「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

喫茶さすらい 053 - アートと小鳥が集う喫茶店 - 「喫茶 モト」(港区芝大門)

2017-04-05 23:50:00 | 喫茶さすらい

芝明神の近く、商店街の通りに草木に覆われた建物がある。ちょっと廃墟のような建屋。店の看板に「喫茶 モト」とあり、そこが喫茶店であることが分かる。問題はその店が営業しているかどうか。いや、喩え営業しているとしても、入りにくい。

昔から、この店はあった。

ボクが浜松町で働き始めた21年前から、すでに店はあったように思う。但し、興味のない人には、この店は目に入らないだろう。草木に包まれた、廃屋としか映らないだろうから。

 

ある日、ボクは店に入ってみることにした。入口の扉も壊れかかっており、扉はやや半開き。恐る恐る扉をひいてみて、中を覗くと、そこは本が平積みされ、様々なアートが所狭しと置かれている。テーブルは、その隙間に、かろうじて置かれているに過ぎない。それらが、整然と並べられていたら、美しくあるのだろうが、そこはとにかくカオスだった。悪く言えば、ゴミ屋敷と言っても、あながち間違いでもないだろう。

 

ボクは、2人掛け用のテーブルに腰掛けた。

すると、店主とおぼしき、年配のマスターが出て来ておしぼりとお冷やをテーブルに置いた。

意外なマスターだった。もっと、いかつい頑固おやじが出てくるものとばかり思っていたが、優しそうなお父さんが現れたからだ。

ボクは、「ブレンドコーヒー」に「ミックスサンド」を頼んだ。

 

ボクの座っているとこは、分厚い美術書がたくさん平積みになっており、ちょっと触るだけで、本が倒れてくるのではないかと心配になる圧迫感があった。しかも、そのいずれもほこりっぽかったし、本のすき間から虫が出てきそうな嫌な予感もした。

 

ふと、窓の方を眺めてみた。

窓の外は、草木で覆われており、窓外の様子は分からない。ただ、木漏れ日がキラキラと光っており、美しい。そこにひっきりなしに鳥が飛んでくる。しかも1羽や2羽ではない。どうやら巣があるようだ。しかし、鳥のさえずりは、きいていて悪い気はしない。むしろ、最高のBGMである。なんとも、ここは鳥たちにとって、都会のオアシスのような場所なのかもしれない。


やがて、「ミックスサンド」が運ばれてきた。ずんぐりとした、おやじさんがこしらえたとは思えない、繊細なそれだった。

ひとつつまんで、頬張ってみる。

「うまい」。

ずいぶん、手慣れた「ミックスサンド」である。

 

はじめは落ち着かなかった雰囲気も、鳥のさえずりで、すっかりリラックスできた。所狭しと置かれた美術作品を見ていると、店そのものがアートに見えるから不思議だ。

 

道行く人を隔てる草木。そのグリーンカーテンのこっちがわは、想像もできない混沌が広がっていた。アートはカオスである。その世界観は、作ったものではなく、自然に堆積してできた美術館なのだった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居酒屋さすらい 1151 - 仮店... | トップ | 【今朝の味噌汁】 20170403-2... »

コメントを投稿

喫茶さすらい」カテゴリの最新記事