「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1170 - カフェのような立ち飲みバーは黄緑づくし - 「キミドリ」(渋谷区渋谷)

2017-05-20 06:41:36 | 居酒屋さすらい ◆立ち飲み屋

10代の頃、憧れだった街は、今はもうただの歩きにくい街でしかない。人の波に埋もれ、行き先とは違う方向に流されるコンクリートの川は、ただただ疲弊するだけだ。

渋谷に来るには、ちょっとした覚悟がいる。

タフな気持ちがなければ、あっという間にエネルギーが吸われてしまうのだ。

 

どこから、攻めようか。

ビッグシティ渋谷の立ち飲みラリー。

 

前回は、たまたま知っていた「根室食堂」で渋谷の第一歩を飾った。だが、渋谷は広い。どこをどう歩くか。まるで、雲を掴むような感覚だ。

東口から行ってみようか。ふと、そんな考えが浮かんだ。渋谷駅を降りて、コンコースを歩く。すると、道は急にややこしくなった。工事中のようなのだ。

そうか。確か、渋谷駅は、巨大な駅ビルを建設中だったか。

ボクは薄暗い、臨時の通路を歩き、東口に出た。

 

映画館の裏側にある居酒屋ばかりの一角に行ってみよう。立ち飲みの一軒くらいはあるだろう。そうやって、歩いてみたが、立ち飲みは見つからなかった。仕方ない。ここは、ネットの力を借りよう。立ち飲みラリーは、これまで、ネットを使わずに、巡ってきた。それでも、しっかり立ち飲み屋を見つけてきた。だが、渋谷はそうはいかない。不本意だが、ネットで検索しよう。

 

すると、自分がいる場所から、数分の距離に、「キミドリ」という名の立ち飲みがあることが分かった。

 

Googleマップを頼りに、店を見つけた。表通りから一本入った路地。この店は多分、見つけられなかったと思う。

「キミドリ」という店名もそうだが、店の外観も不思議だった。変わった模様のテキスタイルの建物、観音開きの扉は開け放たれ、ビニールの扉。正方形のこじんまりとした電灯の看板がカッコいい。

 

その、ビニールの扉をくぐり、店に入った。店内も、またシャレオツだった。不規則なV字カウンターに女性2人が切り盛りする。数人の客が既に立って飲んでいるが、そのうち、2人は、若い女性の一人客だった。

 

いずれも皆、顔見知りの様子。カウンターを挟み、客同士のおしゃべりが飛び交う。

 

メニューを見ると、「ハートランド」の生があるようだ。しかも19時までは、ハッピーアワーで300円。

よし、これに決めた。

 

メニューのブックはまるで絵本。手作りでかわいい。壁に飾られた黒板には、おすすめのメニューが板書されているが、これもかなり凝った書き方をしている。

立ち飲みバーという触れ込みだが、トライしている方向性はカフェに近い感覚だ。

 

やがて、ハートランドがお通しとともに運ばれてきた。ハートランドはタンブラー、お通しは、ひょうたんの漬けもののようだ。ひょうたんといっても一口に食べられる小さなもので、歯ごたえがいい。

 

おつまみも豊富にある。

黒板に書かれた文字を追って、ボクが選んだのが、「アボカドのたたき」(480円)。特製ソースで食べる、要するに刺身なのだが、これがうまかった。実は我が家では、アボカドのアレルギーを持つ人がいて、アボカドが食卓に出ない。ボクはアボカドが好きだから、こういう機会がないと食べられないのだ。

 

しばらくして、サラリーマンの男性が入ってくると、その場は更に盛り上がった。どうやら、常連中の常連らしい。だが、その男性のおかげで、ボクも話しの輪に加えてもらった。

この店の特徴は、この家感覚の雰囲気なのだろう。店員さんが、お母さんだし、若い女性客は娘。もちろん、若い男性も何人かいて、話しの輪が広がる。そして、父や役の男性が、更に場を牽引する。まさに社会の縮図。だけど、そんな雰囲気を作れる店はそうそうにない。ある意味、ボクは羨ましいと思った。

 

そうそう、ボクが食べた、ひょうたんもアボカドも、黄緑だった。あっ、ハートランドは生を飲んだけど、そのボトルは緑色である。多分、偶然ではない。意識して、素材をチョイスしてるのだと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今朝の味噌汁】 20170515-2... | トップ | 【今日のコーヒー&パン】 20... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL