「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1204 - インバウンド対策 - 「食彩 わいわい村」(台東区谷中)

2017-08-05 16:54:28 | 居酒屋さすらい ◆東京都内

ひょんなことから、Y澤さんと一緒に働くことになった。このブログでも時々登場する、兄貴である。

ボクの部署にはボクしかおらず、業務が拡大したため、人材を募集していたが、それを聞きつけたY澤さんが応募してきたというわけ。これでもうほぼ決まり。ただ、プロセスとして面接を実施しなければならず、今回日暮里まで出てきていただき、居酒屋にて面接を実施した。その居酒屋というのが、夕焼けだんだんの下にある、「わいわい村」だった。

この店も事前に知っていたのではなく、Y澤さんと初音小路を抜けて、とりあえずどこでもいいやというノリで発見した店。

しかし、夕方の谷中は大変賑やかである。

 

店に入ると客はボクらだけ。壁のメニューを見て、ちょっと驚いた。全てのメニューに、ローマ字がふってある。さすが、谷中。インバウンド客に向けた店作りに余念がない。

 

居酒屋はインバウンドにどうあるべきか。多分、観光地にある居酒屋は、ここ数年、この問題に直面してきた。過日、拙ブログにコメントを寄せた、怪鳥の情報によると、浅草のホッピー通りに外国人観光客が詰めかけているという。彼らは、あまり酒を飲まないから、インバウンド効果に乏しく、むしろ弊害であるようだ。

通勤路として、毎日通りすぎる「ビアバール 丸丸」。道すがら外国人観光客の姿は多く、かつて、入口のドアには、「We can't speak English」と貼り紙がされていたが、近ごろ、外国人観光客が、店頭でビールを飲んでいる姿が目につく。方針を展開したのだろうか。

 

居酒屋業界として、実は外国人観光客は、招かれざる客なのだろうというのが、ボクの感想である。だが、「わいわい村」は違った。積極的なのである。

 

ボクらは、まず、快活な日本語で生ビール(400円)を頼んだ。まずは、自分らが日本人であることをアピール。つまみは1枚150円という「ハムカツ」と「煮込み」(300円)をオーダーした。

 

店の業態が、いまいち判然としない。ボクらは、居酒屋と思って入ったのだが、どうも雰囲気が定食屋。けれど、メニューは、居酒屋メニューばかり。オープンの時間が11時半からで、これは当然観光客に照準を合わせたのだろう。ただ、食事だけの客にも使ってもらいたいという全方位の考えかならば、中途半端感が漂う。食事と酒。日本人と外国人観光客。もっといえば、ジモティと観光客。この全方位は相容れない。


二杯目を「チューハイ」にして、オーダーしたところ、例によって、Y澤さんは、独特な調子で「ふたぁ~つ」と続いた。

 

果たしてこの店、外国人観光客に受け入れられるか。ボクは、日本人に対しても、外国人に向けても、どっち付かずの中途半端感が気になるのだが。

 

Googleの情報によると、どうやら閉店したらしい。ただ、食べログ情報では、まだ営業中。でも、確かに行こうとは思わない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今日のコーヒー&パン】 20... | トップ | 【今朝の味噌汁】 20170731-2... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ん? 投稿したが、反映されないので、再度。ダブり御免 (Y澤)
2017-08-09 02:33:47
健脚のころ、谷中周辺はかなりあるいたが、このたび夜は初めて。
初音小路を通るのは初めてのこと。幼い頃の風景を見たような気がしました。

飲んだお店、悪くはなかったけれど、尻が妙に落ち着かなかったですね。
でも、無事面接終了で、良かったということで(笑)
Unknown (熊猫)
2017-08-09 07:54:41
コメントをお寄せいただき、ありがとうございました。

健脚の頃って、まだまだですよ。
涼しくなったら、また谷中を歩きましょう。いえ、谷中だけでなく、いろいろお付き合いくださいませ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL