「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

安保法制成立から2年。

2017年09月20日 14時36分17秒 | 安保法制に反対



【今日の写真】 
今日の写真は、あまり目にしたことはないと思いいますが、「シキミ」の実です。
野鳥の山雀が好物だとききますが、いまだに食べているところを見たことがありません。
昔の人は「シキミは屋敷に植えるものではない」と言われるようですが、我が家のような山の中だと、気にする人もいません。


【私的な出来事と体調】
 今日も、どんよりとしたお天気、たまにぱらつく雨で、「洗濯物が乾かない」と家内が嘆いています。
気温も低めです。肌寒ささえ感じます。秋明菊の白い花が咲き始めました。
 本日のコンディションは、体重が76.0キロ(-200g)、体脂肪率24.9P(-0.4P)です。


【安保法制】テレ朝 news9/19(火) 23:30配信
『【報ステ】安保法制の成立から2年…何が変わった?』
 安全保障関連法の成立から2年。小野寺防衛大臣は19日、北朝鮮情勢が緊迫するなか「日米同盟が一層強固になり、抑止力の強化に繋がり、さらにアメリカをはじめ関係国からの信頼を一層向上させた。これにより我が国の安全も一層確実なものとなったということは間違いない」と強調した。これまでの取材で、海上自衛隊の護衛艦が今年5月、房総半島沖でアメリカ海軍の補給艦と合流、並走し、護衛にあたったことがわかっている。さらに、先週、政府関係者への取材で、海上自衛隊が日本海で弾道ミサイルの警戒にあたるアメリカ海軍イージス艦への給油活動を行っていたことがわかった。ともに安保法により可能となった任務だが、政府は公式に発表していない。法案審議中、護衛中に戦闘に巻き込まれないかという点が指摘されたが、議論はかみ合わず、運用に関して安倍総理は「国会及び国民の皆様に対する説明責任を果たす」と強調していた。


【私見】*成立のための説明と現状が全く異なっている問題の「安保法制」成立からもう二年ですね。稲田防相も去り、小野田防相に変わっても「秘密主義」には変化がない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加