「ピエロ」の独り言

四国の山の中、久万町に住む「ピエロ」。人は皆「道化師」です。独り言を掲載します。

長い廃炉作業のスタート。

2017年01月30日 15時32分35秒 | 原発事故



【今日の写真】 
今日の写真は、我が家に来る定期便の「山雀」です。デッキの手すりに止まっています。
ここで一度待機して、格上の仲間が来ると、先を譲り、格下の仲間だとそのまま餌に一目散です。こうした秩序は厳しいくらいに身についているのでしょう。


【私的な出来事と体調】
 今日は、暖かい朝でした。結露取りの「ケルヒャー君」も出番なく待機でした。
昨夜はかなり激しい音を立てての降雨でした。
先ほどまで、「薪ストーブ」の燃料運びをしていましたので更新が少し遅めです。
今日の体調は体重が76.1kg(±0g)、体脂肪率24.8(+0.9P)です。


【原発関連習】日本テレビ系(NNN) 1/30(月) 14:47配信
『福島第一原発原子炉下に“黒い塊”デブリか』
 東京電力は30日、メルトダウンした福島第一原発の2号機の内部をカメラで撮影し、原子炉の真下に、黒い塊が確認されたという。溶け落ちた核燃料などが固まった「燃料デブリ」の可能性があり、東電が分析している。
 福島第一原発2号機の内部調査は30日朝から行われ、原子炉の格納容器の中にカメラを入れて、事故後初めて、核燃料が装填(そうてん)されていた圧力容器の下を撮影した。
 調査で、圧力容器の真下に黒い塊があるのが確認されたという。溶け落ちた核燃料などが固まった「燃料デブリ」の可能性があり東京電力が分析を進めている。
 燃料デブリであれば、事故後、初めて確認されたことになる。東京電力は今後、場所の確認を進め、廃炉作業最大の山場となる、燃料デブリの取り出しにつなげたいとしている。


* ついに核心部分にカメラが入ったのですね。まずは廃炉へ第一歩と言ってもいいでしょうね。廃炉の道のりは、40年とも50年ともいわれる。長い道のりを進まなければならないのは、関係のない未来の子供たちなのですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東電社員が「賠償金」の詐取。

2016年03月24日 15時35分04秒 | 原発事故



【今日の写真】 
 今日の写真は、7年前、庭に植えている「枝垂れ桜」です。植えてからまだ開花したことはないので今年こそはと期待しているのです。やっと「蕾」が枝先に見えてきました。待望の開花が待たれます。でもこの様子ですと来月に入らないと無理のようです。


【私的な出来事と体調】
  今日は、幾分雲が張り出しています。寒さも風に乗って忍び寄っています。室内で19℃ですから風の吹く戸外では10℃そこそこでしょうね。まだ本格的な暖かさは先でしょう。
「寒の戻り」とか「花冷え」でしょう。
今日の体重は77.3g(±0g)、体脂肪率25.1(-0.4P)です。


【東電獅子身中】テレビ朝日系(ANN) 3月24日(木)11時55分配信
『東電社員を書類送検 原発事故の賠償金を“詐取”』
 東京電力から福島第一原発事故の賠償金をだまし取ったとしてNPO法人の元幹部が逮捕された事件で、賠償金の請求方法を指南したとして東京電力の社員の男が書類送検されました。
 東京電力の40代の社員の男は2011年、NPO法人の男らと共謀し、東京電力から福島第一原発事故の賠償金千数百万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、社員の男は賠償金の請求に必要な書類の作成方法を指南した謝礼として現金約400万円を受け取ったとみられています。社員の男は現金を受け取ったことは認めているものの、「不正請求をしている認識はなかった」などと容疑を否認しているということです。


* なんとも情けない社員が社内にいたものですね。マッチポンプですか、あきれたものですねー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高浜原発4号機水漏れ。

2016年02月21日 14時45分30秒 | 原発事故



【今日の写真】 
 今日の写真は、まだ風の冷たい庭で先ほど撮影してきた「ヤマシャクヤク」の新芽です。開花が期待できる大きさの芽が立ち上がっていました。それも2本です。
開花まで楽しみです。


【私的な出来事と体調】
 今日は、午前中は雲が多く、鬱陶しい一日になるのかなーと予想していたのが、午後からは見事に晴れあがりました。気温はまだまだ低いですが、時折春らしいそよかな風も混じってくるようになりました。そうなると、また雑草との戦いが始まります。
今日の体重は76.7g(+100g)、体脂肪率25.5(+0.8P)です。


【原発再稼働】日本テレビ系(NNN) 2月21日(日)14時15分配信
 『高浜原発4号機水漏れ 再稼働遅れる見通し』
 福井県の高浜原発4号機で放射性物質を含む水が建屋内に漏れたトラブルを受け、関西電力は、21日に予定していた起動試験を先送りした。今月下旬の再稼働は遅れる見通し。
 関西電力によると、20日午後3時40分すぎ、高浜原発4号機の原子炉補助建屋の床などに、放射性物質を含む水約34リットルが漏れたという。環境への影響はないものの、原子力規制庁の検査官が21日朝から現場に入り、関西電力から話を聞くなど原因を詳しく調べている。
 このため関西電力は、21日に予定していた原子炉の温度や圧力を徐々に上げていく起動試験を22日以降に延期した。今後のスケジュールに影響が出る恐れもあるとしていて、今月下旬の再稼働は遅れる見通し。


* 怖いですね。原発再稼働がいかに無駄な経費漏出かということが改めて思い知ることになるでしょう。今日の新聞によると、原発の出力よりも風力発電の出力が上回ったという記事をみました。これでいよいよ原発という経費を食らう「化け物」の存在が明白になってきたとおもうのですがねー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東電元社長ら「起訴」

2015年07月31日 16時04分19秒 | 原発事故


【今日の写真】 
 今日の写真は、終焉を迎えた「アジサイ」です。
永く楽しませてくれた花たちもやがて切り取られて、来年の花たちへと舞台を譲っていきます。
終盤には終盤の美しさがあります。「ドライフラワー」にでもしたいようです。


【私的な出来事と体調】
 今日も、また、猛暑になりました。この夏一番の「暑さ」のようです、いつものPC 前の温度計は、33.2度に成っています。
今日は「診療所」でのお薬を貰いに行きました。行き来の道路には色とりどりの「花」が咲き競っていました。
今、空には「積乱雲」が4本くらい立ち上がっています。
マイコンディションは体重が76.1kg{(+100g)、体脂肪率22.1(+0.4P)です。


【東電元幹部に起訴相当】フジテレビ系(FNN) 7月31日(金)15時23分配信
 『東電の元会長ら旧経営陣3人を起訴すべきと議決 強制起訴へ』
福島第1原発の事故をめぐり、東京電力の元会長ら旧経営陣3人について、検察審査会は31日、起訴すべきと議決した。3人は強制起訴されることになる。
東京電力の勝俣恒久元会長、武藤 栄元副社長、武黒一郎元副社長の3人は、福島第1原発の津波対策を怠ったため事故を防げず、周辺住民らを被ばくさせたなどとして、業務上過失致死傷の疑いで告訴・告発されていた。
東京地検は、「東日本大震災規模の津波は予測できず、事故は回避できなかった」などとして、2度不起訴処分としたが、検察審査会が2度にわたり「起訴すべき」と議決したことで、勝俣元会長らは今後、強制的に起訴され、刑事裁判の場で、罪を問われることになる。


* これほどまでの「原発被災」を出しながら「不起訴」と言うことでは、被害に遭われた方々の遺恨は、救われないでしょう。「原発は安く付く・安定供給に必要」と業界は 今でも言い続けている。
そんな訳はありません。こんなに高くつく「原発」の実態を直視して、ただちに原発の再稼働を停止させねばなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発地下水を海へ放流。

2014年05月21日 15時12分38秒 | 原発事故



【今日の写真】 
今日の写真は、「ライラック」に水滴がついていたのをパチリしました。少し加工を加えています。写した時には気が付かなかったのですが、取り込みしてみて、発見しました。


【身辺の話】
今日は、サプライズでした。疎遠になっていた私の長姉が高松から来ていて、その娘と同伴で「久万高原」に来てくれたのです。ちょっとした、気持ちの行き違いで気まずい関係でしたが、「天空の郷さんさん」から電話をしてくれて、迎いに行き我が家に案内しました。姉は85歳ということですが、なかなか元気でしっかりしていました。これを機会に、また、ファミリーが団欒できることを望んでいます。お小遣いまでも頂戴しました。
 本日のマイコンディションは、体重が75..7キロ(+100g)、体脂肪率24.4P(±0)でした。


【原発関連】TBS系(JNN) 5月21日(水)12時54分配信
『福島第一原発 「地下水バイパス」海に初放出』
 福島第一原発で地下水をくみ上げ、汚染される前に海に流す作業が、21日、始まりました。
 福島第一原発では、午前10時25分からくみ上げた地下水を配管を通して海へ流す作業を始めました。この地下水バイパス計画では、汚染水を減らすために原子炉建屋に流れ込む前の地下水を井戸でくみ上げて海へ流します。一日におよそ400トンずつ増え続けている福島第一原発の汚染水のうち、最大で100トンを減らす計画です。
 初日の21日は、事前の検査で放射性物質の濃度が自主基準を下回った560トンをおよそ3時間かけて海へ流しました。
 21日は、第一原発から南に50キロのいわき市の港に千葉県沖で獲れたカツオが初水揚げされましたが、関係者は地下水の放出を複雑な気持ちで見守っています。


* 流出水については事前に検査をしてはいるものの、公海への放出は、「風評被害」の元となることは容易に想像がつく、それと最も大切なのは、その実効性でしょう。「今までと変化なし」では、なにしているのやら・・・ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高濃度汚染水漏えいは故意か?

2014年04月15日 15時27分41秒 | 原発事故



【今日の写真】 
今日の写真は、先日、「診療所」を訪ねての帰り道の「八重桜」です。毎年この時期は、道路の両側から見守ってくれる「八重桜」または「牡丹桜」です。淡い桃色が何とも言えない雰囲気を出して迎えてくれます。


【私的な出来事と体調】
今日も、朝には霜が降りて白く叢が光ってみえました。「灯油」を買いに明神へ行き給油している間に「いってんもん」さんにお声をかけてきました。ご夫妻がおられて今日のところはご挨拶だけでした。帰ってきて「洗車」をしました。何しろ長期に洗車はしていなかったので、花粉が積もってがさがさとした手触りだったのです。一応水洗いだけです。
本日のマイコンディションは、体重が75.8キロ(±0)、体脂肪率24.9P(+0.3P)でした。75キロ台に戻りました。



【原発事故】フジテレビ系(FNN) 4月15日(火)13時20分配信
『福島第1原発汚染水誤移送 故意に流入させた可能性含め原因調査』
福島第1原発で、高濃度の汚染水が本来は流れ込むはずのない建屋に流入した問題で、東京電力は、人為的なミスのほかに、作業員が故意に流入させた可能性も含めて、原因を調べている。
福島第1原発では、1日400トンの汚染水が原子炉建屋などに流入しているため、建屋から汚染水の浄化装置に移送する作業が行われている。
しかし、今回のトラブルでは、本来の移送先ではない建屋に、203トンの汚染水が流れ込んでいた。
東京電力によると、汚染水が流れ込む過程で、4台のポンプが同時に動いていて、現場の建屋には、通常、作業員は出入りしていないという。
東京電力は、不審な点が多いことから、人為的なミスのほかに、作業員が故意にポンプを動かした可能性も含めて、原因を調査している。
また、準備が整い次第、15日中にも、建屋から汚染水を移送する方針。


* 昨日の話題ですが、何ともお粗末としか言いようがありませんね。「人為的ミス」かと思ったら「故意」にと言うこともあるというのですね。こんなことでは、前から言われている「作業員教育」が全く働いていないということですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高濃度汚染水漏えい

2014年04月14日 14時38分25秒 | 原発事故



【今日の写真】 
今日の写真は、一昨日、お訪ねした久万高原の明神の「尾形家」の見事な「紅枝垂れ桜」です。御当主は81歳でお元気で畑仕事をされていました。奥様も和歌でもたしなみそうな教養あふれる印象でした。国道33号線からよく見えるのでもう数年前から毎年楽しみに拝見させていただいています。
樹齢は60年くらいでしょうが、まだまだ成長していく土地が広がっていました。


【私的な出来事と体調】
今日は、朝からいいお天気になりましたが、まだ寒さはしっかり残っています。いい花見日和です。
本日のマイコンディションは、体重が75.8キロ(-0.2)、体脂肪率24.6P(+0.5P)でした。75キロ台に戻りました。


【原発事故】テレビ朝日系(ANN) 4月14日(月)11時46分配信
『福島第一原発で高濃度汚染水漏えい 別の場所に203t』
 福島第一原発で、汚染水が誤った場所に漏れ出していたことが分かりました。原子炉建屋から出た汚染水は、放射性物質を取り除く装置のある建物に送られます。ここから通常動かないはずのポンプが作動し、非常に高い濃度の汚染水が全く別の建物に送られていました。東京電力は3日前に異変に気付いていましたが、対応していなかったということです。

 東京電力によりますと、漏れたのは原子炉の溶けた燃料を冷やした後に排出される非常に高濃度の汚染水で、1リットルあたり放射性セシウムが約3700万ベクレル含まれています。この汚染水は、通常はセシウムを取り除く装置に送られますが、普段は使わないポンプが作動し、装置に送られず、別の場所に送られていました。現場では3日前に異常に気付いていたものの、ポンプを止めなかったため、漏れた量は約203tに上りました。東京電力は、誰かがポンプのスイッチを入れた可能性もあるとしています。.


* またですか、今回も人為的ミスそのもののようですね。3日前に気が付いてそのまま放置するとは、だれが考えても納得はできませんね。そこまで「気が弛んでいる」のでしょうか。もっとさらに大きなショッキングなアクシデントが起こる予感がしますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島原発の汚染水の大量流出

2014年02月20日 15時46分37秒 | 原発事故

【今日の写真】 
この写真は、一昨日の雪の後、役場の人達が現地視察です。車が通れません。しな垂れた竹がトンネル状態です。町が30年も前に宅地造成して分譲したのですが、「値上がりの思惑買い」した地主の方は、ほとんど現地を点検していないので、竹は伸び放題でこのありさまです。我が家にも垂れ下がった竹が侵入してきます。


【私的な出来事と体調】
今日は、まだまだ雪が残っています。また、積もっている雪が融け始めあたりはどべどべの泥田のような状態です。気温は上がったのかどうか、風は冷たいです。ソチ五輪、「金確実」と言われる選手が次々と競技にミスが出て可哀そうなくらいに打ちひしがれる姿は観ていても実に気の毒な気がします。やれ「金」だ、それ金間違いないなどという声の重圧に参ってしまうようです。
本日のマイコンディションは、体重が76.0キロ(-0.3)、体脂肪率24.4P(-0.5P)でした。


【どうなってんの】テレビ朝日系(ANN) 2月20日(木)11時50分配信
『新たに高濃度汚染水漏れ 作業ミスか 福島第一原発』
 福島第一原発で、タンクから新たに高濃度の汚染水約100トンが漏れていたことが分かりました。

 東京電力によりますと、19日午後11時半ごろ、福島第一原発で、パトロール中の作業員が汚染水タンクの上部にある天板のつなぎ目部分から水が漏れているのを発見しました。約100トンの汚染水がタンクの外に漏れ、ストロンチウムなどの放射性物質が1リットルあたり2億3000万ベクレル含まれていました。東京電力は、近くに排水路が無いことから、海には流出していないとしています。普段閉まっているタンクへの配管の弁が開いていたことから、作業員のミスも考えられるということです。


* 「福島第一原発」は収束するどころか、さらに拡散させているようです。こんな話題を聞くにつけ「福島原発はコントロール下にある」とうそぶいた「安倍総理」の東京五輪誘致のスピーチを思い出す。放射性物質のレベル単位も国民には、麻痺してしまう状況ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ原子力規制委員会委員長の判断。

2014年02月01日 15時15分02秒 | 原発事故


【今日の写真】 
この写真は、庭で花芽が立ち上がってきた「水仙」です。今日もポカポカと暖かです。とは言っても平地の松山などとは比べ物にならない寒気ですがね。やっと庭に「小さい春」を見つけた感慨です。「紅梅」や「沈丁花」も少しではありますが、花芽が動き始めたようです。今日から「如月・二月」です。


【私的な出来事と体調】
今日も、朝から上天気です。気温も上昇しています。家内は、布団干しや洗濯に懸命です。まだ春は先ですが、山の霞み具合は、「花粉飛散時の空」になりつつあります。野菜などの食良品を買い出しに出かけました。全重量は20~30キロでしょうか、これが我々の胃に入ると思うと驚きです。
本日のマイコンディションは、体重が75.4キロ(-0.7)、体脂肪率24.8P(+0.5P)でした。まだ75キロ台に戻りました。


【NRC委員長の福島第一原発】テレビ朝日系(ANN) 1月31日(金)10時8分配信
『NRC委員長 福島第一原発の現状は「非常に難しい」』
 NRC=アメリカ原子力規制委員会のマクファーレン委員長は、議会の公聴会で日本の福島第一原発の現状について、非常に難しく、今までに経験したことが無い状況だと証言しました。
 NRC・マクファーレン委員長:「(日本では)一生懸命やっているが、非常に難しい状況だ。今までに経験したことの無いことを状況に応じ、対応している」
 マクファーレン委員長は、上院の環境・公共事業委員会に出席し、福島第一原発について、「放射能漏れや汚染水問題を最小限に抑えるよう努力している」と分析し、日本政府からは定期的に報告を受けていると述べました。また、別のNRC委員は、「日本国民の政府や原子力規制当局への懐疑的な思いがいまだに強い」と指摘しました。NRCは福島の教訓を生かして、アメリカ国内の原発の安全性見直しを進めています。


* そうでしょう。「チェルノブイリ原発事故、ほどひどくない」なんてことが当初流布され、「そうかそれなら安心だ」と思わせ油断させたのが東電と日本の原電などだと思うが、とんでもない事態が海外の研究機関が現状を憂いて、次第に「事の重大性」に注目している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機能しない「ALPS」。

2013年10月04日 16時19分43秒 | 原発事故


【今日の写真】 
今日の写真は、近所周辺の叢の際に一面に咲いている「イヌタデ」です。あまり変化がなくて申し訳ありません。山道への散歩がしばらく休止している関係です。またそのうち、散歩に出かけてみます。



【私的な出来事と体調】
今日も、朝からすっきりと「秋晴れ」でした。庭に出て、土手の草刈りと、楓の剪定をしていて更新が遅くなりました。薄い雲が空一面に広がっています。
 「冬支度」をしている所為で、少し汗をかいてあついのですが、「扇風機はいません。
 本日のコンディションは、体重が75.3キロ(-0.1)、体脂肪率23.8P(+0.3P)で、なんとかキープです。



【現場責任者はどうなっているの】TBS系(JNN) 10月4日(金)12時19分配信
『汚染水処理装置ALPS、また止まる』
 汚染水対策として試験運転中の福島第一原発の浄化設備「ALPS」が、また運転を停止しました。

 東京電力によりますと、4日午前7時前、システムにトラブルが生じたという警報が鳴ったということです。「ALPS」は先月27日、およそ1か月半ぶりに試験運転を再開しましたが、タンク内にゴムのパッドを置き忘れる作業ミスからその日のうちに運転を停止、先月30日に運転再開をしたばかりでした。


*よくもよくも、これほどまでにトラブルが続く企業は、社会的には欠陥会社と断定されるでしょう。責任ある立場の正規社員がどうして現場監督していないのでしょうかね。もし現場責任者がいるのならば、こんな幼稚なミスは起こらないはずですがね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加