少し「雲」が多かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽薄な弁明

2006年01月22日 17時43分45秒 | Weblog

今日は、午後からは、抜けるような青空になりました。
久しぶりに散歩もしました。
関東地方でも、大雪の峠は越したようですが、怪我人などが多数出たようですね。交通機関の麻痺で「成田空港」では、1万人余りが一夜を明かしたようですね。

「輸入再開」は、「危険部位」が輸入されようとして「チェック」され、再び「輸入禁止」の措置が発令され、政府も「時期尚早」だった再開合意の正当性を懸命に弁明していました。

どうも、最近は、「弁解・謝罪」が報道で、イヤというほど流れています。
「ライブドア・ホリエモン」を国会選挙に担ぎ出した、小泉・武部に至っては、応援演説で「私の弟みたいなものです」などとガナリ立てていたと思えば、「迷惑な話」だと、弁解する。

経団連も、「ライブドア」を「メンバーにしたことが時期尚早だった」と弁解する。
「耐震強度偽装問題」では、「伊藤幸介議員」の誰にでもわかる嘘の「弁解」を、「ヒューザーの小嶋社長」は、自らの非を他人や国に転化しようとする「弁解」

どれも、余り立派なことではない。

謝罪すべき時は、どうして素直に「謝罪」しないのか、「言い訳がましい態度」は、昔の日本にはなかったはずである。

今日の写真は、10分前に写してきました。我が家の裏庭の「残雪」です。
しつっこく頑張っています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加