「BBB」

BASEBALL馬鹿 BLOG

居酒屋さすらい 1207 - 本当に囲炉裏があったらすごいのに - 「炉端バル さま田」(千代田区神田佐久間町)

2017-08-14 04:05:54 | 居酒屋さすらい ◆東京都内

しかし、炉端バルって。

ボクとA藤君は、店の看板を見て驚愕した。

「炉端バルって何?」

店頭で、客引きしている女性店員に、ボクらは何度も尋ねた。女性店員は、ボクらの質問には答えずに、半ば強引に店に入れようとする。仕方ない。

ボクらは、その心意気に負けて、店に入った。

何年か前に、道東の「かじか」という店で、炉端料理で一杯やったことがある。カウンターの向こう側に、大きな炉をくべて、豪快に魚を焼いていた。あの体験は東京の酒場ではできないものだった。

もしかすると、それに近いものが、この炉端バルにあるのかと思って、店に入ってみたが、炉端とおぼしきものは、はるか向こうの厨房にあるようだ。

 

炉端って、読んで字の如く、囲炉裏の端っこに陣取り、楽しむものじゃないのかしら。それを期待して店に入る人は、ボクらだけじゃないかも。

 

更に、ボクらはメニューを見て、愕然とした。

「さま田のポテサラ」が580円。

高いよ。

確かに、メニューの説明には、「グリルベーコンにスクランブルエッグ」などと、書かれてあり、他と違うポテトサラダであることは分かるのだが、ボクらは、それを求めてない。ノーマルな普通のポテサラが安価に食べられればいいのだ。

 

「さま田のハムカツ」が1枚400円。

高いよ。名物という牛タンハムを使用したハムカツらしい。確かに、牛タンのハムは聞いたことがない。興味を注がれるが、この値段は尋常じゃない。

 

素材にこだわり、料理に創意工夫を採り入れていることは分かる。でも、これでは安心して飲めないんだ。いちいち、値段を確認しないと、あれこれ気軽に頼めない。

 

「もつ煮」、680円。

どうやら、ハチノスが中心に煮込まれているようだが、やはりこの値段に、ボクらは意気消沈。メニューには、バゲットを浸けて食べるよう指南されているが、2枚150円というバゲットを更にオーダーする気にはならない。

 

ただし、生ホッピーが飲めることは、この店の大きな収穫だった。秋葉原界隈で生ホッピーが飲めるのは、「アキバのとり善」くらいで、そうやすやすと飲める代物じゃない。

ボクは「生ホッピー」(450円)、 A藤君は、生ビールを頼んだ。 

 

つまみは、「生ハム」、そして、問題の「ハムカツ」。

 くだんのハムカツは、粗挽きマスタードか特性タレを浸けて食べるらしい。素材だけでなく、食べ方にも一家言がついてきた。食べてみると、なるほどおいしい。揚がり具合は、まさに絶妙だ。それでも400円はちょっと。

試しに頼んではみるものの、リピートはしない。

 

結局、一杯だけで店を出た。これが我々の答え。ある程度お金を出せば、うまいものは食べられる。けれど、それを毎回はできない。

やっぱり、お金を気にせず、安心して飲みたいから

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【今日のコーヒー&パン】201... | トップ | kuma-chang レシピ 「 ガパオ... »

コメントを投稿

居酒屋さすらい ◆東京都内」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL